Rainy or Shiny 横濱ラジオ亭日乗

レトロな音楽を古い欧州製真空管ラジオで流す傍流カフェ亭主の
音楽、自然、文学、美術、写真等についての独り言。。。

あらえびすの本

2017-03-19 15:04:11 | ラジオ亭便り

麗らかな春日和に誘われて大和駅周辺で月に一度開催している古民具骨董市へ出かける。同行のSさんとは定番の昼食場所として決めてあるとんかつ店の開店時間に合流しようということで別行動になる。

此処へ来るといつも嗜好が決まっている土モノ陶器に視線は向かってしまい、この日も萩焼の荒々しくざっくりした土味が湯呑み茶碗の底にあたる高台際付近に面目を発揮している良品に出会うことができた。箱書きもないものだが、陶房で作った量産品のレベルを軽く超えた個人の手業を感じる軽やかな作風だ。萩だったら坂田泥華クラスの一流人が作ったものではないだろうか?と勝手に想像する。

しかし3000円との答えを聞いて吝嗇の虫が鳴き出し購入は否決になる。3000円といえば自営カフェのコーヒー単価6人分の売上と一緒だ。6人を捌くことの重さをこの4ヶ月ほど痛切に感じた月日はなかった。良品が1000円という掘り出し品であったとしても自店の低迷状況から生活の縮小均衡は必須課題と茶碗の景色を眺めながらブレーキをかけるもう一人の自分がいる。

場所を変えて気分転換にここでは見たことも漁ったこともない雑誌や古書の山を覗いてみることにした。どこかの旧家屋を解体した時か、または引越しの不用品から現れたような戦前を含めた捕らえどころのない煤けた書籍がどれでも100円均一とのことだ。中曽根康弘の精神的支柱の一人だったという右翼イデオローグ安岡正篤の本など100円出して果たして買う人がいるのだろうか?と目次をめくりながらとりとめのない想像を巡らせる。

そんな一瞬に現代classic音楽批評の祖ともいうべき、あらえびす著「名曲決定盤 よき曲  よき演奏、よき録音」の昭和14年 中央公論社刊行本が目につく。外箱も壊れ始めているがまぎれもない当時のままの初出単行本だ。このあらえびすさんは多面体の天才を発揮した方で昭和の大ベストセラー「銭形平次捕物帳」の作者でもあった。後年は愛鳥家を纏めた「日本野鳥の会」の創始者でもあったと聞いている。またレコード再生機器としての蓄音機や電蓄についても和洋創成期の機器についての支払った実地見聞投資額が凄かったという逸話も耳にしたことがある。100円本の即買いが嬉しい。

その近くにはドイツの社会学者マックスウエーバーの夫人だったマリアンネウエーバーのみすず書房版「マックスウエーバー1・2」もあってついで買い。あらえびすさん本の読書目的は大正末期から昭和初期のアコースティックから電蓄移行時代 の具体的使用に基づいた機器への秀抜な批評眼を学ぶこと。加えて録音未明期の巨匠演奏家に就いて若い頃に感じた印象の再確認ガイダンス本としても味わいたいと願っている。

営業日案内  3月20・21連休

22日〜25日 12時〜19時平常営業  26日臨時休業 27・28日12時〜19時平常営業

29日 休業日 30・31日 12時〜19時平常営業 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

i-pad 治る

2017-03-09 15:18:11 | ラジオ亭便り

昔、ジャズらしい駆動力を感じて思いつきでギターアンプを改造したモノラルのGE製6550球をメインにしているパワーアンプが長年の疲弊を重ねてとうとう故障した。このアンプではJBLのスピーカーで通称「メヌエット」という名器、LE8TとそのパッシブラジエターPR-8を小さな箱に目いっぱい詰め込んだもので鳴らしていた時期が最頂点である。

ジャッキー・マクリーンとマル・ウオルドロンが共演したプレステッジ盤「4 5  6」のようなバード的血脈が迸るハードバップジャズを色濃く再生するアンプとしてザラザラした音の肌理がお気に入りの一つだった。店を開店する前にボリウムを最大にあげて聴く「センチメンタルジャーニー」の荒ぶる鎮魂歌にはどれだけ癒されて来たことだろう。

真空管アンプ作りを趣味にしてちょくちょくラジオ亭にやってくるNさんがこの故障を機に粗雑極まる回路を見直して修理をしてくれることになった。その代役として1Wにも満たないNさんが自作したアンプとちょっとした修理で復活を果たした米ハーマンカードン社の放送局用真空管アンプがラジオ亭のシステムとして日替わりに活躍している。愛すべき音の抜けと高能率なリアリティが自慢のアルテック403A+JBL-LE20の2ウエイ自作箱がモニターとなって各ジャンルの最適能力を毎日のように確かめる三月も半ば近い肌寒い日々である。

本牧の間門よりの広い街路では白モクレンの並木が開花していると音楽同様に自然の刹那も愛好するやはり常連のDさんが知らせてくれた。パッドが不意の故障から復活してブログ再開。

営業日ご案内 3月10日(金)〜12日(日)12時〜19時  平常 営業  13日(月)休業日   14日(火)〜19日(日)12時〜19時 平常営業  20日(月・祝日)阿佐ヶ谷早稲田通り ラーメン「いろは」巡礼の為休業日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワカケホンセイインコの群れ

