流体機械設計と流体解析シミュレーション

流体機械設計と流体解析シミュレーションを行っている株式会社ターボブレードの社長である林 正基の日々について記載しています

速度複式2段衝動蒸気タービンの設計例

2016年09月15日 | 流体機械設計

速度複式でそれが更に2段の衝動蒸気タービンの設計例です。

タービン入口蒸気が40気圧ぐらいあるため、3600rpm発電機とタービンを直結するためにはタービンブレードの回転数を低速とする必要があり、直径が大きく周速度係数が低い速度複式タービンをさらに2段として発電機に直結できるように設計しています。

速度複式タービンは現在ではロケットターボポンプに使われるぐらいであまり主流ではありませんが、用途によっては今回のように使われます。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 農業地域広域調査用の水平飛... | トップ | 試作機体番号Ki83改 垂... »