タルタマブログ

垂玉の谷から新しい情報をお届け致します。

工事の状況

2017-05-11 | 日記

前回、前々回と地域の事を書きましたが、今回から垂玉温泉の現状を書こうと思います。

熊本地震から1年経ちました。

当館に続く道路は依然として不通のままです。工事も始まっていますが、現状ですとまだあと1年以上はかかる見通しです。

周辺の山や川の工事はまだ始まっていませんが県の方で今後復旧工事をする事は決定しています。

時間はまだまだかかりますが復旧箇所が多い南阿蘇村においてこうした工事を行なっていただけるのは大変ありがたい事だと感じています。

 

垂玉温泉の泉源、金龍の滝の滝壺の工事は現状ですとなかなか厳しい状況ではあります。

ただ、しっかりと温泉は湧いています。

温泉が流れている為、岩肌が茶色く変色しています。

 

G.W明けからこれまで通っていた南阿蘇登山道からの応急道路を本格的に工事するという事で9月まで完全に我々も通行止めとなります。

 

そんな中、昨年の夏以来ボランティアの方に入っていただける事になりました。

次回ご紹介させていただきます。


この記事をはてなブックマークに追加

ナイトストロベリーツアーin南阿蘇

2017-05-11 | 日記

前回は南阿蘇村観光復興プロジェクト交流協議会の事を書きましたが、南阿蘇村で同じく旅館を営んでいる仲間と一つイベントを行った事をご紹介します。

ナイトストロベリーツアーin南阿蘇

南阿蘇の旅館 「心乃間間」さん、「竹楽亭」さん、「みな和」さんとイチゴ農園の「南阿蘇ふれあい農園」さん、お隣のお菓子屋さん「苺凛香」さんとのコラボ企画。

 

旅館での夕食のデザートのタイミングになったら・・・近くのイチゴ農園さんにお連れしてイチゴ狩りを愉しんでいただき、さらに苺凛香さんのオーナーによるお客様の為だけに準備するケーキを召し上がっていただくという内容でした。

 

「南阿蘇のプレミアムフライデー」という事で南阿蘇の素敵な旅館さんと、昼とはまた違った雰囲気の中でのイチゴ狩り、そして到着時に3つのメニューの中からお好みで選んでいただいてから準備するケーキの提供と参加の皆様にはゆっくりと南阿蘇の夜を愉しんでいただけたかな?と思います。

 

地震後、壊れてしまった物、出来なくなってしまった事はたくさんあると思いますが、私たちは村内のお店や農家さんなど新しい繋がりを得る事ができました。

そして何より今も元気に営業している素敵な旅館やお店、農家さんなど「食」の部分をもっともっとアピールしたいと思いました。

この繋がりを大切にして形にしていきたいと思います。

 

現在はまだ垂玉温泉としてファンの皆様や地域に何かこの場所で価値を提供する事はできなくなっていますが、自分自身が動いていく事で少しでも地域や観光の部分で汗をかく事で垂玉温泉を守っていく者としての役割の一つを果たして行ければと思います。

これからもどんどん新しい企画を考えていきます!


この記事をはてなブックマークに追加

4.16南阿蘇村復興イベント

2017-05-11 | 日記

前回のブログから間が空いてしまいましたが、その後の事を書いていこうと思います。

 

熊本地震で被害の大きかった南阿蘇村の68の事業者が復旧、復興に向けて10月にグループを形成しました。

グループの名称は「南阿蘇村観光復興プロジェクト交流協議会」

その後22の事業者が加わり90の事業者によるグループとなりました。

旅館、ホテル、ペンション、レストラン、お土産屋さん、電気屋さん、床屋さん・・・

様々なお店が集まったグループです。

 

そしてこのグループで地震から1年後の2017年の4月16日に南阿蘇村のこれまでとこれからを映す映像作品を上映するイベントを開催しました。

イベントの内容や作品は協議会のfacebookページにUPしています。

https://www.facebook.com/minamiasogroup/

 

私も南阿蘇村観光復興プロジェクト交流協議会の一員として企業協賛、クラウドファンディングを担当し、イベントの成功に向けて動きました。

垂玉温泉のファンの皆様にもクラウドファンディングを通じご支援をいただきました。

 

2017年4月16日、熊本地震の本震からちょうど1年の日。

皆様のあたたかいご支援が形となり村民、関係者など1,200名を超える来場者が南阿蘇中学校体育館に集まりThe Day Project Meeting in 南阿蘇村 Vol.1 を開催する事ができました。

皆様から寄せられたたくさんのご支援とメッセージは私たちに前へ進む大きな力を与えてくださいました。

 

「南阿蘇村の今を残して伝えたい」

残すものは南阿蘇村の風景や村民の姿であると同時に、作品に込められた想い、地震後これまでにたくさんの皆様からご支援をいただいたという事、そしてそれらへの感謝の気持ちを残して伝えていかなければならないと改めて強く感じました。

 

私たちは今後も南阿蘇村の復興、そしてその先へ繋がるよう活動を続けて参ります。

引き続き皆様からのあたたかいご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

本当にありがとうございました。

 


この記事をはてなブックマークに追加

11/6(日)大阿蘇ジャンボリーに出店します!

