けっさくWorks

森魚工房作品の展示サイトです。
師範のお手本(笑)と、歴代生徒さんたちが生み出した名品の数々をごらんあれ。

冬のシーズンもの/みなさん

2017-03-08 09:19:55 | 日記
すっかり季節外れになってしまいましたが・・・
かまわず、シーズンもの特集!




クリスマスツリーです。
りょうこ女史の、ファンシータイプ。






明けてお正月には、干支もの。
それぞれ、山口さん、宮下さん、河鍋さんのもの。
可愛く、幸福を運んできてくれそうな。


こちらは、佐藤(直)さんの芸術的なタイプ。
干支は12種類つくっとくと、毎年たのしいですね。


久保田さん作の、大きな土鍋です。
このサイズ感・・・伝わりますかね?


こんな感じです。
ピースもしたくなろうというもの。




ちょっとずつサイズが小さくなってく、こちらも久保田さんの。
人数に応じて、使い分け。




大瀧さんのと、黒田さんのタイプ。
作行きに、つくった人物の個性が出ます。
自作の土鍋をみんなで囲むなんて、冬があったかくなりますね。

陶芸は、制作から焼き上がりまでに、二ヶ月ほどを見とかなきゃいけません。
シーズンものは、ひとつ前の季節か、余裕を見て半年前にはつくっときましょ。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園

この記事をはてなブックマークに追加

キャラもの/みなさん

2016-11-30 10:01:34 | 日記
陶芸といっても、食べ物を盛る器作品ばかりじゃありません。
愉快なものをつくるひとがいるもので。


あっちゃん作の、スヌーピーです。
結構大きくて、小型のわんこくらいあります。
これ、中が空洞につくられてるのですよ。
「好き」という意欲は、なににもまさってがんばる力をくれますね。


小林(メ)さんの、ステゴサウルス陶箱。
背中が開いて、キャンディを隠せます。


同じく、トリケラトプスです。
指輪掛けにちょうどよさそう・・・だけど、どう使うんでしょうか?


カエルちゃんは、塾頭・大矢さんの作。
近くのワイナリーのキャラクターとして活躍してくれます。


磯野さんの、にぎやかしいキッズボックス。
たのしい世界です。
手間を惜しまないからこその、この世界のきらめき。


天才・こまりさんは、結婚して米田さん姓に。
山形に引っ越すので、熊よけ・・・でもないでしょうが、クマの表札。
これを軒先に掲げるだけで、明るい家庭になりそうな予感です。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園

この記事をはてなブックマークに追加

絵皿など/山田画伯

2016-11-15 08:40:05 | 日記
ごぶさたでした。
サボりっぱなしで、すいません・・・
たまってた分を、蔵出し。


現代によみがえった棟方志功か?
山田画伯が描く大日如来さまです。


山田画伯を特集しちゃおう。
こちらは、簡単ぞうがんです。
作品が生のうちに針で引っかいて絵を描き、素焼き後に白化粧土を引っかき傷に埋めます。
「感性ダイレクト派」の面目躍如。


「うるし鉢」です。
スープボウル、って母ちゃんからの指令だったんだけど、和になっちゃいました。
それにしても、このナチュラルな造形ときたら・・・
誰にもまねのできない、素直で美しいラインです。


ぐるぐる皿は、ちょっと裂けちゃいましたが・・・
それにしても、かっこいい。
とにかく、「このひとの手からは傑作が生まれ落ちる」と認識しておかないと。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園

この記事をはてなブックマークに追加

「第5回けっさくWorks展」・8

2015-12-14 10:47:42 | 第5回「けっさくWorks展」



堂々たるM.V.P.、そしてそれを含む三冠を達成したのは、陶芸怪人・横山さんでした。
おめでとうございます。


首振りニャンコ。
鉄の重しなども用いて、よく考えられた構造です。


ニャンコが狙う、サンマ皿。
この絵付け、「ティッシュ画」というこのひとが創始した画法で、くわしい説明はしませんが、ものすごい手間がかかってるのですよ。


梅の巨樹が大胆に配されたこの大鉢は、器部分をろくろ成形したのち、さらに上半分に同じ径の器を挽いてかぶせ、ハンドルの部分だけを残して切り抜いたものです。
怪人にしか発想できない、天才的にしてかつ非効率なプロセスと言えましょう。
ふたつとも中央がヘタッちゃったのは、今後の課題でしょうか。


