イタリアお気楽日記

イタリア生活8年目。楽しい事だってあるけど、つらい事だってあんのよねぇー。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

どーも、どーも。

2010-01-10 23:44:58 | イタリア生活
みなさん、ご無沙汰しまくりました。

このブログを休止すると決めてから1年ちょっと・・・
いろーんな事がありましたがな。

で、今回、またブログを再開してみよーかななんて、
思っちゃったりしちゃったんです、あたす。

で、ついでだから、心機一転違うところでしてみようかなって。

http://ameblo.jp/gellius2010/


ま、更新頻繁に出来るかどうかは神のみぞ知るってなわけですけども、
お暇な人は是非とも遊びに来てくださいましねぇ〜♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お久しゅう。

2009-04-14 00:52:59 | イタリア生活
みなさん、ひっそりとこんにちわ

えへえへ、ブログを休止しておったgelliusでございまふ

えっとね、えっとね、
ちょっと前にはなりますけれども、
イタリアのラクイラという所で大きな地震がありますて、
どうやらあたくすのしがない町が近いんじゃないのかーーーーー
gellius二等兵は無事なのかーーーーーー
と、多くのすんばらしい心の持ち主の方々から心配のメール等をいただきましたんです。




こんな、しがない町に住む二等兵gelliusの事を心配してくれた
心優しい観音様の様なみんなーーーーーーー、

そして、全然心配どころか、
gelliusなんて人の存在自体忘れてたわっ(゚Д゚)≡゚д゚)、カァー ペッ!!
てなことをもしかしたら思ってるかもしれない悪魔達ーーーーーーー、


あたくす、gelliusは無事でございます

無事も無事も、
しがない町はラクイラ⇔ローマ間のおおよそ倍くらいの距離があるので、
地震の影響はほっとんどありませんでしたです。

今回の地震は震度の割にはものすごい被害が出たわけですけども、
やっぱりそれは建物自体耐震構造になってないのと、
古い建物が多いということですが、

あたくすの家もね、
震度2くらいにも関わらず、
ピキピキと家が鳴りましたからね

さすがにこの音を聞いたときは、
阪神大震災も経験しているので、
ちょっと恐怖に駆られましたけれども、
それも一瞬ですぐに収まりましたです。

この地震でお亡くなりになった方や、
お怪我をされてしまった方のご冥福を祈りますです。

本当に、心配してくだすった皆さん、
ありがとうねぇ
コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

今まで本当にありがとねーーーー☆

2008-11-29 00:19:22 | イタリア生活
みなさん、ちわーーーーーっす

えぇっとですね、最近は本当にご無沙汰しっぱなしで、
1週間に1回更新したら良い所な状態が続いておりましてですね、
ちょっと考えたんですけども、
一度このブログを休止しようと思いましたです。

突然ではありますけれども、
何か重大な問題があたくすに発生したとかは一切ございませんのでご心配なく

いやね、ちょっと前からブログ辞めようかどうしようかって
結構悩んではいたんす。

でも、こんななーんの役にも立たない
あたくすの独り言みたいなブログにでも
遊びに来てくださってる方が沢山いらっしゃって、
それがうれしくって続けようっって何度も思ったんだけども、
仕事がちょっと忙しかったり、
上司が嫌いだったり     あ、関係ないか。
書くほどの事件が起らなかったり、
いや、起らないってのは嘘だな。

起ってはいるんだけども、
それはブログをやって来た3年間ちょっとでもう既に何度も書いていることだったりするわけだよ。
例えば、郵便が着かねーとかさ、
ガスが止まってクソ寒いのに風呂にも入れネーとかさ、
差別されたとかさ。

そういうことが、もう生活の一部になっちまって、
あえてもう書くほどでもないくらいになっちゃったのね。

実はこのブログを始めた頃はあたくすかなり精神的に病んでおったんでございます。
ヴェネト州での2年間の恐ろしいしがない町生活を経て、
また着いた所がしがない町・・・・・

町を歩けば、中国人とからかわれ、
バールや郵便局では平気で後から来たイタリア人を先に接客され、
仕事がしたくても、しがない町すぎて仕事もなく、
ここまで何の関係もない赤の他人に精神的に傷つけられたのは
人生初めてでの出来事で、
あたくすは結構強い人間だと思ってたけど、
案外弱い人間だったんだなぁなーんて思っておったんです。

完全にイタリア人を拒否していた3年間だったと言えましょう。
あぁ、あの頃は本当にイタリア人に話しかけられるのもイヤだった。
話をしたらまた絶対に嫌な事言われると思って、
好んでイタリア人とは話すことを避けていた時期でございますた。

