東京学芸大学男子ソフトボール部ブログ

試合速報・チーム近況・イベント情報など

練習試合 vs 東京理科大学

2017年03月16日 14時22分59秒 | 試合速報
東京学芸大学VS東京理科大学

3月5日に行われた東京理科大学との練習試合の結果をお知らせします。

東京学芸大学|0/0/0/0|0
東京理科大学|7/1/3/×|11

11対0で東京理科大学の勝利


<出場選手>

1(右)三瓶
2(左)佐藤諒
3(中)両角
4(二)佐藤和
5(三)赤木
6(捕)田中
7(一)座間
8(投)伊東→赤峯
9(遊)大村


<バッテリー>
伊東、赤峯ー田中

<長打>

<二>佐藤和、伊東
<三>
<本>

<戦評>
この日は3月になり最初の練習試合。東京理科大学は関東リーグ2位の実力を持っている強豪チーム。それを相手にどこまで食い下がれるかが今日の課題だ。

先攻は学芸大。

1回表
1アウトから2番佐藤諒がライト前ヒットとワイルドピッチで1アウト2塁とチャンスをつくる。更にフォアボールで2アウト1.2塁とチャンスを広げるも5番がショートゴロで凡退。決定機を逃す。

1回裏
フォアボールとヒットで4番の前に0アウト満塁とピンチを作ってしまう。嫌な予感が的中し、出会い頭の満塁ホームランを浴び一挙4点を奪われる。更にフォアボールとデッドボールとピンチを招くと8番打者にもホームランを打たれこの回7点とビッグイニングとされる。

2回表
1アウトから1年生の2本のヒットで2.3塁とチャンスを広げるも、後続が続かずこの回も無得点。

2回裏
この回、先頭打者を抑えるもエラーと盗塁でピンチを招き、6番にヒットを打たれこの回は1点をもったいない形で取られる。

3回表
2者連続三振で2アウトで4番佐藤和。左中間を破るヒットを放つも、相手に野手陣の好連携に阻まれ3塁で走塁死。結果的に3人で終わる形となった。

3回裏
1アウトからヒットとホームランで2点を奪われる。次の打者にデッドボールを当ててしまい、ここでピッチャー交代。代わった赤峯も、先頭こそ抑えたもののその後2人を連続フォアボールで満塁とされ、ヒットで1点を追加されこの回3点を取られる。

4回表
この回2点以上取れなければコールドゲームという場面。しかし、ファーストゴロ、三振、三振とあっけなく三者凡退し、ゲームセット。11対0で敗れた。



この試合の与四死球の数は全部で8、更に被安打は8。
一方、学芸大は四球2と安打数は4、と投手力、打撃力ともに今は大きく劣っている。
この差を埋めて、大会でこのレベルの大学と戦うことになっても食らいついていけるようなチームになれるように努力して行きたいので、今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。


(文責:赤木)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白い光の中に | トップ | 練習試合 VS東海大学 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。