↑ゼロへ。

借金体質完全デトックス

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

うおぉぉーー

2006-03-29 20:12:20 | ごあいさつ

まずは、男らしく、土下座
滞って申し訳ありません・・・・

復活しました☆

記事まとめるのにもうちょっぴり時間ください(焦)

 

コメント (25)   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

特定レポ②~呼出状

2006-02-10 01:01:16 | 特定レポ

今日(もう昨日)9日、届いてました!

以外に早かった…ドキドキです


申立て人sun☆・・・・

第1回目の期日は約1ヵ月後の3月初めの日です


もう緊張してます


しっかり返済計画の準備をせねば

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

きいてください。

2006-02-07 23:28:08 | ひとりごと

リアルなんだけど、微妙な、数ある「ゼロ」後の夢のひとつ

時給800円~900円(交通費別途支給、休み週2)
カフェ喫茶で週5のバイトだけで生計をたてて暮らすこと


返済の心配ナシで、そだねー気にするのは

・家賃
・生活費
・携帯代

これだけっていう生活

微妙~

コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

やってもうた

2006-02-07 11:06:20 | ひとりごと

年に数回ある「やってもうたー」

早速今日、やってもうた

「寝 坊」

起床8:45分 通常6:30

どうしようもないので仮病でやすむことにしました
たっぷり寝てるんだけどなー

おかしいねぇ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初心

2006-02-06 21:36:09 | ひとりごと

「再建する日」と名づけたブログ立ち上げの日の日記にこう書いてました

5月某日
ついにブログに手をそめる
まだまだだ
人の目を気にしてるところが何てあさましい
あそこは決意の場なんだからもっとビシっとしなきゃ

ブログはワタシにとってセラピーになりそうだ
皆さんのおかげです
コメントがはいってるとうれしい
とてもうれしい

一日一日地道にコツコツと進もう
何とかなる

一人の力でどうにもならない時がある
一人で抱え込むととてもつらい

神様お願いだから見捨てないで

まずは意識改革から
自分を見直すという事

つくってしまった借金は仕方がない
いま、この時から意識をかえよう

自分のブログみて、他の人のブログみて励まされます
みんな一生懸命いきている

*************************************

あと3ヶ月で約1年ですねぇ

あんなに視野狭窄に陥ってた日が嘘のように心が晴れ晴れしてます


あぁ、ホントに皆さんのおかげです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特定レポ①~申し立て

2006-02-06 01:19:39 | 特定レポ

2月3日(金) 雪

遂に、仕事を休み、
簡易裁判所へ特定調停申し立てへいってきました

申し立てをした業者は現在残高のある全4社

まずは総合案内で申し立てができる受付窓口を確認

ダイレクトに申し込み用紙とアンケート用紙をうけとり
簡単な記入方法の説明と必要な収入印紙類等、説明をうけました

記入後、売店で収入印紙と切手購入、そしてコピー

あとは番号札をとって順番待ち

10分もたたないうちに呼ばれて、提出書類のチェックをされました

担当の方は中年の普通の温和なおじさんです

「では、4社全社の申し立ててでよろしいですネ?
他にお借り入れされてるところはありませんね?」

アンケート用紙を見ながら(簡単な特定調停認知度チェックみたいなもの)

「ある程度情報収集されてるんですね?何かご質問等はありますか?」
「ご承知のとおり状況次第では不成立になる可能性もあります。
受理後、成立・不成立の確約まで支払いが止まる間は
しっかりお金の管理をしてください。
では、お席でお待ちください」

15分後

「こちらが事件番号になります。借りた先に連絡をしてください。
成立までの間お支払いする必要がなくなりますから。
あとはこちらから、第一回目の調停の期日を書面でお知らせします。
ご自宅でよろしいですね。

いいですね、しっかりお金を管理するんですよ。

はいお疲れ様でした。」

・・・・こうして「事件番号」の書いた紙と当日必要な書類の紙をもらい
申し立て完了

ここまでの所要時間、約1時間半ちょっと
午前中ということと、雪の影響もあってか比較的空いていて
かなりスムーズでホットしました

書類の記入も特にむづかしい事はありません
業者の、所在地・電話番号くらいはメモをもっていけばいいくらい

その後、各社へ申し立てをした旨、事件番号を報告
これがまたドキドキ
ごねられるんじゃないかと思いきや・・・

以外にアッサリでどこも事務的に「そうですか、承知しました。」や
「わかりました、お支払いは結構です。こちらも準備させていただきます。」でおわりました

帰り道、窓口の方の「しっかりお金を管理するんですよ」
頭から離れませんでした

次回は呼び出し後のレポです

●支払いがなくなるので予算委員会変更です●

経費
収入印紙300円+切手420円+コピー代30円×4社分=3000円

 