そう、あたすにもそんなダークな部分があったのでございます。

でも、こうやって書くとあたしがものすごーく酷い目に合ったように感じる人がいるかもしれませんけども、
何も特別酷い事されたわけじゃないと今は思うんす。

中には暴力を振るわれた人もいるようですけど、
あたすはそういう目には一切合ってないし、
日本人だとわかって差別を受けた事もない。

ただ、平和な日本の狭い世界でぬるま湯に浸かって生きてきて、
まさか来るとは思ってもなかったイタリアに来たあたすには、
全く免疫がなかったといいましょうか、
海外に出たら外国人という立場になるんだってこともちゃんと考えた事なかったし、
お気楽だったもんで、
いきなり赤の他人に気分を害する事をされるなんて考えもしなかったんす。

異物のように扱われ、グループに入れてもらえない、
そういう状態を経験した事なかったんで、
ウブなあたすは参ってしまっただけのことなんです。

まぁそういう時に、日本人のお友達がいたら、
お互い支えあってストレスを発散したり出来るのになぁ

と思って、ブログを始めたのでした。

日本人とネット上ででも会話できるというのが
どれだけ心の支えになったことかっ

そして、ネット上だけでなく、
実際何人かの方とはお会いしちゃったりして、
ついに、しがない町生活ではありながら、
日本人のお友達があたすにも出来ましたんです

そりゃー、日本人のお友達といる時間の楽しい事楽しい事

発散できる場所があるというのは
本当に精神的に全く違うものでした。

ブログを初めてここで嫌な出来事をぶちまけたり、
皆にたわいもないことを聞いてもらっているうちに、
イタリア人恐怖症も徐々にましになり、
今ではリッパにイタリア人にケンカを売れるように成長しますた

だからこそ、これからも続けたかったのは事実なんだけども、
仕事、仕事の毎日で書くようなこともなくなり、
更新全然してないのに、
毎日沢山の方が訪れてくれているのも
本当に申し訳なく感じてきたので、
ここは潔く、ひとまず休止と決定したのでございます。

この先もしかしたら、
また始めるかもしれないし、
もうしないかもしれないけど、
みんなの所には遊びに行くからよろぴくねー

ここも3年ちょっと書いてきた日記なわけで、
削除しちゃうのはもったいないし、
だからって、どーにも出来ないので、
ひとまずはこのまま放置プレイにしておきたいと思いマフ。

今ままで、あたくすを支えてくだすった皆さん、
本当にありがとうねーーーーーーーーーー

また、いつか、どこかで会いましょうーーーーーーーー



コメント (60)
この記事をはてなブックマークに追加

あたくすの流暢な英語。

2008-11-18 08:27:14 | イタリアで仕事
皆さん、こんにちわ

こないだ、明太子の事を書きまして、
その反応からして、どーもこのあたくすが、
このあたくすgellius婦人がイタリアで初、明太子を買い、そして食した日本人ではないのか!?
という気がしてなりません。

もし、あたすよりも先に実は明太子イタリアでゲットしていた日本人がいたのなら、
名乗りたまへ。      名乗ったところで何もありませんのであしからず。

しかし、こんなに明太子が好きな人が多くって、
皆こんなに餓えているのだから、
明太子を誰か輸入したらすごい儲けるんじゃないでしょうか?
誰か、輸入してください。 
もしくは、作ってください。      


さてさて、あたすのケチな上司は母国語であるイタリア語の他に、
英語やフランス語、スペイン語も喋れるんだけども、
毎回彼がこれらの外国語を喋る度にあたくすは、

『どんだけ、イタリア語訛りやねんっ

と心の中で突っ込んでいる。

よーするに、どの外国語を喋っても
イタリア語を母国語とする人の発音なわけである。

そういうあたしは、誰がどうあたしのイタリア語を聞こうと、
日本人発音であるのは、
この際、むこーーーーの方に置いておくとする

さて、ある日、英語圏のお客さんが来ましてね、
あたくしゃー、もー本当に英語が小学生、
いや、幼稚園レベルでございますので、
出来れば英語圏の人を前にして英語は喋りたくないんでございます。

ちなみに、どういうレベルかといいますと、
ミントのジェラート、
これをイタリア語で言うなら、
ジェラート ディ メンタ
なわけです。

あたくすは、その方式で知っている英単語を並べれば間違いないと、
アイス オブ ミント
と言ったくらいです   まぁミント オブ アイスと言わないだけましだ。

ミントアイスでいいんじゃないのか?
なんて思いもしなかったわけなんです。

まぁー、間違いじゃないでしょー。
通じてたんだからいいでしょーよ。

でねでね、極力ケチな上司に英語は担当してもらうわけですけども、
彼の英語がね、あまりにもイタリア語発音なのに、
英語圏のお客さんが

『えなんて?』

って聞きなおしてるところを見たことがないわけですよ。

ラードだって、アイツは思いっきりラルドって言ってるんす。
それなのに、通じているわけですよ。

だから、あたすは思った

こいつのこのイタリア語発音英語で通じるんだから、
ちょっとした単語ならあたすの英語の発音の方が通じるんじゃね?


