語り得ぬ世界

現実逃避の発展場 Second Impact
from 2014, The First Departure:2005

ボブじゃねーよ_01

2017-05-25 05:49:43 | ブログ
昨夜は珍ブログの兄ブログでもある、六二郎さまブログ開設3周年の祝宴@福島『森ん蔵』でした。六二郎さまブログとネタがかぶりそうですけども、珍目線でのその風景を切り取ってみましたので、珍とともに六二郎さまブログ開設3周年を言祝いでいただけますと幸いです。



美味しい料理と、その料理に合う日本酒。こちらはすっぽんの茶碗蒸し。たっぷりと入ったすっぽんのお得感も満開。ぷるっぷる。



ホタルイカのなめろうです。見た目はグロいですけど(苦笑)日本酒との相性も最高級の酒肴でした。
宴は料理に合うようチョイスされた日本酒とともに進んでいきます。
(つづく)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

文明開化はいずこへ?

2017-05-24 07:08:40 | ブログ
この記事はスマホで書いていますが、やはり長文は書きにくい。うーん…職場PCで書けなくなったのはかなり痛いです。

ここんとこの平日は出勤前に自宅PCで書いていましたが、そのため起床時間を15分早めて午前3時台に起きていました。続けていると、さすがにボディブローが効いてきますな。眠い…。

こうなったら月曜日に職場へモバイルPCを持ってきてブログ更新、金曜日には持って帰るという方式にしようかと真剣に考えています。

世の中ちっとも便利になってへんやん!

最後にオマケ画像。13日夜に京都タワーで出会った舞妓はん。。。



頭が当たってる。窮屈そう。顔が怒ってる。

こえーよ(´;ω;`)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花の命は短くて~花町家(番外篇02)

2017-05-23 04:58:07 | グルメ
H方T-SITEの地下には伊丹市発祥の『北野エース』というけったいなもんをたくさん売っているスーパーマーケットがあります。ここでは「ドレッシングのタワー」という180種類のドレッシングを塔のように積み上げた売場があったりしますが、何と言っても目玉は「カレーの壁」でしょう。もともとは「カレーの本棚」というコンセプトで始まった、全国から選りすぐりのレトルトカレーを本棚の本のように集めた売場なのですが、それが高じて現在280種類ものレトルトカレーが壁一面に集められています。ちょうどカレーの壁で店員さんが店出しされていたのでさすがに撮れなかったのですが、ネットでの店舗公式画像がこちら。



その景色はまさに圧巻。左がドレッシングのタワー、右がカレーの壁です。一番上のカレーはどうやって取るの?と思いますけど、まさにインスタ映えする景色。

カレー好き、レトルトカレー好きの珍としては見過ごせませんので、いろいろ悩みながら6種類のレトルトカレーを買ってきました。それらがこちら。



まずはオーソドックスに金沢カレーの定番「ゴーゴーカレー(2袋入り)」税込831円也。河原町三条の『ゴーゴーカレー』が閉店したので懐かしくて買ってしまいました。



富良野産のトマトがそそられる、オーガニックなイメージの「ふらの産トマトのチキンカレー」税込378円也。



どれだけ美味しいんやろうと期待も膨らむ「鳥肌の立つカレー キーマカレー」税込442円也。



これがカレーといえるのかどうかビミョーです。名古屋メシの台湾ラーメン由来と思われる、めっちゃ辛そうな「台湾カレーミンチ」税込248円也。麺類にかけてもいいかも。



出ました!マニアックカレー。海上自衛隊岩国航空基地の売店で売っているのでしょうか。「岩国海軍飛行艇カレー」税込594円也。



マニアックもここに極まりました。藤あや子の「彩カレー」税込540円也。もはや何にこだわっているのか自分でもわからなくなってきました(笑)



その他「PREMIUM枚方ビールカレー」税込@1,080円なんてのもあり(同店売り上げ第2位)ちょっと迷いましたが、小市民の珍は千円超えのレトルトカレーにさすがにちょっとビビりましたので次回に取っておきます。ちなみに同店売り上げ1位は「枚方ビールカレー」税込@590円だそうです。要するにPREMIUMじゃないバージョンですね。頂点をめざす珍は妥協したくないので今回はパス。まずはPREMIUMですな。
これらの食レポはまたあらためて。
(おわり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花の命は短くて~花町家(番外篇01)

