SEダーツァーの備忘録

システム開発をする上で日々大量に流れ込んでくる『技術面』の知識を、備忘録的に書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

CSEを使ってMySQLに接続する - CSE上での文字化けも防止

2010年05月27日 22時32分21秒 | MySQL
データベースにアクセスする為の汎用的なUIツール、「CSE(Common SQL Environment)」を使って、MySQLにアクセスする。

MySQLのバージョンによってはCSEから直接接続する事は可能な様だが、(2010年5月27日現在)最新のMySQL5.x系はCSEから直接接続する事ができない。
以下、MySQLのバージョンはこの5.0系である事を前提とする。

CSEからMySQLに接続する為には、ODBCデータソースを経由する必要がある。

【接続イメージ】
CSE ⇔ ODBC ⇔ MySQL

この接続を可能にする為には、MySQL用のODBCコネクタが必要になる。


使用バージョン
  • MySQL 5.0.67
  • MySQL-ODBCコネクタ 5.1.6




1.ODBCデータソースの設定

ODBCコネクタはWindowsのインストーラが提供されており、簡単にインストールする事が可能。
ダウンロード、インストール手順は割愛する。

ODBCコネクタをインストールすると、「コントロールパネル→管理ツール→データソース(ODBC)」からデータソースを定義する際に
「MySQL ODBCドライバ」を選択する事が可能となる。

後はデータソース名(任意の名前)、ユーザ名、パスワード、DB名を指定してODBCデータソースを定義してやればよい。



2.CSE上での文字化けを防ぐ為の設定

通常、MySQL側の文字コードをサーバ・データベースともに「UTF-8」に設定している場合(※)、「S-JIS」を使用しているCSE上では文字化けを起こしてしまう。
これを防ぐ為に、ODBCデータソースの設定の際に「詳細→Misc Optionsタブ」で「Character Set」を「S-JIS」に設定してやる必要がある。
これにより、MySQL ⇔ CSE 間での UTF-8 ⇔ S-JIS の変換をODBCコネクタが行ってくれる様になる模様。
(表示側の文字コードが「S-JIS」だ、という設定をしている?)

(※) MySQLに接続して「show variables like '%char%'」を実行した結果が以下になっている場合
character_set_clientutf8
character_set_connectionutf8
character_set_databaseutf8
character_set_filesystembinary
character_set_resultsutf8
character_set_serverutf8
character_set_systemutf8
character_sets_dir※環境により異なる




3.CSEからMySQLへ接続

CSEの「接続」プルダウンの中に「MySQL」という項目があるが、これは旧バージョンのMySQL用ではないかと思われる。
それは選ばず、「ODBC汎用」という項目を選択し、"1.ODBCデータソースの設定"で設定したデータソース名、ユーザ名、パスワードを入力すれば、接続が成功するはず。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SpringにおけるInterceptorの... | トップ |   

コメントを投稿

MySQL」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。