2017-02-14 10:16:37 | ラジオ亭便り

日曜日、松戸市のAさん宅に荷物移動(重量物スピーカー)の男手が必要になって助勢に伺う。ご近所で洋食ランチをご馳走になる。その店は開店40年になる大き目な個人店。なかなかの店内活気に刺激されてカツレツを食べたくなった。狭心症をやってからフライの類はラードや脂肪酸が血管に沈殿するので避けるようになって久しい。それでも神奈川の大和の古民具骨董市に見物に出かけた時は近所の路地裏にあるトンカツ店で2〜3か月に一度は絶妙な揚げ具合のロース定食を楽しみにしている。

こちらのトンカツはオリジナルアイデアらしくロース肉の周りを挽肉が覆うという挟み揚げ風。ロース肉の居場所が少なくなるので正攻的トンカツ満足感が遠のく印象がある。しかし挽肉の香りがロース肉に重なっていて別なうま味を呼んでいる。ソースの旨味は同じ価格帯の洋食量販店を軽く凌いでいる。デミグラスソースの化学調味味が漂ってこないので衣とのサクサク一体感が格別で満足した。松戸の後は常磐線の快速で上野に戻る。

 

近くに住む遥か年下の女友達と上野公園口で合流。博物館裏、寛永寺、言問通り南側の路地を散歩する。熱帯性のワカケホンセイインコが大木の梢で寛いでいる。例の熱帯性脱走インコが都内の各地で繁殖しているという種類である。新宿御苑の鈴懸の並木道で目撃して以来の遭遇だ。友達とのお茶は根津と谷中の境目にあるボロ家屋改造カフェ「分室8」を選ぶ。サブ店名は「両生類、爬虫類研究室」とあった。女店主は爬虫類風、生意気感を彷彿させるが気概も感じさせる。1970年代の即興フリージャズが全盛期の代々木モウブ、町田カラビンカ、などへ紛れ込んだ質感の既視体験と同一。

写真は谷中にある新興菓子店「ルクシネ」の美味「石窯シュー」250円

 

営業ご案内

2月16日 (木) 14時〜19時 2月17日〜19日 12時〜19時  平常営業    20日休業日

21日(火)臨時休業日  22日 〜25日(土) 12時〜19時  平常営業    26日(日)休業日

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タンノイ アーデンが来る

2017-02-08 14:00:48 | ラジオ亭便り

70年代のオーディオ全盛期にJBL等と並んでよく売れたイギリスタンノイ社のアーデンという中大型スピーカーがここ数日、横濱ラジオ亭の狭い入り口を塞いでいる。処分したスピーカーの追い金に相当する現品支給品としてやってきた。

輸入発売時から40年近い時を経ているスピーカーだ。このスピーカーはHPD385Aという38センチの同軸型2ウエイユニットが搭載されている。このユニットよりも古い発売時期の通称「ゴールド」ユニットを搭載している38センチ、30センチのスピーカーセットを愛用していた時代もあった。

雑誌などで俗説化しているタンノイはクラシック⁉︎という決まり文句があてにならないことを知ったのもそのゴールドユニット搭載スピーカーと真面目に付き合ってからである。

その後にプロ用モニターブームが素人衆の間で蔓延した時にも九州の由布院にあるカフェに売却したことがある2115システムだったか⁉︎知人からのプロ用スピーカーの下取り品を渋谷にあった事務所で愛用していた時期もある。そんな訳でタンノイとの縁は結構深い。急に紛れ込んだ印象のこのアーデンスピーカーを眺めながら、ラジオ亭におけるステレオ第二セットとしての活用策を思い悩むこの頃である。

今週の営業予定

2月9日〜11日  12時〜19時  2月12日 (日)休業  2月13日〜14日 12時〜19時

2月15(水)休業

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日聴いている

2017-02-05 10:29:17 | ラジオ亭便り

秋に古いアルテックフルレンジスピーカーとJBLツイーターの2ウエイ自作箱を数年ぶりに買い戻した。あれから数ヶ月が経過した。音の表情もジャズ的快活性にも文句のつけようがないこの非有名スピーカーユニットの素性に満足している。

お客さんがとても少ない日々は相変わらずだ。少ない客足はミニマムの日で2人、多い日が9人、このくらいの数字をずっと繰り返している。もしかしたらそれ以上の客足は永遠に望めないのでは?と思うこの頃である。思い出したが、晩期を迎えていた吉祥寺の繁華街にあった「A&F」の大西さんがボヤくように呟いていた客数も確かそんなものだった。店の継続性に希望がもてないような客数だが、客不在時に大きなボリウムで聞く大好きな1950年代後期のジャズが一際、光彩を放っているのでこれに沈潜する半日近い時間がどうやら余生カフェビジネスの救いになっている。

節分を経過して南東の方から射し込む光は柔らかい春を兆している。うららかさを体感しながら、ベツレヘム盤のジミー・ネッパーの苦味成分の多いトロンボーンソロとジーン・クイルの溌剌極まりないスピーディーなアルトの掛け合いが齎す思いもかけない即興次元に身震いをしたり、ビル・エバンスの旋律解体構築の初期技法を濃縮した「EVERYBODY DIGS」の「YOUNG AND FOOLISH」にため息をついたり、店は暇でも感情生活の方は多忙を極めている。                                                     

営業ご案内 

2月6・7日 休業

2月8日〜13日  12時〜19時   平常営業

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加