2017-05-22 05:32:33 | グルメ
H方公園駅からH方市駅へ移動したのは、前日のゴルフコンペの写真をプリントするためでした。T-SITEにキタムラがあります。前夜写真のチョイスとトリミングは済ませてあったのでプリント操作だけだったのですが、これがけっこう面倒くさい…。
それでも終わって手続きを済ませると、プリント完了まで25分ほどかかるとのことで、その間遅めのランチへ。T-SITEのすぐ近くにアノ店があったので…



こうなりました(笑)



つまり、こういうことです(苦笑)
お花を鑑賞した後とは思えないメニューですけど、午前中ジムで汗を流しお腹が空いてましたので、ハイ。



ムムム…そんなのがあるのか。ヘルシーじゃんか!



瓶ビール2本目とともに。ささやかなストレス解消をするも、さすがに満腹。
キタムラへ戻って写真を受け取り、支払いも済ませたところで、ふと思い出したのでT-SITEの地階へ。
(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花の命は短くて~花町家(後篇)

2017-05-21 17:00:16 | まち歩き
『中西千里甫社中 花会』の作品をご覧いただきましょう。そもそも撮影していいのかどうかよく分からなかったのですが、来訪者が普通に撮っていたので「まあ、ええんやな」と思い、数ある作品のうち珍チョイスでの撮影です(スマホ撮影です)。



菖蒲でしょうか。お花の展示会に来るのも珍は初めてですが、屋外の鉢植えの花や野に咲く花と違って、閉じた宇宙観のある生け花の撮影って難しいですな。花器とも一体となった作品ですよね。



シンプルな花ほど美しさが際立ちますよね。床の間に置く花は主張の度合いが違います。
それにしてもフレームから花器が切れてしまってますなぁ。難しい…。



床の間の花。純白の花がドSの女子に見えるのは珍だけ?!(笑)



青系の花は珍好み。燕子花でしょうか。花器も素晴らしいですよね。



こちらの花は剣山花留めが蟹なんですね。粋ですな。



接写してみました。ほんとに蟹に見えます。一匹余分に入れているところがリアリティを増すためのミソですな。



お茶席のサービスもありました。菓子はN市にある和菓子屋『ちとせ』のもの。
ちなみにこのときこれを撮影していたら、隣の女子(38歳、BMI28.4、インスタユーザー、カレシなし)が喜ぶように…
「あ、よかった!わたしも撮ろうと思ったんですけど、撮っていいのかどうか迷ってたんです」
といっておもむろにiPadを取り出しました。
「こんな美しい絵柄は残しておきたいですよね」
珍はそう言ってスマホを鞄に入れようとしたら、
「ああっ!待って!まだなおさないで!」
自分だけが撮ってるシチュエーションを避けたかったってことですよね(笑)

お花を堪能して『枚方京町家』を後にし、H方市駅へ移動しました。
(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花の命は短くて~花町家(前篇)

2017-05-20 17:16:15 | まち歩き
これまた時計を巻き戻して、5月15日(月)のことを記しておきます。どうしても出席しないといけない会議で1時間だけ仕事してから早退、そのまま前日前々日のイベントのため行けなかったジムで汗を流し、一旦帰ってからシャワーと着替えを済まして出かけたのがこちら。



『枚方京町家』です。O府立大学H先生から奥さまが懇意にされているお花の先生によるお花展のご案内をいただきましたので訪ねてきました。生け花だけあって、14日と15日の二日間だけの開催です。前日は例の接待ゴルフでしたのでこの日に休暇を取って訪ねていったというわけです。京阪電車H方公園駅前徒歩2分。ってイニシャルにする必要はありませんな(笑)
なお、この画像は屋内でして蔵から母屋に振り返ったところです。



京町家と普通の町家の違いがイマイチよくわかりませんけど、いわゆる鰻の寝床ではありません。お屋敷レベルの立派な古民家をリノベーションしたようです。京町家ってH方市なのに(それも京街道沿いではありません)盛ってるっぽいですな(苦笑)
それでも5月の初夏の風が涼しげに庭木を揺らしている様はまさに町家。