コメント (8)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

予算委員会

2006-01-31 23:49:15 | 反省と計画

1月31日~2月14日  予定2日aroma教室 3日特定調停へ

前回残高 28016円

収入:73749円
予算:88000円 
-----------------
残:-14251円 マイナス分は残高から捻出

残高予定:13765円

【予算内訳】
・家  20000

・たけ 32000
・皿    20000
-------------お支払いtotal 52000円


・aroma教室 3500
・暮らし1500
・ガソ   4000
・食費  2000
・特定調停代金 5000円位(交通費含め)
-------------total16000円

~mokuhyou

アボーーーーン
お正月休みのお陰で、収入が少なくアッケなく予算オーバー確実に

だけどやってって良かった予算委員会
こういうときイツモのことながら借り入れに走った時代がフラッシュバック

・・・・次の給料日がナゼ我慢できなかったんだろう?

・・・・それだけのことなのに

・・・・まとまな人は我慢できることなのに

遂に今週、特定調停に踏み切ります

 

コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

反省会

2006-01-30 21:37:42 | 反省と計画

1月13日~1月30日

前回残高 30727円

収 入:73098円
予 算:71056円
支 出:75809円
-----------------
残 高:-2711円(不足分は繰越残高から捻出)
繰越残高:28016円

【実績内訳】
・家  20000
・携帯   5056

・P     15000
・クレ  20000
-------------total 35000円


・暮らし 8485(-3485)
・ガソ   4000
・食費  3268(-1268)
-------------total15753円(-4753)

~hansei

「暮らし」の部門には娯楽費も入ります
この娯楽が予算オーバーの原因です・・・・

新春ボーリング大会に新年会が先先週末から集中しますた

あと食費・・・
寒いのにかこつけてサボり気味になってしまいましたー
アレヨアレヨと予算オーバー

ハイ、財布に少し余分にいれてたことが敗因なのです
途中「ヤバイ」とオモテました

↓そんなわけで「何とかお金を使いすぎない」方法を考えてたわけなのです

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

余談

2006-01-30 21:17:35 | ひとりごと

ほとんど余談じゃねーの?ってかんじですけど

反省会と予算委員会の前に

きょう会社で、同期の派遣の子と「節約」について白熱しました
名目上は「一人暮らしのために貯金してる」ってことにしてます

彼女にどれくらい借金があるかどうか定かではないけれど
そこそこのローンはあるらしく「苦しい苦しい」っていってます

論点は「どうやってお金を使わないようにするか」

で、彼女とワタシの結論 
◇全額お金をおろして一旦家に持ち帰る
◇すぐさま袋分けにして予算分を抜く
◇余ったお金は貯金専用の袋にすかさず入れる
◇財布はもたない(クレカ・キャッシュカード)
◇小銭入れに必要な分だけ持ち歩く

お金を使っちゃうのは余分に持ち歩くからだし、
キャッシュカードを持ってると財布にお金がないとおろしてしまうから

急な誘いもホントにお金がないから断固として断れる

ってことは、家に置いておくのが一番使わないんですよね

早速、今日から財布ごと置いて、
小銭いれだけに800円だけいれて過ごしてみました
微妙な額ですけど…

小銭しかないと「使えない」感が増してナカナカいいものです

でもちょっと凍えてきたなと思ったら週に1回は2000円ぐらい持ち歩くことにします

コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ケチ道

2006-01-30 00:47:58 | ひとりごと

わかりやすい

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の著者山田さんの言葉が身に沁みてます
本は読んでませんが去年のレタスクラブの付録がスヌーピーの家計簿だったので
買いました で、その中に山田さんの『さおだけ流』家計のツボが月毎に掲載されてるんです 

そのなかのひとつご紹介します

「ケチ」は合理的なことと考える
赤字家計を脱出するには、
「収入を増やす」か「支出を減らす」かのどちらかしまありません。
「収入」を増やすには、頑張って出世するとか、
土日もアルバイトをして稼ぐという方法が考えられますが、
疲れるし大変ですよね。
やはり手っ取り早くできるのは「支出を減らす」ほう。
食費を節約する、あまり遊びに行かない、安いお酒で我慢する、家も安いところに住む、
これを実行すれば必ず家計はプラスになります。
世間ではこのような人を「ケチ」と呼びますが、ケチは「家計をプラスにする」という目的に対して
最も合理的に行動する人のことなのです。

いんやぁ、
当たり前のことなんだけどこれがナカナカ浪費家、借金依存症にとっては難関なんです
だから赤字家計なだけなんですけどね

コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加