出産祝い、出産内祝いについて調べたこと

自分達が経験した出産祝い、出産内祝いやギフトのマナー、金額、相場などについて調べたことを記録していきます。

出産祝いにベビー体重計は神経質なママには向かないかも

2016年05月31日 09時11分00秒 | お祝いギフト
ベビーギフトにベビー体重計は神経質なママには向かないかもしれません。


少し古い型のベビー体重計を出産祝いではなく、お下がりでもらいました。私は母乳だったので、母乳をあげる前とあげた後で子どもの体重をはかって、その差から授乳量を確認してメモしたりしていました。


これは、よくなかったですね。

「えー、あんなに飲ませたのに30gしか飲んでないの?」なんてことがよくあって、凹みましたから。

ミルクの子は一度に100とか200とか飲ませるわけですごく焦るんです。

いまはまたデジタルで、もっと正確な数値が出るので、ますます母乳育児ママが追いつめられる気がします。


結論から言うと、母乳育児は計算が合わないのが普通なんです。よく飲んで、おしっこが出ていて、機嫌のよい赤ちゃんは大丈夫。

神経質に何度も体重をはかる目的なら、ベビー体重計は家の中におかないほうがいいと思います。

月に1-2回、出かけた先の授乳コーナーで気が向いたらはかる、程度で十分です。出産祝いにするなら、ママ用の体重計のほうがよほど健康的なプレゼントになるでしょう。



プレゼントしていただいたら、半額程度の出産内祝い用のカタログギフトなどの出産内祝いがよいと思います。赤ちゃんの写真を添えてお礼のメッセージをつけるとよい記念になりそうです。

この記事をはてなブックマークに追加