鉢には、展示途中から、メダカと金魚が入りました。


うねる巨樹の見事な枝っぷりを見上げて泳ぐ金魚ちゃんたち。
この練り上げられた世界観が、受賞をもたらしました。
脱帽するしかありません。


感激の受賞時の模様です。


ご褒美はもちろん、大瀧ちゃん家の「肴・雲龍」さんの3000円チケット。
一家でおいしいものを食べて、お祝いしてください。

次席は花下さんでした。
みなさん、次回もがんばりましょう。
また1年半後に~。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園

この記事をはてなブックマークに追加

「第5回けっさくWorks展」・7

2015-12-10 09:18:16 | 第5回「けっさくWorks展」

「第5回けっさくWorks展」のエンディングパーティで、いよいよアンケートの集計結果と各賞授賞者の発表です。


賞品は、おなじみの名店の飲み券です。
チケットは、もちろんしはんの手描き。


まずは、「たのしカワイ賞」。
伊藤百合子さんが、佐藤直子さんとのデッドヒートを制しての受賞です。
苦労に苦労を重ねた甲斐がありました。




丹念で込み入った造り。
壁に下げるキーボックスになってますが・・・落っことしそうで恐くて、ギャラリーでは掛けることができませんでした。
おうちではぶら下げてちょうだい(気をつけて)。


工房からチャリで5分、北園にある中華の「八」さんのチケットをゲット。
おめでとう~。




「アイデア賞」は、進藤さんへ。
こちらはダントツの得票。


たしかに、すごいアイデアと、苦心です。
陶器と気づかず、かじりついてしまいそう。


大泉学園駅から歩いて5分、コスパがすごい和食の「新家」さんでたのしんでちょうだい。
生ビール一杯分もサービスで付けてくれましたよ。


「努力賞」は、久保田都子さんに。
努力したもんなー、コロシに3時間を費やし、やっとひろげてはへたらせ、1時間をかけて練り直し、つくっては壊し、つくっては壊し・・・
その背中を見てるだけに、感慨深いものがあります。


大皿は、ギャラリーさんの買い上げとなりました。
よかったね。


工房から歩いて5分、焼き鳥の「竹串」さんで、おっさん飲みをしてください。

・・・ところで、実は久保田さんはこの賞の次席でした。
下の賞の受賞者さんたちも、次席です。
M.V.P.の人物が、各賞を総なめ(三冠)にしたために、賞の授与を次席に譲ってもらいました。
ご了承を。






つわけで、「お上手賞」の受賞は、前回王者・大矢さんと・・・




満を持しての初受賞、鈴木りょうこ女史でした。
両巨頭、おめでとうございます。


所沢駅から歩いて15分、元ラ・ピエスさんの大将がひとりでやってる「サンテ」さんまで足を運んでちょうだい。

M.V.P.受賞者は、次回に発表します。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園

この記事をはてなブックマークに追加

「第5回けっさくWorks展」・6

2015-12-03 09:51:06 | 第5回「けっさくWorks展」
さて、真打ちたちの登場。
「奥の島」は、ギャラリーの床の間とも言えるプラチナ席。
大物がそろい踏みです。


カミクボくんの、タイガー&ドラゴン相まみえるの図。
彼史上最大級の作品です。


展示翌日からは、お手製の台座も運び込まれました。
展覧会つづきで、見せ方もサマになってきましたよ。


伊地知さんの絵世界各種。
毎日、いちばん先に工房入りしては、コツコツとがんばってくれてます。


今展でいちばん大きな作品。
窯にやっとおさまる、というサイズです。
時間をかけただけあって、カラフルで見栄えのするものに仕上がりました。


大瀧さんの、屏風型ランプシェイド。
と、「雲龍」さんで使われるであろうお皿です。


こちらは、磁器の薄板を裏側から彫り込んで、明かりが透けて漏れるまでに削ぎ落とした、という意欲作。
賞をあげたかったなあ・・・
天才は、いつの時代も周囲の無理解に苦しみます。