ひらパーにもほど近いですけど、そのイメージとは異空間。米蔵に連なる離れ。こちらも展示場の一つです。



燕子花でしょうか。後方の木の格子戸とのコントラストも和テイストですな。



こちらが入口。お花の展示会だけあって、お弟子さんや関係者は着物の女性が多かったです。
めざすは『第9回中西千里甫社中 花会』であります。
(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1、2のサントリーっ!(番外篇)

2017-05-19 05:29:30 | 京都
総会・懇親会までの間、4月に京都タワービルがリニューアルオープンした「京都タワーサンド」で自由時間。珍はま、こうなるわけです(苦笑)



地階のフード&ドリンクゾーンにある『鳥せい』で一人まったりと。
生ビール税込540円也。高っ。
焼鳥3本セット(塩をチョイス)税込420円也。ビミョー。
『鳥せい』のわりには正直スペシャル感はありません。本店のほうがずっと美味しいです。



お替わりは原酒で。税込430円也。
画像は一口飲んじゃってから。



京都タワーホテルでの宴の後。本会の総会・懇親会では久々のホテル宴会でした。
いろいろ写真はあるのですが(女子会員中心)さすがに出せませんので、珍独占ってことで(笑)



一次会後は京都タワー展望台へ。宴会に展望台入場券をオマケしてもらいました。なかなかの眺めですけど、そんなに高いわけではない京都タワーは、昇るよりタワー自体を眺めるほうがいいような気はします。
ちなみに、カップルばかりかと思いきや、やはり外国人観光客も。それでもカップル向きですわな。そういや、サントリービール工場でも同じ見学班でずっと手をつないでいたムカつくバカップルがおりました(怒)



展望台で珍が引いた「たわみくじ」です。大吉だったんですけど…このインケツまみれの珍に大吉とは…。願い事は「思い通りに叶うでしょう」とありますが、ほんまかいな。恋愛は「あなたに思いをよせる人がすぐ近くにいるでしょう」とはなかなかリアルですけど、人生4回目のモテ期到来ってこと?ただ、金運は「宝くじ・懸賞があたるかも」って、そこは「かも」なんかいっ。それならみんな同じやんけ。大吉ちゃうやん(笑)
おすすめスポットは上賀茂神社か…。お参りに行こうかな。って結局信じてるんかい!(笑)

このあと「空」というタワー展望台下のスカイラウンジにて二次会でした。
でもって翌日は午前6時半出発でゴルフコンペ…というハードボイルドな土日だったわけです。
みなさん、お疲れさまでした。
(おわり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1、2のサントリーっ!(後篇)

2017-05-18 05:53:56 | 京都
工場見学~試飲ときたら最後はやはりコレ。



売店でおみやげを買って帰れ~ってことになります。
実際は工場に着いたとき、珍は見学出発までの待ち時間に覗いて気になったものを買ったんですけどね。
収穫したものがこちら。



おつまみです。ビール工場見学でもビールは買いません(笑)
さすがに缶瓶のビールは重いってこともありますが、できたてを工場直送で…ってわけでもないですし(24本ケース買いだとそれに近いものは買えます)珍はスーパードライ派…あ、いえタナベ派なので。
写真左から「クラッツ枝豆味」税込486円也、「&BEER麦芽味パスタスナック」税込500円也、「燻製鮭とば」税込790円也。いずれもサントリー工場見学限定販売のようです。同行者の中にいた見学経験者オススメだったので買いました。



試飲のときにも1袋出た「クラッツ枝豆味」。これ美味しかったです。パッケージもちゃんとおみやげバージョン。
ビール向けおつまみを3種買いましたけど、よく考えたら珍はビールの家飲み止めてるうえに、糖尿血液検査前で飲めないやん。
何買ってんねん、オレ。

サントリー工場を出て次は京都タワーへ。
(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

臨時ニュースです。【眞子さまご婚約へ】

2017-05-17 05:00:18 | 湘南
NHKのスクープですかね?眞子さまご婚約間近。
それにしても、カレシの写真を見てみんなが思ったでしょうな。

チャラいな、オマエ。

最近おきれいになってきた眞子さまだっただけに、コイツ…ってな感じですな。
なお、まだご婚約したわけではないので「おめでとうございます」とちゃいますわな。
DAIGOに似た公開写真から最近のビジュアルがどう劣化しているのか見てみないとわかりませんが、まさか佳子さま狙いだったんとちゃうやろな…。
ちなみに微かな記憶があったので珍ブログを検索したら…やはりありました。
OCNブログ人時代の古い記事なので写真が小さいですが、写真をクリックしてご覧ください。右端の雑魚ですな。

