【宮城発】司法書士法人tomoniブログ

過払い請求の最新情報、債務整理、相続・遺言、成年後見等の業務だけではなく、グルメ、放射線量などの情報を発信していきます。

第6話 サザエさんかっ!!

2017年01月05日 | 新人日記


にほんブログ村

みなさんの応援が、丁君を成長させますので、クリックお願いします。

大好評の丁君シリーズ。
ネタは山ほどあるのですが、事務所の信頼を失わない程度に厳選してお送りしております。

昨年の話です。

お客様に書類を届けてくるように指示をしました。
丁君さっそくお出かけです。

しばらくして事務所に電話がありました。

丁君「あのー、届ける書類を忘れてきたようです。ありますか?」

事務員「あっ、あります。」

丁君「よかった。一度戻ります。」

書類は、丁君の机の上にそっくり置いてありました。
事務員がすぐに取れるように書類を玄関の下駄箱に移動しておきました。


丁君が戻ってきて、玄関にある書類を見て
「あっ、やっぱりここにあったんんだ。」

なにー、事務員が机の上から移動しておいてくれたんだぞ。


丁君がお届け終わって再び事務所に戻ってきました。

司「どこで、忘れたって気づいたの?」

丁君「お客様の玄関前で、インターホンを押す前に確認したらなかったので・・・。」

司「恥はかかずに済んだんだね。ところで、書類は机の上にあったんだからね。」

丁君「・・・すみません。」

 

がんばれ丁君。
早く一人前になれますように。


にほんブログ村


司法書士 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます

2017年01月04日 | 日記

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

本日から仕事始め。

まずは、神棚に初詣でいただいたお札をセットして、拝礼。
苦しい時の神頼み。


そして、新年の朝礼。
今年1年の目標を各自発表しました。

地裁、簡裁に新年のご挨拶にお伺いしてきました。

午後からは、司法書士会の仕事始めに参加して、その後も挨拶に回ってきます。

明日からは、たまった仕事を片付けなきゃ。



ランキングがめちゃ下がってます。
みんなクリックしてね。


にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村


司法書士 ブログランキングへ


〒980-0822
仙台市青葉区立町23番19-201号
TEL 022-224-4543
司法書士法人tomoni
代表社員・司法書士 車塚 潤
URL: http://www.tomoni.cc
URL: http://www.tomoni77.com

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

非常食を食べたら・・・

2016年11月22日 | 日記


にほんブログ村

今朝は地震で目が覚めました。

津波警報も出て、あの日を思い出してしまいますね。

ニュージーランドで大きな地震があり、スパームーンもあったので、ちょっと警戒はしておりましたが、久しぶりに揺れるとちょっと怖いですね。
(この辺の話は、本当なのでしょうか?)

保管しておいた非常食の賞味期限が切れそうだったので、ほとんど食べたとき、
「こんな時に限って地震が来るんだよね。」
なんて言ってましたが、現実になりました。

幸い、東日本大震災の時のように、非常食が必要になるほどの被害はありませんでしたが、常に備えをしておかなくてはいけませんね。


 
にほんブログ村


司法書士 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第5話 簡裁代理合格発表 青白い顔するな

2016年09月02日 | 新人日記


にほんブログ村

みなさんの応援が、丁君を成長させますので、クリックお願いします。

昨日は、簡裁代理の合格発表。
外出先に丁君から、メールが届きました。

丁君「今日、午後4時に合格発表なんです。ネットでも見れるんですが、法務局まで見に行ってもいいですか?」
司「いいですよ。」

ということで、丁君合格発表を見に。

丁君が戻ってきた時、私はちょうど来客中。
合格していたら、こちらを見て、OKサインでも出してくれるかと思いきや、目も合わせようとしません。
しかも、青白い顔をしています。

他のスタッフに、
「合格しました。」
とでも報告するかと思っておりましたが、誰とも試験の話をしていないようです。
スタッフもその青白い顔を見たためか、本人から報告がないので、気を使って話しかけていないようです。

お客様が帰られた後、聞いてみました。

司「試験どうだった?」
丁君「うかってました。」
司「それなら、こっちみてニコッとしたら。心配だったでしょ。しかも青白い顔して。」
丁君「すっ、すいません。」

それにしても、合格してよかったです。
合格おめでとう。
これで首にならなくてすんだね。

ところで、合格者数を見て、新人研修で言った言葉を思い出しました。
『この中で、必ず簡裁代理の試験に落ちる人がいます。まじめに勉強しないとだめですよ。』

あんなに口酸っぱく言ったのに。
ふざけていると落ちちゃうんだよ、ねっ、ソーリー


にほんブログ村


司法書士 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4話 象牙事件

2016年08月24日 | 新人日記


にほんブログ村

みなさんの応援が、丁君を成長させますので、クリックお願いします。


当法人には新人の丁君(元G君)が勤務しております。
(なぜ名前を変えたのかは、第2話をご参照ください。)
丁君が一人前の司法書士になるまでの軌跡を、涙と笑いで描いていきます。

象牙、いわずもがなの最高級の印鑑の素材です。
今日は、そんな象牙にまつわるお話です。


丁君が、ついに司法書士登録することになりました。
(本当は、登録できるほど成長はしていないのですが・・・。)

当法人では、登録にかかる費用はすべて負担しております。

まずは、職印を作らなければなりません。
そこで、知り合いのはんこ屋さんを丁君に紹介してあげました。

数日後、丁君は事務所にてはんこ屋さんと打ち合わせをしておりました。
なにか印鑑の完成まで、すごく時間のかかるような話をしています。
(あれおかしいな。数日あればできるはずなのに。)

これでは、当初予定していた登録予定日に間に合いません。

司「丁君、なんで印鑑作るのに時間がかかるの?」

丁君「材料を取り寄せるのに時間がかかるそうです。」

司「なんで、材料がないの?」

丁君「象牙を頼んだので。」

司「・・・。象牙っていくらするの?」

丁君「8万円くらいです(キリッ)。」

司「まじで。一体誰がお金出すと思ってんだYO。」

丁君「自分で出すので。一生ものだと思って象牙にしました。」

司「そっ、そうなの。でも象牙って・・・。」

さすが丁君は、大物です。
登録が間に合わなくても、象牙を選ぶ、ぶれない男。
だから、ゆとりっていわれるんだよ。


そういえば、ついでにはんこ屋さんに事務所の認印を作ってもらうように頼んでおいてと丁君に伝えておきました。

しばらくして請求書が届きました。
滅茶苦茶高い。
なんでだろう、なんでだろうと思って確認すると、象牙ではないですが、高級素材で作成してありました。

確かに
「認印作っておいて。」
と一本だけ高級素材で作ってある認印を指してお願いしました。
でもでも、丁君も含め各自が持っている認印は柘植で作ってあります。


そんな時こそ、確認するんだよ。
だから、ゆとりっていわれるんだよ。

 


にほんブログ村


司法書士 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加