黒田さんの、骨壷二種。
絵付けも丹念で、厳かな雰囲気。


入れてもらえるひとはしあわせですね。
終の住処の後の、永遠の住処です。


だけど、骨壷を用意しておくと、逆に長生きができるのですよ。
しはんの、味噌ツボになりそうなコクーン(まゆ)タイプ。
「再生」をイメージしてます。


アドリブでつくったしゃれこうべには、シロツメクサ。
こんなものつくって、なに考えてんでしょうね、しはんときたら。

ではではみなさま、また一年半後にお会いしましょう。
次回6回展がよりよき展示となりますように。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園

この記事をはてなブックマークに追加

「第5回けっさくWorks展」・5

2015-12-02 09:50:47 | 第5回「けっさくWorks展」
工房展の作品を、順次にご紹介させてもらってます。


「中央島」の最後を飾るは、河鍋さんのプランターカバー。
観葉植物も、ギャラリー展示を彩ってくれました。


パーツをざくざくと貼り付けていった、タル造り方式。
このテキトーさ加減も、いい味出してますね。


つづきましては「向う正面島」の作品群へ。
山口さんのランプシェイドです。


丹念に造形して、釉薬も筆塗り。
手作り感あふれる仕上がりとなりました。


陶の額縁には、お手製のししゅう作品をはめ込みました。
素材感も加飾も、雰囲気にマッチ。
やさしい世界です。


山田くんは、大皿に大胆な絵付け二種。
しはんはM.V.P.に推したんだけど、受賞は逃しました。


もはや画伯の雰囲気を漂わせる画風です。
素直な心、たのしさを表現しようとする姿勢は、どんな技術よりも胸を打ちますね。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園

この記事をはてなブックマークに追加

「第5回けっさくWorks展」・4

2015-11-28 09:04:04 | 第5回「けっさくWorks展」
「中央島」ラストです。


今回展は、ランプシェイド祭りでした。
光にあふれた展覧会、素晴らしい!(普段の展示中は消してましたが・・・)
磯野さんの、吊るしのランプです。


透かしに彫っては、葉をそらせて立体的にした労作。
お家に持って帰って、宿題の作業までしました。
歯医者さんの道具を使ったのかなあ・・・


なんつっても中央島のメインは、器作品。
ランチョンマット上に、日頃の努力のたまものが並びます。
小林(麻)さんの、普段使いセット。


苦労した徳利。
展示後の一杯もうまいでしょうね。
つか、お酒飲めるようになってちょうだい。


独特な絵世界を展開するのは、中嶌さん。
ハリガネ製の樹も自作品。
これでナカシマワールドを構成してます。


撥水剤でコツ描き後、釉薬を塗り込めた絵皿。
盛り上がった腕が力強い。
発想豊かな芸術家さんです。

またいつかにつづきます。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園

この記事をはてなブックマークに追加

「第5回けっさくWorks展」・3

2015-11-27 09:14:41 | 第5回「けっさくWorks展」
「第5回けっさくWorks展」の作品紹介をさせてもらってます。
ギャラリー中央をでんと横切る「中央島」の展示作品のつづきから。


