社員のあ・れ・こ・れ

下平建設での出来事や、社員のあんなこと♪こんなこと!?などを紹介します。

上棟式

2014-06-12 10:58:38 | 日記
只今、JV【下平・石上特定建設工事共同企業体】で携わらせていただいている
日方磐神社(ひかたいわじんじゃ)社務所建設工事 の 上棟式が
6月10日の大安の良き日に執り行われました。

地鎮祭では工事の無事を祈り、骨組みを組み立てて棟木を上げた時点で行うのが
上棟式です。

土台が設置され、


骨組みが組まれていき・・・


棟が上がりました!!


屋上には幣束と弓矢を建てました。


屋下に祭壇も整え、上棟式が始まります。



上棟式の式次第は以下のような順序で執り行われます。

①修祓(しゅばつ)
 上棟式に先立ち、屋上・屋下の祭場及び参列者をお祓いします。

②降神(こうしん)
 始めるに当たり、神様に降りてきていただくための祝詞(のりと)をあげます。
 神様は地域の神様、家屋建物の神様、工匠の神様などの神々様達に降りてきていただきます。

③献饌(けんせん)
 饌(せん)とは、供えた食べ物・ごちそうのことです。
 神様にお供えしたものを召し上がっていただくよう、御神酒と水器の蓋を開けます。

④祝詞奏上(のりとそうじょう)
 建設工事がこれからも安全に進行し、無事に竣工するよう祈念します。

⑤清祓(きよはらい)
 屋上に振幣役と槌打役が上がり、発声役や屋下の者たちも含め、
 称唯(いしょう)応声(おうしょう)し、棟木を槌で打ったりします。

 今回はこの後散餅をしました。

⑥玉串拝礼(たまぐしはいれい)
 神様に玉串を捧げます。

⑦撤饌(てっせん)
 御神酒と水器の蓋を閉じます。
 
⑧昇神(しょうしん)
 神様たちに元の場所にお戻りいただくための祝詞を奏上します。

神主様、地域の皆様、設計事務所様、職人さん達のお陰で、滞りなく祭事を終えることができました。
これから一層安全に努めて工事を進めてまいります!!
ありがとうございました。


《追記》
安全、無災害を祈念し、幣束や棟札は小屋裏に納められます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飯島町 飯島自動車工業㈱様... | トップ | 優良工事等表彰式 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。