トントンのつぶやき

囲碁棋士信田成仁のブログです

朝囲碁の報告と趣味のマラソン

2017-02-09 11:02:38 | 気のままに

しばらくぶりの更新です。新宿囲碁センターで、始めた朝囲碁も8ヶ月になろうとしています。

今は6人の方が来てくれています。うちお二人は、定年を過ぎて、碁が打ちたくて来てくれています。

お一人は忙しい中、朝早くならと頑張ってきてくれています。またご夫婦できてくれている方も現職で

頑張ってくれています。(奥様はまだ初心者ですが最近は初心者にしてはかなりハイレベルの問題も

解けるようになって来ました)つい最近素敵な女性が又お一人入ってくれました。その方は碁盤に

触ったのも2回目ということでしたが、凄く碁に興味をもたれたようで、此処にくるまでに本もかなり読んで

いてシチョウ・ゲタ・両アタアリ・打って返し・生き死にその他もろもろ1回で多くの事を学んでいきました。僕も長い間

入門者を多く教えてきたのですが、これほど理解力のある人はまれだと感じました。少しでも長く続けてもらって

囲碁の楽しさを知ってもらえるよう僕も頑張らなくてはいけませんね!!朝囲碁の楽しさを全国に広められるよう

これからも頑張っていきます。(本当はそのためにもこのブログ更新をもっと熱心にしなければいけないのは

分かっているのですが・・・・・)後趣味のマラソンですが、今は多少中だるみです。去年最後の多摩マラソンでは

フルで出場したのにハーフであきらめてしまいました(ハーフで辞めてもよい設定だった)そこで月200キロを目標と

したのですが、1月は約120キロ2月になってもまだ30キロしか走っていません。3月には板橋でフルを走るのですが

かなり心配な状況です。今日は何とか走ろうと思っています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝囲碁

2016-11-02 21:41:49 | 気のままに

もう11月早いもので今年もあとわずか!!新宿囲碁センターで6月から始めた、朝7時からの教室「朝囲碁」ももう5ヶ月目に入りました。

8月の夏休みには親子で来てくれたこともあったり、又わざわざ茨城から県代表クラスの人(まだ20代)も来てくれたりもしましたが、概ね3人

の方が常連で来てくれています。会社をリタイアして、もう1度囲碁を確り勉強したいという2人の方と、初めて囲碁を経験するという女性の方

(多分30代もっと若かったらごめんなさい)が出勤前に熱心に参加してくださり、とても嬉しく思っています。いつかもっと広まって多くの方が楽

しんでくれる事を夢見て頑張っていく覚悟です。「朝囲碁」はひとつのアイデアですが、日本の(世界の)色々な所で、多くの人が囲碁を楽しむ

機会が増える事を願って作りました。特に「ヒカルの碁」等で覚えた20代から50代の級の人達が、囲碁を打つ機会が増えたら、人生をより充

実した楽しいものになると思うのですが・・・まずはそういった機会を増やすアイデアを考えて行動していくことが大切と思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