M.V.P.レースで第二席を獲得した、花下さんの作品群です。
さすがはアパレルのデザイナーさん。
バラエティに富んでます。


しかも、どの絵付けもが全くのオリジナル。
キャッチー&ファンシーなたのしい作品世界。


そこに、ちょこっと毒を盛ってます。
目を引きますね。


そろいのお皿をランチョンマット上にコーディネイトしたのは、柏木さん。
統一感があって、まとまった食卓。


きれいに立ったエッジ。
使いやすそうです。
気前よくひとにあげちゃうけど、自分で使って、育てて、感じてみるのもいいかもよ。


ろくろをがんばる、大沢さんです。
だんだんうまくなって、先輩たちを追っかけます。


隠れたところに、ちょっとワンポイントのアクセント。
穏やかに、真面目に、上達中。

つづきます。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園

この記事をはてなブックマークに追加

「第5回けっさくWorks展」・2

2015-11-22 17:43:47 | 第5回「けっさくWorks展」
メインブースである「中央島」の作品群をご紹介します。


真っ向きってのごあいさつ作品群は、サチコさんの作品たち。
葉っぱシリーズで、みなさまをお迎えしてくれました。


ランプシェイドに、プランター、大皿・・・
統一された作風で、世界がまとめられてます。
この見せ方、見習わねば。


壁にも吊るしの花活けが。
いきなり初日にソールドとなりました。


ぶどうの葉と、実をイメージしたデザイン。
お花のチョイスと飾り付けもパーフェクト。


さて、島の逆サイド、しんがりを守るは、プロフェッサー・石本さんです。
裏千家の重鎮にして、池坊のお師匠さんである奥様とのコラボレーション。


自慢の鼠志野に、織部、信楽・・・
のびのびと陶芸をたのしんでくださってる名伯楽です。


そんなご老公さまに、「二人展をしよう」とお誘いを受けて混乱してるのが、田中くん。
シブい世界観が、ぴったしマッチするかもよ。


重厚です。
そして、重い。
重たい。
今しばらくの修行が必要か?

つづきます。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園

この記事をはてなブックマークに追加

「第5回けっさくWorks展」・1

2015-11-22 17:37:58 | 第5回「けっさくWorks展」
工房生たちの作品展「第5回けっさくWorks展」の展示作品を紹介させてもらいます。
まずは、ギャラリー入り口から見透せるブース「正面島」に配置された作品群。




おなじみ、佐藤(直)さんのお家ランプシェイドシリーズが展開。
毎回、洗練が進み、町としてひろがりを見せようとしてます。


愛らしい動物たちも繁殖。
たのしいファンタジー世界です。


宮下さんのお得意は、季節もの。
干支、歳時もの、クリスマスツリー・・・早め早めにつくってシーズン前に焼き上げ、いちばんのタイミングで飾りつけます。


立派な雛飾り。
みなさんも、季節ものはシーズン先取りでつくっといてちょうだい。

つづきます。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園

この記事をはてなブックマークに追加

植物モチーフ/みなさん

2015-08-19 09:19:38 | 日記
植物をテーマにした器を大特集。


サチコさんの、観葉植物ピッチャー。
ジョウロとして使用して、そのまま観葉植物の横に置きます。
いいアイデアですね。


ゴーヤを石膏取りして、それを鋳型にした、進藤さんの快作。
本物そっくりです。


フタモノになってます。
あわてて食べないようにしなきゃ。


横山さんの、タケノコビアジョッキ。
引き出しが多いひとです。


りょうこ女史は、植物のツルを編んでハンドルに。
陶器と有機物とのコラボで、素材感に変化が出ます。


石本さんは、唐津に鉄絵で秋草文。
シブい。


還元炎にあぶられて、酸化と還元雰囲気が酔っ払った「片身変わり」になってます。
名品となりました。


カラフルな線ぞうがんの、佐藤(直)さんのフリーカップシリーズ。
釉調も落ち着いてて、ファンシイな感じ。


柏木さんは、タタラ皿に撥水剤で花の絵をあしらいました。
釉が飛んだ部分の緋色もきれいに出ました。


ここからは、子供祭。
まのかちゃんは、おサルがねらう野菜たちハシ置きをつくってくれました。
上手だなあ。


こちらもまのかちゃん。
丹念で正確。
デザイナーさんにでもなるか。


カイくんの絵皿。
目玉焼きの上に寝そべる自分の夢が周りに。
ファンタジック!


そらくんのサクラは、満開気味。
大胆な構図に奔放な筆致で、たまらん世界観をかもしてます。


むーちゃんの絵皿は、陶器用のクレヨン描き。
子供たちは天才です。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園

