Tigersoul

長い眠りから目覚めた?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

懐古厨

2015年05月21日 23時36分28秒 | 日記
ニコニコやYoutubeで阪神タイガースの応援関連動画を見ていたら、ブログの観戦記録を覗きたくなって、すごい久しぶりにログイン。
こんな途中からメンヘラになったり熱傷のちょいグロ画像を貼り付けてたりする数年間完全放置ブログでも、アクセスしてくれる方がいるもんですね。

コミュ障であるがゆえ、ブログを熱心に書いていた時期に知り合ったタイガースファンの方々とは、メンヘラった時から接することに臆病になってしまって、たいへん失礼なことをしたと思っています。


甲子園へタイガースの応援によく行っていたが、いろんな諸事情が重なり、疎遠になって8年くらいになるのかな。
テレビで野球を観ることも激減した。
昔の熱気はどこへやら。

それでも、応援歌を聞いたり応援風景の動画を見ると血が騒いでテンションが上がるのなんの。


過去の記事を振り返っていたら、結構憶えているもんです。それだけ生活の一部になっていたということなんでしょうね。



タイガースの応援サイトを作っていたころからこのブログを書いていたころに知り合った虎ファンの方々は元気でいらっしゃるでしょうか。



久しぶりに甲子園に行ってみようかな。
でも懐古厨になりそう。

甲子園に行き始めたころの対読売戦は、虎ファンと読売ファンがほぼ半々で応援に気合入りまくりだった。
あの時の球場の雰囲気が忘れられない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの熱傷部位画像UP

2012年02月26日 15時26分31秒 | 日記
熱傷して約2か月半。
先週もなかなかのボロボロっぷりでした。

ある程度動いて負担がかかった午後からが特に痛い。
仕事上、椅子から立ったり座ったりを繰り返すのですが、これが地味にダメージをくらう。
途中からは足を動かしていなくても創部に激しい痛みを覚える。

木曜には出血した様子がはっきりわかる状態だった。
その画像がこれです。


以下、人によってはグロ画像かも・・・要注意













左足下腿全体







左足はこんな感じ。

右足には湿疹のようなブツブツが・・・




正直なところ、かなり精神的に疲弊しております。
ただ言えることは、放っておいても治らない。手当は自分でするしかない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱傷治療は茨の道

2012年02月20日 00時27分39秒 | 日記
2月11日で熱傷して2か月が経過した。

2月初めに強い痛みに襲われた創部。感染症予防の薬を飲んで楽になった。
2月6日からの週は好調だった。

しかし、13日…
起床すると喉がいたい。
私の風邪は喉から。
1月半ばから、『この身体で風邪やインフルになったら洒落ならん』とマスクしていたのですが…

体調と創部はリンクするみたいで、その日から一昨日まで、ずっと微熱といつもより多目の浸出液が。
創部もいつもより痛くて仕事中は熱によるだるさとともにひたすら耐えていました。

昨日病院に行って、浸出液が多いことを伝えると、プラスモイストのTOPをしてみることになった。

これで少し楽になると思った。

右足はいい感じ。
だけど…
左足が痛い。

夜には我慢できずに貼り方を変えたが痛さは変わらず。
痛みが限界に達したので諦めてラップに戻した。
プラスモイストを見てみると血が吸収されていた。

敏感な創部はまだまだ痛いので、ロキソニンを飲んで少し落ち着いた。


で、先ほど創部を手当てしてきた。
楽だった右足のプラスモイストを取ったら、これまた血が…
痛みはマシでも数ヵ所も出血するのはちょっと…。
血がにじみ出してくる始末。

プラスモイストの使用は断念した。
私にはラップしか選択の余地はないようです。


なかなか先の見えない状況に深い溜め息を何度もついていた。

とにかく痛みで疲れ果てた土日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気がつけば2月

2012年02月01日 23時54分09秒 | 日記
1月は仕事復帰に、私を除く家族全員がインフルエンザになり、私自身も体調不良のまま2月を迎えました。

昨日、仕事中の午後から熱傷創面の痛みが徐々に増していき、仕事が終わった夜8時前には数分立っていることさえ困難な状況に至りました。
座っていても創面全体が激しい痛みに襲われました。

