ダイエットと日々 海外旅行

ダイエットしてるわたしの日々と海外旅行

ANA 全日空 ずさんな管理に 盗みを!?

2017-06-22 12:29:09 | 日記
3ヶ月ほど前に、アメリカに遊びに行きました。

ブランドではないですが、とても気に入ったキャリーバックに荷物を詰めて。

アメリカでは、久し振りに会う友達や はじめましてのフレンドができました!

アメリカは大好きで、今回で二度目 続けて行きました。

友達や家族の人たちもあたたかく迎えてくれて、幸せを感じながらの帰国でした。

しかし、ANA 全日空 最後の出口のときにハプニングは起こりました!

私のキャリーバックが見つからないのです!?

私はさすがに不安に思い、手荷物担当の方たちに キャリーバックがないと伝えました。

ですが信じられないことに、国内手荷物担当の男性Nをはじめ7-9人のカウンター女性たちが

皆んな口をそろえてクドクド同じセリフを言うのです。

キャリーバックがなくなっても、保証はできません 規則ですから!規則ですから!

そして壊れてなくなった場合でも同じことです、保証はできません!規則ですから!

誤りのひと言もなく、当たり前のように 規則ですからを繰り返すだけです。

海外から乗り換えたときは、キャリーバックは間違いなくありました。

私自身が運んだので、間違いなく なくなったのは 国内便 ANA 全日空です!

それから手荷物担当の男性Nは、規則のパンフレットを持ってきて 見せつけるのです。

私はあまりの怒りに、国内便の警官を呼びました!警官は2人きてくださいました。

警官いわく、紛れ込んでる可能性があるかも知れないから 3日待つようにと

ANA 全日空でのキャリーバック、結果は当たり前に見つかりませんでした...

ANA 全日空 国内手荷物担当の男性Nは、よくあることなんですよと

しかもブランド物やキャリーバックに付いてる物がなくなることは 多々ありますと

私は怒りをあらわに男性に詰め寄りましたが、謝る姿勢もなく 当たり前ですと男性は言います!

そして出口のカウンターに並んでいる女性たちも、なくなることは当たり前のことで よくありますと

口をそろえてマニュアルを読み上げるのです!

ANA 全日空の荷物を担当する人たちは、いったい どのような管理をしているのでしょうか!?

破損かもと言われても、かけらすら見つかりませんでした。

綺麗さっぱりとなくなることが多々起きるだなんて 信じられますか??

もしかしたら ANA 全日空の荷物を担当する人たち、

もしくはその関係者、無言の承諾で 盗んでいるとしか思えません!

キャリーバックの思い出の品や、手持ちでは危険だと入れて置いたドルやカードなど

ANA 全日空は、謝ることも知らない従業員の集まりだと思いました!

ANA 全日空は、規則をタテに 欲しいキャリーバックやブランド物を 盗んでいると思います!

ひどくむごいずさんな管理をして、従業員たちは規則に守られているのです!

規則にしばられ誤りなく、荷物の管理はずさんで 心を持たないANA 全日空の奴隷たち

今日も明日も、きっと欲しい物を物色して 盗むことばかりを考えている

そう思われても仕方のない状況と態度、私は ANA 全日空 手荷物担当や関係者は

盗みを繰り返しているとしか思えません!

ANA 全日空の規則に、常に守られて 隠れて楽しんでいる...

ANA 全日空は 実にひどくむごいずさんな航空会社だと思いました!

私はこの 盗みを繰り返していると思われる ANA 全日空には、2度と乗ることはないでしょう!!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 最悪の海外旅行 ANAに盗まれ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。