Rainy or Shiny 横濱ラジオ亭日乗

レトロな音楽を古い欧州製真空管ラジオで流す傍流カフェ亭主の
音楽、自然、文学、美術、写真等についての独り言。。。

ボーカル聴き比べ会の準備

2017-04-23 21:55:02 | ラジオ亭便り

Aさんご提供の独シーメンス小型可搬スピーカーと同じ時期の独SABAフルレンジスピーカーというモノラル小品スピーカーの聴き比べ会を横濱ラジオ亭 にて予定している。駆動アンプはNさんが作ったミニアチュアパワーアンプだ。

これにビンテージベテランのHさんが余興でジョイントさせた米フィッシャーのアルニコマグネット楕円形20センチスピーカー+石膏紙粘土製ホーンユニットも面白い鳴りっぷりをしているので、急遽エントリーすることになった。日時4月29日(土)14時〜17時 参加会費 1000円

今週の営業ご案内   4月24日(月)12時〜15時  25日(火)12時〜19時  26日(水)休業日

27日(木)〜30日(日)12時〜19時

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ ビンテージ 小型スピーカーの聴き比べ会

2017-04-14 20:06:25 | ラジオ亭便り

ドイツならマリーネ・ディートリッヒ、フランスならエディット・ピアフ、アメリカならビリー・ホリディーのような人生の情景が滲み出す歌い手のボーカル再生にピッタリな携行タイプの50年代ドイツユニットがここ数日 ラジオ亭の空気に春の潤いをもたらしている。

真空管やビンテージスピーカーの話題になるとお互いに膝を乗り出す同好の士ともいうべき横須賀在のAさんが期間限定で貸してくれたドイツシーメンス社のハンドルグリップ付きカーゴ型スピーカーだ。もう一つは同じドイツ製の小さなアルニコマグネットを背負っているSABA社の20センチのもの。

これはAさんから物々交換で入手したもので小さな正方形の密閉箱の後面の蓋を外してある。面白いことにシーメンスのキャビネットは緑色の塗装が丁寧に施されていて見た目も美しい。SABA社はコーン紙が緑色に染色されている。緑は50年代ドイツスピーカーの流行色だったのかもしれない等と勝手な推測をしながらありったけのボーカルソフトを聴き比べる暇時間が楽しい。

やはりラジオ亭に1Wくらいの真空管アンプを貸与してくれているNさん製作のミニアンプが活躍している。ほぼ同時代の両者の鳴りっぷりを判別しやすいのは、左右のボリウムが独立している為で左がシーメンス、右がSABAだ。瞬時切り替えしながら好きなリー・ワイリー、ミリ・バーノン、ジュリー・ロンドン等を聴き比べているのだが、どちらとも判定しがたい状況だ。そこで4月29日(土)午後2時〜好きなソフト(但しモノラルのボーカルに限定)の持ち寄り茶会をすることになった。限定10名  参加費 コーヒー+ケーキ付き 1000円   参加申し込みはブログコメント欄に書き込みオーケーです。

営業ご案内       4月17日(月)20日(木)  休業       18・19・21・22・23 各  平常営業12時〜19時

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本牧付近の小径歩き会

2017-04-06 13:45:56 | ラジオ亭便り

ラジオ亭によく顔を出してくれる友人と本牧付近の地山を縫うように点在する谷戸坂や小径を歩く会を始めた。一回目は平日の4月5日。桜も頃合いだろうという予想通りの好天に恵まれる。e

本牧山頂公園付近の小径を愛でようということで5人の知己が集まる。本牧神社の参道は通称アカ桜というソメイヨシノよりも桃に近い赤みがかった早咲の桜並木が街の景観になり始めている。昼を食べた付近の「ハローカフェ」で発行したパンフを眺めていたら、この本牧神社の前身地では大正11年に詩人八木重吉が祝言をあげているなどという初めて知る記載もあった。

山頂公園は本牧神社の背後にあって広い敷地を囲むようようにソメイヨシノ、ケヤキ、クヌギ、ナラのような落葉樹が整然と植樹された明るい公園だ。横浜港の眺望も頗る良好で今まで横浜に長く居ながら足を踏み入れなかったことが惜しまれる。

当日の圧巻はこの公園に近い崖上にあるMさんのお宅での喫茶談笑時間。生活というもののお洒落を真に体得しているM夫人が敷地の周りで最近になって採取した「ミツバ」「ツクシ」「フキ」が都市住宅の密集地本牧の産出という事実に驚く。