>>雑魚王子(H22.8.13)

以上臨時ニュースでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1、2のサントリーっ!(中篇)

2017-05-16 05:23:29 | 京都
工場見学と言いましても、酵母を扱ったり、衛生上むやみに近づけないので、ラインから隔離された見学コースをタナベさんと歩いて行くわけです。それでも熱いタンクに触れたり、麦芽を食べたり、アロマホップの匂いを嗅いだり、いろいろ体験できます。



工場の機械類の幾何学模様が神秘的です。
製造工程は途中でDVDで(野郎醸造家による説明など)説明を受けます。まあ見学客はこれ見とけ…みたいなもんですな(笑)
なので、主たる目的は当然試飲なのですね。



お待ちかね、最終コースの試飲会場です。



まずはプレミアムモルツ。一人に一つおつまみが付きます。珍も買いましたが、これは工場売店で買うことができます。
プレモル自体は飲み屋で飲んでるわけでして、さほど感慨などはありませんが、できたての生ビールはやはり美味しいですな。さらにここのオペレーションが素晴らしいです。ビールを注ぐのは当然女子サーバー。しかも流れ作業で待たずに飲めます。



珍の二杯目はマスターズ・ドリームをチョイス。濃厚な感じですね。珍は初めて飲んだかも。



三杯目はプレモル<香る>エール。泡がクリーミー。上品ですな。グラスの水色ロゴが涼しげ。



試飲は一人三杯まで。こっそり四杯ぐらい飲んでもバレないと思いますけど、試飲タイムは短いです。
「え?もう終わり?」って感じです。アサヒの工場試飲だとどうなってるんですかね。



こちらはもう一人のガイド嬢ヤマモトさん。なかなかチャーミングですが、マニア垂涎のドS満開な印象です(笑)
ヤマモトさんには珍グループの写真を撮ってもらいました。そのかけ声がさすがサントリーらしく
「1、2のサントリーっ!」
タナベさんには待合で集合写真を撮ってもらいました。かけ声はやはり同様でした。
今も耳について離れないです(萌)
(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1、2のサントリーっ!(前篇)

2017-05-15 05:05:22 | 京都
週末にずっとイベントや仕事が続くと、先週金曜あたりがものすごい前のことのように思えます。時計を少し巻き戻して、先週土曜N市役所大学OB会での京都散策をトレースしておきます。



長岡京市にある「サントリービール京都工場」です。ここから見学がスタートです。
この待合スペースで見つけたのがこれ。



これはあかんやろー(笑)
まるでこちらの下心を見透かしたような注意事項。



見学者全員を20~30人の2班に分けて少しずらしてスタートします。われわれのガイド嬢はタナベさん。って、いきなり注意事項違反ですが(笑)われらがタナベさん、かなりデカいうえに(ナニが?!)ハーフのようなエキゾチックな地中海系ルックス。スタート時点では歩きながら珍が独占。
「ビールはお好きですか?」
「ハイ、そりゃもう」
「プレミアムモルツはお好きですか?」
「ボクはプレモルしか飲まないです」
「素敵!(笑)」
え?珍てスーパードライ派だったんじゃないのかって?
タナベ派ですが何か?
(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォア!

2017-05-14 17:35:12 | 仕事
本日珍は早朝から仕事系ゴルフコンペでした。いわゆる接待ゴルフです。社長や副社長(所管の副社長ではない)なども参加です。ゴルフのルールすらよくわからない珍ですので、役割はカメラマン、お見送りぐらいでしたけども、それ以外はずっとクラブハウスのソファで本を読むかうたた寝。それにしてもゴルフ場のクラブハウスって未だに禁煙でも分煙でもないのですね。周りでプカプカされたら寝てられませんわ。そもそも珍が行かなあかんのか…って気はしますが、おってもおらんでもええんですけど一応担当部長なんですわ。



「ハイ、チーズ」とカメラ構えて撮影している間、足元に自分の鞄を置いていたんですが、終わって持ち上げたら、鞄の腹にナメクジ。もう何やねんって感じですわ。

ちなみに接待ゴルフなのに(主催は別の団体なので一応社長は来賓なのですが、実態はうっとこの部が事務局)団体優勝はN市役所チームでした。社長が真剣勝負で臨んだこともありましたが(社長の個人成績3位)それはあかんやろー(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨よ上がれ。

2017-05-13 09:45:31 | うんちく・小ネタ
雨ですな…。今日の珍はN市役所の大学OB会総会でして、午後は長岡京市にあるサントリービール京都工場見学(ガイド嬢ウオッチングと試飲が主たる目的)へ行き、夜は京都タワーホテルで総会懇親会の後、タワーへ昇るので雨が止んでくれたらよいのですが…。

それにしても気温が上がり、雨が降るようになってくると蚊が一気に増えましたな。珍はよく蚊に噛まれます。ここ一週間で噛まれまくりました。そういや西日本は「蚊に噛まれる」ですが、東日本は「蚊に刺される」ですよね。その境界線がどこなのか、あるいは「蚊に噛まれる」は大阪・関西だけなのか、そのあたりが気になります。



昨夜の風景。伊白ワイン@京橋。
そして今日はプレモルの試飲。工場見学のwebを見ても飲み放題とは書いてありません。そりゃそうでしょ(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やべぇーよ(-_-;)

2017-05-12 07:07:16 | ブログ
先日珍ブログでも書きましたが、職場のLANのPC/ネットワークのセキュリティ設定が変わり、今まで使えたサイトに繋げられない状況になってしまいました。

何とかならんかと情報の担当者にこっそり頼みましたが、大阪府自治体セキュリティクラウド(予定価格9億円をケイ・オプティコムが15万円で落札したとかいうアレですかね)にネットワークごと接続したので、PC個別でオールマイティにすることはできないとのこと。オェーっ。

それでもブログを書くことはできたんですが、それも今朝からはアウト。閲覧はできますが、書き込むためのログイン画面が開きません。webメールと同じ状態です。ログインさせないようです。オェーっ(怒)

マジヤバいです。いまはとりあえずスマホ用ブログアプリから書いていますが、珍ブログ特有の長文記事は書いてられないです。この先どうしたらよいのやら…。

自分で撮った加工を要する画像挿入も、PCで処理してからまたスマホに戻すので不便。



今朝撮り画像です。スマホカメラを使い高解像度で撮り、職場PCのフォトショップで加工、またスマホへ。



花たちでも癒せないインケツ珍之助であります(泣)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

国鉄郷愁

2017-05-11 07:41:35 | 鉄っちゃん
勝ちには勝ちましたけど…ふがいないですなぁG。勝利の爽快感ゼロですわ。圧巻クリーンナップ全員HRの9-2から終わってみれば9-7ですからね…。ナニしとんねん…と。
これもプチ・インケツですな。こうなるとますます現実逃避への想いが増しますわ。電車に乗って缶ビールと駅弁で別世界へと旅立ちたくなります。

てなわけで、珍の最新鉄道グッズのご紹介。



アイボリーに朱色という旧国鉄カラーの文庫サイズ布製ブックカバーであります。デザインはボンネット型の485系特急をモチーフ。JNR(国鉄)ロゴが誇らしげ。



同じく色違いのクリーム色にブルーの旧国鉄カラーの文庫サイズブックカバー。デザインは581/583系寝台特急をモチーフ。so cool!

どちらもJR東日本「えきねっとPlaza」通販で購入。@1,296円也。以前に見つけたときにはどちらも売り切れでして、ようやく再入荷があり買えました。日本製というわりには縫製(特に縁のライン)がやや雑なのですが、それを補って余りある魅力的なデザインです。



並べるとたまりましぇん。鉄道珍旅に出かけるときに持ち出す本にはこのブックカバーが必須ですな。本家が並ぶとこうなります。



ひえ~かっこええ!583系(左)と485系です。



ボンネット型先頭車両の485系。写真はしかもかつて北陸本線を駆け抜けた特急「雷鳥」。珍幼少の頃は国鉄電車特急といえばこれでした。



583系の雄姿。先月8日弘前~秋田をラストランとして最後の1編成が引退しました(涙)
ちなみに583系、485系とも珍鉄道旅客会社でも1編成ずつ所有しております。

これらがあっての上のシブいブックカバーです。
車両は引退しても珍の手元にはこのブックカバーがあり、目を閉じると堂々と鉄路を往く姿がはっきりと見えてきます。
泣けてきますな(´;ω;`)ウゥゥ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加