2016-11-02 | 日記

ここ2,3日急激に寒くなり、すっかり秋を通り越して初冬を感じる雰囲気の南阿蘇です。

今は登山道の工事の為、我々関係者も完全に現地には行けなくなっています。

少しずつ垂玉の谷の紅葉も始まったかな・・・と想像しています。

 

話題は変わって・・・

11月6日(日)に阿蘇のはな阿蘇美さんで行われるイベント「大阿蘇ジャンボリー」に出店します!

イベント詳細はこちらをご覧ください。

https://www.facebook.com/ohasojamboree/

 

という訳で垂玉温泉からは・・・2品出品します!

 

まずは、同じく復興を目指す地獄温泉さんとコラボしたオリジナルTシャツを販売します!

  

 

胸には垂玉の玉をモチーフにしたロゴマーク、背中には地獄・垂玉の文字が入ってます。

垂玉のロゴマークは当館にお越しいただいた皆様にはすっかりご存じかと思いますが、前々からたくさんの方にグッズをご要望をいただいていましたので良い機会になりました。

サイズもS~XLまで取り揃えています 2700円税込 での販売です。

 

もう一つは南阿蘇温泉旅館組合で作っている温泉化粧水「湯の華」です!

実はこの湯の華は垂玉温泉の源泉が使用されています。

皆様に垂玉温泉にお越しいただくまでには長い時間がかかると思います。

ですが、この「湯の華」で垂玉温泉をお持ち帰りいただければ幸いです。

1080円税込 での販売になります。

 

復興までは長い時間がかかりますが、皆様のご支援をいただければ幸いです。

半年以上ぶりにお客様の前に立ちますので、少々緊張もしますが・・・私自身とても楽しみにしております!

皆様のお越しをお待ちしております。

専務 山口雄也


この記事をはてなブックマークに追加

ボランティアの皆さんとの作業を通じて

2016-10-31 | 日記

前回のブログに引き続きボランティアさんのお話をさせていただきます。

学生ボランティア団体の Gakuvoさんに作業をしていただきました。

皆さん笑顔を絶やさず明るく和やかな中にもしっかり個人個人が目的をもって参加されていました。

厨房内の器具の運び出しなど細かい作業で非常に手のかかる作業でしたが、皆さんのおかげで片付く事ができました。

途中、私自身が所要で外したりとなかなかお話しする機会がなかったのですが、皆さんの方から質問を用意してくださっており、当館の歴史やこれからに興味を持っていただいた事やお話しをさせていただいた事はとてもありがたかったです。

Gakuvoの皆さんにも寄せ書きをいただきました。また一つ宝物が増えました。

 

HP http://gakuvo.jp/

地獄・垂玉での活動の様子

http://gakuvo.jp/report/4535.html

 

7月、8月とたくさんのボランティアの皆さんに作業をしていただきました。

全く手つかずの状態、地震や梅雨で起こった被害をどう片づけていくかと完全にストップしてしまった状態の中で皆さんと出会いました。

 

その段階で当館は建物そのもののダメージや周辺の環境のダメージを考慮し、ほぼすべての建物を取り壊さなければならない状態でした。

建物を取り壊し、一旦ほぼ更地にして新しい事業、形でのスタートを目指す方向でしたので、至る所に散乱したがれきや落ちた壁や天井などの片づけは最小限で良いと思っていました。

足の踏み場のない廊下や泥で埋まった看板でさえ毎日見ていると何とも思わなくなっていました。

 

そんな状態でしたので、ボランティアさんにきれい片づけてもらっても結局取り壊したり使わなくなってしまうかもしれないという事に後ろめたさ、「また必ずこの建物を直して旅館を再建します」と力強く言えない事に申し訳無さのようなものを感じていました。

しかし皆さんはしっかりと私の気持ちに寄り添っていただいたうえで毎日毎日、黙々と作業をされていました。

そういった日が続いていく中、足の踏み場もなかった廊下は以前のように通れるようになり、物が散乱していた客室は壊れたところを除けばあの日の前の姿に戻りつつありました。

泥に埋もれていた看板もきれいに拭かれ、湧水が注がれていた水基の石台も地震後久しぶりに見る事ができました。

 

100名近くの学生のボランティアの皆さんが黙々と作業をされ、建物や設備が片付いていく光景を見る中で自分自身の体にも不思議な感覚がありました。

なんとなく手先、足先が冷たかった感じのところに血が通って来た様な感覚でした。

実際に体の状態、血流が悪くなっていた訳ではないのでしょうが、その時ははっきりとあたたかいものを体内に感じました。

それが何を意味しているのかは分りませんが、建物や施設の状態が自分が思っている以上に自分自身とリンクしていたのかもしれません。

ただ、はっきり言えるのは皆さんに作業をしていただいたからこそ感じた感覚であったという事です。

 

その他書ききれないほどたくさんの経験をさせていただきました。

ボランティアの皆さんに作業をしていただく事で、作業が進んだ事はもちろんですが考えを整理する時間を持てた事や皆さんの前で今までの経緯やこれからのお話をさせてもらえたのは本当にありがたかったです。

たくさんの経験をさせていただいた皆さんには本当に感謝の言葉もありません。

いつの日かまた再度訪れていただける時まで「垂玉温泉」を守り続けて行きたいと強く思いました。

 

片づけや作業自体はまだまだ長い時間がかかりますが、一旦ボランティアさんの作業は9月で一区切りとなりました。

10月に入り、今後の事業計画を形にしていく事や、南阿蘇村の観光復興に時間を費やす事も多くなりました。

また後日お知らせできればと思います。

専務 山口雄也


この記事をはてなブックマークに追加