 

M夫人お手製のシンプルな蕗煮付けが皆に供されたが、これは最高の春らしい贈り物ということを蕗に潜む繊維の香りを味わっているうちに気がつく。第一回の谷戸坂&小径愛好会はこの芳しい本牧地産蕗が賞味できる寄り道によって成功したようである。

営業日のご案内  4月7(金)〜9日(日)12時〜19時  平常営業  10・11日休業日

 12(水)〜16日(日)12時〜19時  平常営業

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29日 まだ早かった

2017-03-31 21:26:32 | ラジオ亭便り

3月29日は神田川が流れる文京区関口付近の桜名所江戸川公園に寄る。予想どおり川岸の桜は三分咲きだった。

目白通りへ繋がる遊歩道のソメイヨシノは肩透かしだったが、代わりに椿山荘の森を根城にする春先の野鳥類の活性を楽しむことができた。この日の目撃鳥類。ヒヨドリ、小鷺、メジロ、、コガラ、シジュウカラ、川鵜、カルガモ、セキレイ、雀、鳩、鳥をまじかに過ごす時間にはいつも救われている。

4月の予定。

1日(土)2日(日)3日(月)12時〜19時  平常営業      4日(火) お休み  

5日(水)〜9日(日)12時〜19時 平常営業

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あらえびすの本

2017-03-19 15:04:11 | ラジオ亭便り

麗らかな春日和に誘われて大和駅周辺で月に一度開催している古民具骨董市へ出かける。同行のSさんとは定番の昼食場所として決めてあるとんかつ店の開店時間に合流しようということで別行動になる。

此処へ来るといつも嗜好が決まっている土モノ陶器に視線は向かってしまい、この日も萩焼の荒々しくざっくりした土味が湯呑み茶碗の底にあたる高台際付近に面目を発揮している良品に出会うことができた。箱書きもないものだが、陶房で作った量産品のレベルを軽く超えた個人の手業を感じる軽やかな作風だ。萩だったら坂田泥華クラスの一流人が作ったものではないだろうか?と勝手に想像する。

しかし3000円との答えを聞いて吝嗇の虫が鳴き出し購入は否決になる。3000円といえば自営カフェのコーヒー単価6人分の売上と一緒だ。6人を捌くことの重さをこの4ヶ月ほど痛切に感じた月日はなかった。良品が1000円という掘り出し品であったとしても自店の低迷状況から生活の縮小均衡は必須課題と茶碗の景色を眺めながらブレーキをかけるもう一人の自分がいる。

場所を変えて気分転換にここでは見たことも漁ったこともない雑誌や古書の山を覗いてみることにした。どこかの旧家屋を解体した時か、または引越しの不用品から現れたような戦前を含めた捕らえどころのない煤けた書籍がどれでも100円均一とのことだ。中曽根康弘の精神的支柱の一人だったという右翼イデオローグ安岡正篤の本など100円出して果たして買う人がいるのだろうか?と目次をめくりながらとりとめのない想像を巡らせる。

そんな一瞬に現代classic音楽批評の祖ともいうべき、あらえびす著「名曲決定盤 よき曲  よき演奏、よき録音」の昭和14年 中央公論社刊行本が目につく。外箱も壊れ始めているがまぎれもない当時のままの初出単行本だ。このあらえびすさんは多面体の天才を発揮した方で昭和の大ベストセラー「銭形平次捕物帳」の作者でもあった。後年は愛鳥家を纏めた「日本野鳥の会」の創始者でもあったと聞いている。またレコード再生機器としての蓄音機や電蓄についても和洋創成期の機器についての支払った実地見聞投資額が凄かったという逸話も耳にしたことがある。100円本の即買いが嬉しい。

その近くにはドイツの社会学者マックスウエーバーの夫人だったマリアンネウエーバーのみすず書房版「マックスウエーバー1・2」もあってついで買い。あらえびすさん本の読書目的は大正末期から昭和初期のアコースティックから電蓄移行時代 の具体的使用に基づいた機器への秀抜な批評眼を学ぶこと。加えて録音未明期の巨匠演奏家に就いて若い頃に感じた印象の再確認ガイダンス本としても味わいたいと願っている。

営業日案内  3月20・21連休

22日〜25日 12時〜19時平常営業  26日臨時休業 27・28日12時〜19時平常営業

29日 休業日 30・31日 12時〜19時平常営業 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加