日本の英語教育を馬鹿にしちゃーいけないよっ


でぇー、その日は英語圏のお客様に対し、
このあたくすめが英語を披露してやろう
といわんばかりに張り切っておったんでございます

そして、ついにあたくすの素晴らしく流暢な英語を披露するときがきたんでございますっ
やっぱり、披露するなら、
ラードという単語を言ってみたくなるじゃなーい

そこで、

『ラードゥッ

と、舌を巻きに巻いて発音したあたくす。

それを聞いたお客さんが一言

『ソォーーーリィーーーー?????』









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


えー、全く通じませんですた・・・・・・


どーしてだ、どーしてなんだっ

なんなんだ、このこっぱずかしい気分はっ

あいつのラルドは通じるのに、
どーしてあたくすの英語発音が通じないのだっ

これだったら、最初っからイタリア語で言ってた方が通じてたじゃねーかぁ
なんという赤っ恥。。。。。。。。。。

そうだった、昔飛行機で飲み物何にしますか?
って聞かれて、

『オレンジジュース

って言ったのに、
グレープフルーツジュースが出てきたことがあったんだった。。。。。

あたすの英語発音、どんだけいっちゃってるんでしょうか?



お知らせ     

来る、11月23日(日)またまたメルカート ジャッポネーゼ(MG)
がありまっせぇぇぇ

場所はいつもの

Via Casilina Vecchia、42

午前10:00からの開始となりまーす

是非是非、家族や隣人も誘っておいでませぇぇぇ




あぁ〜、あたす、英語圏じゃなくってイタリアにいるのが正解なのかもしれない。
ポチーーーーー
↓ ↓ ↓


ありがとねん
コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

秋と言やー、やっぱキノコっしょ。

2008-11-13 23:52:27 | イタリアの食べ物
みなさん、こんにちわ
またまたご無沙汰してしまったgelliusでございます。

さて、ご無沙汰していた間も特に何も変わったこともなく、
相変わらずしがない町での仕事以外は引きこもってる生活を送っているあたくすですが、
今日は秋ということで、
秋と言えば、やっぱ”食”でしょー
というわけで、ちょこっとイタリアの秋の食べ物を載せてみよっかなぁーなんつって。

さて、イタリアの秋で有名な食材と言えば
やっぱりポルチーニですけども、
ポルチーニについてはいろーんな人もブログで書いたりもしておりますし、
あたくすも過去何度か書いたことがありますですし、
今年はしがない町はポルチーニが不作で、
しがない町出身の者でさえも、しがない町産のポルチーニを見かけていない状態なので、
ちょっぴり違うキノコを紹介いたしませう。

さて、まずは、この毒々しい真っ黒のキノコ



写真ではもう火が通った状態ですので、
ちょっとわかりにくいかもしれやせん。

イタリア在住の方ならご存知でしょう
ガレッティというキノコの黒版でございます。

日本でいうなら。。。。。こんなキノコ見たことねー。
形はね扇子みたいな形をしてるんでございますのよ。

一見きくらげっぽい黒さですけども、
食感は全くこりこりしておらず、
普通のキノコの食感でございます。

さて、このキノコの名前は”トロンペッタ デッラ モルテ”
といいまして、
あたくすは、初めてこの名前を聞いたとき

『あぁ〜色が黒いのと形がトランペットっぽいから
 だから死神の笛という名前なんだなぁ〜

なんて一人で納得していましたが、
日本語で言うトランペットはトロンペッタではなく、
トロンバですし、小さい子供が吹くようなのもトロンベッタなので、
全くもってお門違いな事で一人で納得していたことになります。

では、トロンペッタとはどーゆー意味なのだ

とイタリア人に聞くと、
意味はなくキノコの名前だと・・・・・

で、どーして”デッラ モルテ(死の)”なぞいうおどろおどろしい名前なのだ?