この記事をはてなブックマークに追加

いろんなもの/みなさん

2015-04-16 09:11:09 | 日記
ごちゃごちゃにたまった分を、いっきょ蔵出し。


お骨壺です。
黒田さん作。
静謐で厳粛なたたずまい。


一転、ポップでキッチュなフリーカップは、花下さんの。


こちらもです。
どこからインスピレーションがわくのか、彼女の作品はどれも、緻密なのにアドリブ的です。


その相方・ユタカさんも負けてません。
細かい仕事を淡々とこなします。


わざわざ難しい仕事を選んで、修練にはげむかのように没頭。
こちらは絵ではなく、ぞうがんものです。


撥水剤で絵付けをして、その上からルリ釉。
結局、「きらいなのにな」と本人が言う細かい仕事が、本当は大好きなのです。
もっと細密を目指せー。


こちらも撥水剤の絵付け。
梵字がめぐらされたカレー皿は、田中さんの。


一方、正統派の染め付けは、湯浅さんのデビュー作。
この優雅な世界を、どんどん育ててほしいです。


榊原さんは、ついにろくろでワインカップを造形。
この成形方においては、まったくケズリを入れないのですよ。
技術の極みです。
・・・も少し改善の余地はありそうですが。


ろくろに一心にはげむジンさん。
ピタリとそろうものをつくってこい、と母ちゃんに言われて、がんばってます。
器制作は、収納の段階まで考えなきゃね。


収納に苦労しそうな酒器は、波多野さんの。
薪窯で焼いたものです。
いい灰がかぶったり、かぶらなかったり・・・
自然釉は気まぐれです。


銀河長皿。
小林(麻)さんの作。


こちらは、夜空みたいな六角銘々皿。
宇宙がテーマなんでしょうか?
星影が食卓を彩ります。


木戸さんの、市松(チェック)練り込み角皿。
ピンクの練り込み土を交互に配した労作です。
かわいくできました。


・・・が、練り込み技法のワナが。
入念に付けないと、接着面が裂けやすいのです。
だけど、これはこれで使っちゃいましょう。


ついにできた!
山口さんの土鍋です。
なかなか堂々としたたたずまい。
どうか温かい夜を。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園

この記事をはてなブックマークに追加

クチバシもの/みなさん

2015-04-02 11:30:19 | 日記
作陶の頂点。
急須づくりは、みんなの憧れです。
そんな「クチバシもの」特集。


手びねり急須、銘「芳一」。
耳にだけ経を書き忘れたあの怪談にちなんでます。
しはん作。


こちらもしはんのお手本。
焼き締めた手びねりものです。


いじちさんの、ポット。
ファンシーな絵は、白化粧によるもの。


テディのコーヒードリッパーも、いじちさんの。
いろいろに展開してます。


大矢さんの、ティーポット。
ヨーロピアンなフォルム。


りょうこ女史の急須は、スタンダードな形。
売れ筋です。


河鍋さんの、特殊な形状の急須。


クチバシの奥で、茶葉をこします。
苦心作ですが、よくお茶が出るそうです。
実用新案。


大瀧さんの、しょうゆ差し。
にゃんこ式。


手から、シッポから、おしょうゆが出ます。
かわゆすぎ。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園

この記事をはてなブックマークに追加

にぎやかな形/みなさん

2015-01-07 17:24:52 | 日記
新春らしく、にぎやかにいきましょ。
「こんなものもつくれるのか」特集。


お正月用の花生け、ですって。
サチコさんの作は、まりの形です。
優雅。


干支のヒツジさん。
河鍋さんバーション。


伊藤(百)さんバージョンは、薪窯での焼き締め。


しはんのは、ろくろでの風船挽き。
顔の造りも偶然のたまもの。


時計は、文字盤をつくって、裏側からムーブメントをはめ込みます。
黒田さんのかわいい作品。


こちらはいじちさんの。
エレガント。


葉っぱのソーサーに、小枝のハンドルを配したカップ。
小林(麻)さんのシックな世界観。


カトラリーレスト(フォークとナイフ用の枕)も小枝。
精密です。


こちらは、ツタを編み込んだような花器。
中山さんの労作。


煮込みハンバーグ土鍋。
ろくろにはげむ山口さんの快作です。




佐藤(直)さんの、お惣菜容器。
フタがあると、ラップいらず。


心臓を抱くコウモリ。
・・・独特の世界観は、宮本さん。
粘土って、なんでもできるんですね。

東京都練馬区・陶芸教室/森魚工房 in 大泉学園

この記事をはてなブックマークに追加