鳥取県ボランティア・市民活動センター 災害関連情報 

鳥取県社会福祉協議会より、災害関連情報を掲載します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

災害ボランティア活動を考えるフォーラムを開催します

2012年02月28日 12時00分05秒 | 東日本大震災 災害情報
 3月17日(土)、県立福祉人材研修センターにおいて「災害ボランティア活動を考えるフォーラム」を開催します。
午後12時30分からチャリティーコンサート、13時から連続レポート「復興に向けて私達一人ひとりができること~災害支援活動の実践から学ぶ~」と題し、県内から支援にあたった団体等による報告。
14時10分からは、岩手県陸前高田市において、災害ボランティアセンターの立ち上げ支援や運営支援活動を行っている、日野ボランティア・ネットワークの森本智喜さんによる講演を行います。
 あらためて震災後1年を振り返り、今後、被災地の復興支援と本県における災害時にも強いまちづくりについて私たち県民一人ひとりができることを共に考える機会とし開催します。
 また、先着100食で「あごかつカレー」の無料提供をしますので、みなさまのご参加をお待ちしております。
 参加費は無料ですが申込みが必要です。詳細はこちらをご覧ください。

http://www.tottori-wel.or.jp/volunteer/kanren/event.htm

この記事をはてなブックマークに追加

石巻ZENKAI商店街

2012年01月20日 17時53分00秒 | 東日本大震災 災害情報
 鳥取県災害ボランティア隊が復旧活動を行った石巻市街の商店街の商店主の有志の方が、新たな石巻復興に向って「全開で全快を目指す」ために立ち上がった復興プロジェクト「石巻ZNKAI商店街」のブログに、鳥取県災害ボランティア隊のことが紹介されました。
 是非ご覧ください。

 石巻ZENKAI商店街 ブログ http://zenkai-rip.blogspot.com/

この記事をはてなブックマークに追加

あの方が鳥取に・・・

2012年01月11日 19時11分31秒 | 東日本大震災 災害情報
 2月25日(土)に本会が開催する「平成23年度小地域福祉活動推進研修会」に、鳥取県災害ボランティア隊が石巻市で活動した際に、現地コーディネーターとしてご協力いただいた阿部紀代子さんをお招きします。
 「被災体験から学ぶ地域の絆と教訓」(仮題)をテーマにお話をいただきます。
 参加費は無料ですが、申込が必要です。詳細は下記ホームページをご覧ください。

県社協HP http://www.tottori-wel.or.jp/menu/chiki_i/top.kouzakensyu.htm

この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2012年01月11日 19時10分31秒 | 東日本大震災 災害情報
 あけましておめでとうございます。謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 2011年は多くの災害が起こった一方で、人と人の支えあいの力を感じた1年でもありました。
 2012年、仮設住宅でお正月を迎えた方もたくさんいらっしゃったと思います。
 また、厳しい寒さも続いています。
 こうしたことに思いを寄せることを忘れず、それでも日々私達にできることをひとつずつ進めていきたいと思います。
 今年も県社協をどうぞよろしくお願いします。

 鳥取県災害ボランティア隊第5陣で訪れた、牡鹿地区仮設保育所から年賀状をいただきました。
大切に使ってくれているとのこと。うれしいですね。

 

この記事をはてなブックマークに追加

うれしいお知らせ

2011年12月28日 13時06分54秒 | 東日本大震災 災害情報
 鳥取県災害ボランティア隊第2陣(4/18~4/22)が活動した石巻駅前商店街の「和牛乃亀山」さんより、11月にお店を再開されたと連絡がありました。このブログを見つけてくださり、写真を送っていただきました。
 お手紙の一部をご紹介します。
「第2陣の皆様だと思いますが、ボランティアさんに手伝ってもらいました。その後いらした時にもお声をかけてもらい、ようやく11月17日お店を再開することができました。ブログに当店が載っていたのを見まして再開したことをお伝えしたいと思いメールしました。遠くから何度も石巻にいらしていただきありがとうございました」とメッセージをいただきました。

(お店再開の写真)


(第2陣での活動)


 2011年も残りわずかとなりました。1年を振り返ると、東日本大震災、台風12号災害など多くの災害がありましたが、あらためて私たちは支え合って生きているんだということ。また、地域の繋がりの重要性を痛感させられた年でもあったと思います。
 2012年が皆さまにとってよき年になりますようお祈りいたします。

この記事をはてなブックマークに追加