帰宅して晩ご飯を食べたあと、いつものように包帯を外す作業に入った時でした。
包帯にラップの端からにじみ出た汚れがついていることはたまにあるのですが、昨日は血が混じったような色をしていました。
そして包帯を外し終えてラップをしている状態の足を観察しました。
やはり血が混じったような色が・・・。
さらに創面の所々が内出血しているような感じの黒みを帯びた状態になっていた。
おまけに体温は37.5度の微熱。

疼痛に発赤と発熱。腫れはちょっとわからないが、もしかして創感染?
と不安が過る。
今日は昨日より痛みは少なく、なんとか仕事を終えたのだが、やはり感染症が気になるので、明日は午前に病院に行って午後から仕事に行くことにした。

昨日からの痛みは負傷間もないときと同じくらい痛い。
だいぶ痛みも少なくなってきたと喜んでいたところだったので、かなり参ってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先週は家族の中で私が一番体調がマシでした。

2012年01月22日 23時00分38秒 | 日記
先週は私を除く家族全員がインフルエンザにかかってしまい、まだまだ万全には程遠い私が看病や家事をすることになってしまった。

看病、家事、仕事、自分の足の治療。
ただただ疲れた。
私自身も夜になると熱が出る日が続いていた。

今は全員回復したのでホッとしている。

私は体調不良継続中。


そんな中、私の足の治療状況ですが、右足は上皮化された部分が徐々に大きくなっている。
右足はこれまでの包帯から関節保護のサポーターに変えた。包帯だと膝の屈伸に難があったが、サポーターで少し改善された。また、ラップの寄った部分が凶器化し突き刺さる現象も改善されたかな。

左足はまだまだ赤い部分がほとんど。
それでも痛みが減りつつあるのは実感している。


この週末は創面を洗う際、シャワーの勢いを少し強めにしても痛みを感じないくらいになってきた。
水温に対しては敏感。
少し冷たいくらいでないと痛む。


来週には創部の画像を掲載したい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近況

2012年01月15日 23時21分07秒 | 日記
熱傷により湿潤療法で治療中です。
先週から職場復帰した。

仕事をしていると、当然のことながら動く機会が増えます。
立っている時間が長いと地味に痛みだす。
立って座っての繰り返しは膝を熱傷している私には結構な負担です。
腰を痛めてしまっているので、これまた厄介です。

さらに動く量が増えるとラップにも負担がかかっているみたいです。
あまりにも創面が痛いので見てみると、ラップが切れてしまい、そこへ巻いている包帯が貼りついてしまっていたことが2回ありました。
他にも、薄い皮膚ができた場所に大きな水ぶくれが出来てしまって、結局その皮膚は台無しなんてことに・・・。

一難去ってまた一難状態ですが、少しずつではあるものの、治っていく様子は確認できています。


足と腰をかばいながらの仕事は精神的疲労が大きくて、ラップ交換のときにはすでにフラフラ。
正直サボりたいこともあるけど、ひどくなったら嫌だから、ため息つきながら治療しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012年1月1-8日 受傷22-29日目 湿潤療法18-25日目

2012年01月09日 11時48分15秒 | 日記
年越し後すぐに親に腹が立って怒った。
怒った瞬間は足の痛みがどこかに消えたのだけど、しばらくすると、ジンジンと痛みが・・・
年始からイライラと痛みで寝られなかった。

2日はこれまでで一番痛みの少ない日だった。
ラップ交換後はピリピリと痛むけど、これも比較的穏やか。

2日のラップして包帯巻き巻き中の足



ラップの貼り付けと包帯の巻き方は本当に試行錯誤。
ラップはピタッとしすぎると、動くときにひきつれ状態みたいになって痛いときも。
包帯もきつく巻きすぎると動くときに同じく痛いときが。
このさじ加減が難しい。


