つぶ子のハードモードブログ~脳脊髄液減少症、バセドウ病、うつ病、毒親・毒家族のカルテット~

つぶ子「わたしたぶん前前前世で太宰治あたりと心中しようとしたから現世でこんなに業が深いんだと思うの…🐜」

副腎不全悪化したぽよ。

2017-07-11 18:48:00 | 副腎不全



ぽよぽよ。



いや、笑えないんですけど。
笑うしかないというか。
ふざけるしかないというか。



別に命にかかわるものではないので
ステロイドを服薬する量が倍になるだけです。
体毛がふさふさになるだけです、はい。



ほっといたら死ぬらしいけど、治療してるし。
オランウータンからゴリラになるだけさ!



でも実際、
頭痛、吐き気、腹痛、微熱高熱繰り返し、体中の痛み、激しい倦怠感、睡眠障害の悪化etc...
かなり酷いです。



バイトもお休みをいただいてゆっくりしているのに、
とうとう起き上がれなくなりはじめてこれあかんやつだと思い、



今日慌てて大学病院に飛び込みで行って来ました。



数値や症状と照らし合わせて
明らかに副腎不全の悪化ですね。
とりあえずホルモンのお薬増やしましょうね、と。



主治医の先生は忙しく、代わりの方が診てくださいましたが、



「原因とか言われてますか?カルテに記載なくてね~、まあわからないことがほとんどなんだけど…」



言われてない…(^ω^)



「まあ、副腎不全は一生付き合っていく感じだからねえ」



1年と少しで治ると言われた…(^ω^)



「…まあ治る人もいるし、治って再発の人もいるし、先天性や手術でどこかとって一生付き合う人もいるし、ケースバイケースだから!」



聞いてない…(^ω^)



どれだけよい先生でも
大学病院だと大きすぎて流れ作業になっちゃうから
聞いてねえよ!?
ってこと多々ありますね。
副腎不全に限らずね。



じゃあ中規模小規模行けばええやん!
って言われても
副腎不全を診れる先生が少ないんだこれが…!



まだ副腎不全が診断される前、
通っていた心療内科でコルチゾールが低いことだけはわかり、
副腎疲労症候群ということになりました。



しかし、サプリメントと栄養のある食事で治そう!なナチュラル思考だったんですよね。



海外から輸入したたっかいサプリメント飲みまくっていたが



効いてない気がするけど言えない…。
状態でした。



で、大学病院の内分泌科で検査入院したら原因は視床下部だったわけで、
数値がサプリメントでどうにかレベルじゃなかったわけで、
ステロイドのホルモン剤を服薬するに至った感じです。



もう、
この専門医の少なさ、
誤診されてドクターショッピング、
人から見て怠けているようにしか見えない症状、
長期戦の闘病…。



脳脊髄液減少症と似すぎぃ。
てか症状似てるからどっちから来てるかわからない!



つらめだ!
せめてどっちかポイさせてくれ!



本当ならバイト帰りに事故に遭って辞めた以来の長期バイト、
1発合格おめでとう!
大学生でも正社員でもないけど、
きっと今はこれがベストだよ!
社会復帰おめでとう!



なはずなのに初っぱなからシフトに穴空けてるからな)^o^(
社員さん優しいけど罪悪感で潰されそうになる)^o^(



前にも書いたけど
最近どこいっても、
「つぶ子は人生ハードモード過ぎるよ…。自分たちそんなやばい人(主に毒親)ややばい目に遭ったことないよ…(交通事故や難病など)お祓いいきなよ!」
と言われまして



そういえばここまで重なりに重なっている人の話はあまり聞かないな~。
いや、自分が1番つらいとは思ったことないけども…。
でも逆の意味で自覚なさすぎて我慢して我慢して倒れてるよね!?



と気づいたので
とりあえずのぐだぐだ社会復帰おめでとう☆
初任給で自分へのご褒美だぞ☆
のなけなしの初任給(休みすぎて話にならない)は真面目に厄払いに消えそう~☆☆☆



どこの神社が1番厄払いと健康にきくのかなあ…。
あはは…。



しゃーねーから音楽聴きまくって気分あげとるよ。
大森靖子最高だな~。
ライブ行きたいって何年も言ってる~。
サカナクションもくるりもよかよか。
癒されるよ~。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の気圧・気候変動きつす... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。