というと、それは11月が”死”の月であり、
その11月にキノコが採れるから。
という事でございますた。

お味の方は、、、、
まぁ、キノコの味でございますわね。    

そして、次ーーーーー



これは、オーヴォリというキノコでございましてね、
実は一般的にはポルチーニよりも高いキノコでございます。

たーだ、この写真のオーヴォリは成長しすぎちゃってるんすね。
本当は卵状のキノコでしてね、
付け根の方に抜け殻みたいなのがひっついてるのわかるかすら?
見た目は卵なんだけども、スライスしてみると、
卵の中にキノコがあるって感じなんでございます。
それを生でカルパッチョ風にして食べたりするんでございますのよ。

これのお味はといいますとね、
あたくすは生でした食ったことねーんですけども、
無味です。

無味なのに、なぜ高いのか?
きっとこの卵状の形がめずらしいからなんでしょうかねぇ?
えぇ、あたくし理由は知りません

まぁ、そんなこんなで二つ日本では見た事ないキノコを紹介してみましたけども、
あたくしは、やっぱりあのキノコが一番好きでございます。


そう、






エノキ===========


そうそう、あの
『元気ですかぁ====
 元気があれば、なんでも出来るっ
って言うブルマみたいな黒いパンツ履いて、
赤いタオル首にかけてる人ねぇ。


って、それは猪木。

エノキって本当においしいよねぇ。
なんつーの、あの食感がなんとも言えないよねぇ。

塩コショウでシンプルに蒸したり焼いたりしてもよし、
鍋に入れてもよし。

あぁ〜、神様どうしてあたすはエノキが食べれないような国にいるんでしょうか?

そんな、かわいそうなあたくしですけどもね、
この間ね、なんとなんとイタリアにてついについに、
明太子を発見しましたよ=======

これは大ニュースでしょ、奥さんっ  
って、あたし以外のイタリア在住の皆さんが実は明太子普通に食えてたってことないよね?

今まで、ロンドンやパリ、ドイツ、オランダに行った時に、
フツーに売られている明太子を見つけ、
どうして、イタリアにはこれが届かないのだ?
と非常に悲しい思いをしていたわけでございます

イタリア在住者にとって、明太子は
キャビアよりもはるか遠い存在だったわけです

それがね、この間ローマにあります東洋食品という
韓国食材店に行きましてん。

そしたら、あら?冷蔵庫にあるこれはいったい何なんですか?
もっもっもっもしかして、もしかしちゃって、明太子なんじゃね=====
と思って手に取った入れ物がコツラ



この右下の写真から判断するに、
まさに明太子でしょーーーー

でーも、明太子って日本の食べ物じゃなかったのか?

実はね、あたくすイタリアに来てからローマには日本食材店というのがなかったので
(つい最近、日本食材店がオープンしたはずなんですけどもまだ行った事はありやせん)
韓国食材店とか中華食材店に置いてある日本食材を買っていたんだけどもね、
韓国食材店ではやっぱり韓国食材の方が安いわけだ。

で、食材を見てると韓国のなんだけどこれはどー見てもかまぼこだとかぁ、
これはどー見ても、たくあんだろぉー
っていうのがいくつもあるわけよ。

あたすは韓国料理にあまり詳しくないので、
韓国でも昔からそういう物を食べるのか、
それとも、実は日本の食べ物だと思っていたかまぼことかたくあんが
実は韓国から来た物なのか、
それとも、それとも、日本の古の頃からのベストセラーである、
かまぼことたくあんを韓国がうめーからってことで作り始めたのか、
そこんとこがよくわからないから、
似た食品があったら結構買ってみるんですけども、
これが、結構想像と違う味がしたりするんだな(笑)

まずくはないんだけど、
沢庵とかは、あら?なんか小さい頃から沢山の種類の沢庵を食ってきたが、
この味は初めてだっ
というような味だったりするわけだ。

だから、明太子も実はちょっと味が違うのかなぁ?
なんて思ったけども、
どーせ、長い間日本で食ってないから舌も狂っているに違いないので
18ユーロちょっととそこまでお安くもないけど買ってみたのだよ。

するとね、これが非常に日本の明太子に近いのよーーーー
って、もしかしたらあたしの舌がおかしい可能性は消せない。

日本の明太子よりは固いんだけども、
そんなの気にならない気にならない。

値段も安くないと思ったけど、
空港で買う1500円位の明太子の倍近く入ってるからそこまで高くもないわけだ

ということで、
イタリア在住で長いこと明太子食えてない可哀相な人達よ、ごめんねぇ〜
じゃぁ〜ん



あぁ、幸せじゃぁ〜







明太子を食えるだけで幸せだと思ったことがあるかっ日本在住諸君よっ
あたすは、君達がうらやましくてしょうがない
ポチーーーーー
↓ ↓ ↓


ありがとねん
コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加