画像より目視の創部はより赤く、毎回見るたびに思うのですが、マグロの赤身の塊をラップしたみたいだと。



次の画像は、1月3日分。
毛孔部分が徐々に上皮化に向かっている。




ある程度動けるようになったらなったで、これまた問題発生。
動いているうちにラップが切れて、そこに包帯がひっついて痛くなっていたのをラップ交換時に知ることに。


次の画像は1月7日のもの。




上が左足。下が右足。
左足でワセリンを塗るときにまだ痛みを覚える部分がある。
そこは皮膚組織のすぐ下に骨のある部分。


包帯した状態が



で、歩くのに可動が制限されるため疲れます。


こんな中、昨日は腰を痛めてしまい泣きっ面に蜂。


明日から職場復帰しますが、階段は普通に片足ごと昇ることはできないので一段一段ゆっくりと。
トイレは和式だとしゃがめないので洋式オンリー。
椅子に座るときと立つときにも注意しないといけない。

明日はヘトヘトになるだろうから、あまり無理をしないように心がけたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011年12月30-31日 受傷20-21日目 湿潤療法16-17日目

2011年12月31日 22時25分44秒 | 日記
もう今年も終わりですね。
まさか、両足にラップと包帯で年を越すとは思いもしませんでした。

下腿の熱傷による湿潤療法でやっかいなのが、運動による皮膚の伸縮機会の多いこと。
足を伸ばした状態を基準にラップをしたら曲げた時に痛み、その逆も然り。

同じ湿潤療法でも、痛みなどは部位によってかなり違ってくるのではないかと思われます。


毎日携帯で写真を撮って掲載しようと思っていたけど、あまり余裕がない(笑)

年始からは仕事に復帰する予定だけど、なかなか疲れそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011年12月28-29日 受傷18-19日目 湿潤療法14-15日目

2011年12月30日 01時12分38秒 | 日記
28日のラップ交換は、これまでで一番痛みが少なかったんじゃないかな。
久しぶりに少し明るい気分になった。

足も以前より伸ばせる状態だったので、横になったときの身体の痛みは軽減された。


ラップを毎日同じように貼っているつもりでも、引っ張り具合は微妙に異なるので、痛みの度合いも異なります。
ちなみに左足にラップした状態が、マグロの赤身を直接ラップした状態に見えて仕方がない。

創処置の試行錯誤はまだまだ続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011年12月27日 受傷17日目 湿潤療法13日目

2011年12月28日 00時36分44秒 | 日記
昨日の夜、これまでで一番の痛みにどうなるかと思った。
朝起きて歩いてみると、きのうの深夜に貼り換えたラップも寝ているうちに馴染んだみたいで、痛みはほぼ解消されていた。
とはいえ、どちらの足もラップと包帯で真っ直ぐ伸ばせる状態ではない。

椅子に座っていると創面は楽だけど腰が痛くなる。
かといって横になると、足の置き方に四苦八苦。
どんな状態でも落ち着けなくて、本当に疲れる。


とにかく少しでも足が伸ばせるようにと、きょうはラップ貼り換えと包帯をする時に意識してみた。

「これならイケるかも」

ホッとしたのも束の間。
いざ歩こうとすると鋭い痛みが走る。

どうやってもラップが寄って、その部分が創面を刺激する。
これもまた時間が経てば馴染むのだろうけど、さすがに辛い。

不意に痛みが走ると北斗の拳のケンシロウになる。
『アタタタタタタタッ』

こんなことで自分を和ませないと、やってられません。

刺激を受けた創面は暖房がいらないほどポカポカ。
これなら節電に協力できそうだね。(涙)

携帯で写真撮ってるけど、パソコンで投稿する気力がありません。
トホホ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加