碁石海岸で囲碁祭り

2016-06-19 07:18:38 | 気のままに

碁石海岸で囲碁祭り行ってきました。もう1週間たったのですね!!もっと早く報告したかったのですが、木曜日に今年完敗している山本

正人七段との対局が控えていて、気持ちがそちらに集中していたので、報告が遅れました(結果は何とか勝つことが出来ました)。10日出

発して新幹線で一局、何と石鍋さん(大船渡市出身で木谷正道さんと並ぶこのイベントの中心的な和服が似合う素敵な女性)と打つことが

出来ました。ともかく石をたくさん気持ちよく取られて参りました(石鍋さんの気力は内緒です)石巻から盛駅まで3時間半から4時間くらい

でしょうか囲碁列車に乗り、台湾から来られたお客さんと3面打ち(碁盤はアイ碁揺れても大丈夫です)で2回打たせてもらいあっという間

に着いてしまった印象でした。盛駅では子供たちが小旗を振って大歓迎、それに素晴らしい和太鼓!!本当に感激しました。盛駅からバ

スに乗って囲碁神社へ、林先生の書が刻まれた石の碁盤を奉納、お払いをしてもらい、連碁を行い棋譜と僕たちの色紙も奉納してもらい

ました。その後リアスホールで前夜祭。とても楽しい初日となりました。2日目が本番ですが、僕は朝5時起きしてホテルから碁石海岸まで

(往復約20キロのつもりだった)走ってきました。実は碁石海岸まで走ったというのは間違い。途中確かに碁石海岸と書いてあったのです

が、本当の碁石海岸はそこから2,4キロも先だったのです。(来年くることが出来たら今度は間違いなく走ります)午前中にまず8面打ちで

ファンとの囲碁交流午後1時から正式な開会式があり、木谷正道実行委員長から台北駐日経済文化代表の林世英様へ台湾への感謝状

(東北大震災のときどこよりも台湾からの支援が大きくそれに対してのものです)も送られ、多くの有力者の方からこの大会の意義や賛辞

が述べられ大いに盛り上がりました。続いて台湾女流棋士張三段(2回もタイトルを取っています)対万波三段の対局、これが凄かった

張さんの意欲的な布石から始まり、双方の元気がぶつかり、見ている方ははらはらどきどき、万波さんの時間が切れてしまったのですが、

あまりに面白いので決着がつくまで打ちましょうとの事で、打ち継いだのですが結局難しいと言う事で仲良く引き分けということになりまし

た。(イヤー面白かった)もうひとつのイベント台湾の全盲の少年と平塚盲学校の少年との13路対局があったのですが、そちらは見る事が

できず残念!!(結果は白番平塚盲学校の7目半勝ちということでした)まだ二人とも囲碁を覚えてわずかしかたっていないそうですが、目

も見えないのにその上達は素晴らしく目を見張るものがあります。全盲の方達が囲碁で光が見えたらこんなに嬉しいことはありません。そ

の可能性を大いに感じさせるものでした。僕たちが2度目の8面打ちを行っているときに、少年二人にインタビューがあったのですが、二人

ともとても元気がよく特に平塚盲学校の少年が「囲碁はルールはすぐに7分位で覚えてしまいました。自分は天才かもと思いました」そう

言ったときは会場に大きな拍手!!僕もとても感動しました。岡田由美子六段の囲碁入門講座も開かれ凄くわかり易いと大好評でした。

このイベントには25人もの東北の学生がボランティアで手伝いに来てくれて、本当に助かりました。そのお礼といっては何ですが、最後に

会場を移して(コミニティーホール)交流会を行いました。一緒にお酒も飲み碁も打ちました。時間がなくなって三局しか打てなかったのは

残念でしたが、(3連敗^^;来年はリベンジします)とても楽しい時間をすごしました。この学生たちが将来囲碁界を支えてくれるんだ。そう

思うととても充実した気持ちになりました。最後の日も囲碁列車が走り、ファンの方達と3面打ちを2回打つことが出来ました。来年も来た

いと思っています。これを企画した木谷正道実行委員長それを支えてくれた実効委員の皆様、全国から集まってくれた皆様、台湾から来

ていただいた25名の囲碁ファンの皆様ボランティアできてくれた東北の学生その他多くの皆様の力により此処まで来れたと思います。

一緒にいくことができて幸せです。この場を借りて感謝します。こんなにも楽しい囲碁旅行!!是非来年はご一緒にいかがですか。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

早朝囲碁

2016-06-07 10:08:50 | 気のままに

第1回目の「早朝囲碁」を行いました。お客様はたった一人でしたが、65歳で碁を始めたという方で、此処しばらくは打っていなかったようで

す。お孫さんが囲碁を始めたらしく、孫に負けないよう勉強したいということでした。気力は3級ぐらいということで、早速詰め碁、手筋の問題を

数題解いてもらいました。3級といわれましたが、かなり謙遜しているかなと・・・・・その後は指導碁一局目はやはり緊張したのと初めて

プロ棋士と打つということで、手が伸びずちょっと上手く打てなかったようですが、終わってからの手直しをして、2局目は内容もずっと変わり

とてもよい碁を打たれました。お客様が集まるまでしばらくは大変とは思いますが、いつかこんな苦労が報われるときが来る事を信じて頑張

る覚悟です。ちょうどその日は予選があり、1回戦は小山栄美六段。僕らしい碁は打ちましたが、やはり途中から打ちすぎてしまい訳のわから

ない碁に、最後は何とか勝ち、2回戦で恩田八段と戦うこととなりました。白番で新手らしき手を打ったのですが、(実は過去にあっらしい)

ちょっと手順を間違えたようです。しかしやはり僕らしく大模様の碁となり、少し面白いかなと思ったのですが、中央で甘い手が出てしまい

いやな流れに・・・僕の石を取りに来てくれたので逆転したのですが、逆に取りに行ったのが悪く、再逆転されてしまいました。一生懸命

打ったので仕方ありません。次の碁は6月16日山本正人七段戦(天元戦)です。今年一局打っていて完敗でした。今度はもっと確り打って

頑張ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

碁石海岸で囲碁祭り

2016-06-07 09:24:54 | 気のままに

碁石海岸をご存知でしょうか。岩手県大船渡市にあり、東北地震で大きな災害に見舞われた処でもあります。そこで僕の師匠の息子さん、

木谷正道さんという方が、その名前の通り此処で東北復興支援をかねて、囲碁祭りをやろうよということで、すでに2回行われています。

今年も6月10日が前夜祭で11日12日と台湾からも囲碁ファンを呼んで大きなイベントを行います。林海峰先生を筆頭に、山城広日本棋院

副理事長(九段)台湾からとても素敵な女流棋士張三段、岡田由美子六段テレビでもおなじみの万波菜穂三段末席に僕も同行させてもらい

ます。行き帰りの列車は「囲碁列車」を走らせ、長い汽車旅を囲碁で大いに楽しんでもらいます。(碁盤は全盲の方達が使う石をはめ込むも

のでこれが列車の揺れも石が動かなくする素晴らしいアイテムです)囲碁神社も今年でき、そこに石の碁盤を奉納します。ともかくとても楽し

い有意義な時間となることは間違い無しです。まだ空きがあるようですのでこの機会を逃さず申し込んでください。

お問い合わせは 大石TEL090-9856-5146

コメント
この記事をはてなブックマークに追加