Rainy or Shiny 横濱ラジオ亭日乗

レトロな音楽を古い欧州製真空管ラジオで流す傍流カフェ亭主の
音楽、自然、文学、美術、写真等についての独り言。。。

LP レコード近日復活予告

2016-12-05 14:56:24 | ラジオ亭便り

昨日は松戸に住んでいるAさんのビンテージシステムを再訪問して楽しむ日曜日になった。ジュリー・ロンドン、ペギー・リー、ロレンツ・アレキサンドリア、ジャッキー・パリス、サミーデイビス・jrなどの1950年代中期から末期にかけての10インチや12インチボーカル系レコードをたくさん選んでもらって聴けるというボーカル愛好者にとっては嬉しい冬日になった。

最近はアナログと共に死すという風情をますます強めている同行者のベテランHさんも、再生システムと再生サウンドの気持ちが良い融和を耳にして珍しく長居を喜んでいる。この日のハイライトは居並ぶ銘品スピーカーではなくメーカー名も不明なアームスタンドに支持されたレトロな佇まいのスピーカーだった。小さな20センチ径くらいの丸形フルレンジタイプでアメリカのジェンセン社クラスの設備用途用に作られたものと思われる。

e-bayのようなオークションに登場してもその外貌からして好事家が飛びついて躁ぎたてるようなシロモノでもない。これがボーカル再生帯域を色濃く堂々と歌い上げてくれるのに驚いた。私などよりもアナログシステムの深海を潜行してきたHさんのこれを聞いた所見が面白い。スピーカーの再生能力をより高めているのが、Aさんが苦心惨憺の挙句に確立させた音の入り口にあるというのがH氏説だ。つまりアナログプレーヤー、アーム、カートリッジを含めた入り口全体の強化が音の分離の良さ、豊かな音像をもたらしているというのだ。

因みにAさんのプレーヤー構成を尋ねてみた。大型アームは米国グレイ製、回転ターンテーブルは日本コロムビアの初期型NHK局仕様、土台にあたる極めていかついサスペンションフレームはドイツEMT製927の最初期型を改良したものらしい。これらを組み合わせたAさん独自の日米独混成プレーヤーシステムというわけである。

日頃、独自にアナログプレーヤーをシェイプアップしているHさんのカスタムプレイヤーも音の透明な分離性にいつ聴いても感心させらることが多いから説得力のある見解だ。Aさんのプレーヤーによるがっちりした音の再生骨格はやはり趣向を変えたジェンセンの12インチスピーカーにつなぎ変えても同じような音調を保っている。

Hさんならずとも、音は入口に半分以上がかかってるという論理に改めて合点がいく今回のAさん宅再訪問だった。これを機に来るべき新年からは我がラジオ亭でもアナログプレーヤーを復活させようという意欲が湧いてきたこの頃である。

12月第2週の営業案内

6日 (火) 12時から18時 7日(水)定休日  8日(木)〜12日(月)平常営業  12時〜19時

10日(土)14時〜17時 チェット・ベイカーの好きな曲 持ち寄り会  会費ドリンク代➕500円

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チェット・ベイカーの特集します 12月10日

2016-11-28 16:59:41 | ラジオ亭便り

イーサン・ホークが演じるジャズトランペッター、チェット・ベイカーの生き様を描いた映画「Born To Be Blue」(ブルーに生まれついて)を川崎のシネマ109で観てきた。コンパクトなスペースで気分良く映画に浸ることができた。

映画の描き方としては1950年代半ばの絶頂期を過ぎて麻薬に溺れ演奏活動に支障をきたして、なんとか往時のジャズ演奏の復活を企図しながらも思うようにいかなくなったチェットに焦点を当てている。1960年代に入ったイタリアでの麻薬逮捕による国外追放事件から再びヨーロッパ各地を流浪する60年代後半までの時期に該当する。

何とも不安定な居心地のアメリカにおける恋人との愛憎模様を交えた再生物語の谷間に這うように流れるチェット・ベイカーのおはこ曲がどんな流れ方をして、イーサン・ホークがどのように憑依するのか?ここだけが興味のポイントである。イーサン・ホークは歌が良かった。オクラホマなのかカリフォルニアなのか?判然としないが田舎の景物を遠近化した場所に流れる曖昧に霞む「ブルールーム」にもジャズを感じた。仮復活の端緒に噛みしめるように歌う「アイブ・ネバー・ビーン・イン・ラブ・ビフォー」チェットここにあり!の感極まるバラッド、これを聴いていて心の奥底に嗚咽が走るのを防ぐことができなかった。

初冬の雨の日に映画館の闇で聴いたこの曲は私にとっての大切な歌として仕舞われたことは言うまでもない。チェット・ベイカーが日頃好きな知人たちの顔を思い浮かべた。

そこで12月10日(土)は午後からこの映画に触発された知人達を誘ってチェット・ベイカーの好きな演奏曲を各自2曲選出してもらうCD鑑賞会を開くので是非とも推薦曲を持ち寄って頂きたい。午後14時〜   、会費 コーヒー・菓子付き 1000円

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

11月最終週〜12月1週の予定

2016-11-26 16:45:30 | ラジオ亭便り

11月26日の今日からチェット・ベイカーを描いた映画「Born To Be Blue」(ブルーに生まれついて)が上映される。イーサン・ホークが破滅型人生を全うして1988年にオランダで世を去ったチェットのある時期を力演しているとの噂を聞いた。

丁度、横濱ラジオ亭では、過日アップタウンから発売された1954年のボストンのライブハウス「ストーリーヴィル」におけるチェット・ベイカーカルテットの実況遺稿集を今日も流したばかりである。チェット・ベイカーについては1953、4年のパシフィックジャズ時代の初期から晩年のヨーロッパ滞在時代に私家版風に収録したギレギレの嘆息、心境ジャズの極み的演奏までのすべてを愛好している自分としてはこの映画を見逃すわけにはいかない。そんな訳で明日の夕方は映画鑑賞。

感想は近日中に。次週の予定は以下の通りです。11月27日(日)臨時休業、30日定休日、28・29・12月1日・2・3・4 平常営業、時間12時〜19時迄

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご要望の営業日 お知らせ

2016-11-20 11:03:15 | ラジオ亭便り

11月第4週の営業お知らせ。

晩秋の気分に満ちた店主特選バラード曲を中心に流しています。横浜散歩の途中にお立ち寄りください。付近のイタリー山庭園、山手公園の落葉風景が見頃を迎えてきました。12月第1週目までが横浜的落葉風景。

休業日  22日(火曜日)        営業日   月水木金土曜日 12時から19時(但し23日のみ、15時から18時まで「鍋を囲む趣味人の会」)25日(金)都合により14時から営業

新規メニュー追加しました。小豆汁粉、お餅入り500円。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落ちハゼ日和

2016-11-06 11:36:45 | ラジオ亭便り

座間と横浜を往復する日々だ。秋になって横浜市内を流れる昔なじみの大岡川、掘割川沿いの道を通ると、ハゼ釣りに興ずる釣り人の姿を見かける。カフェ移転直後の些事に追われているものからすれば羨ましい光景である。ハゼが深場に落ちないうちに久しぶりのハゼ釣りを思い立った。

10月下旬の風も凪いでいる好日である。都市部の汚泥河川では情緒不足なものだから、かって好釣果に恵まれた深浦港まで足を伸ばすことにした。深浦港は東京湾の抉れが深く切れ込んでいる横須賀の東側に位置するヨットハーバー、田浦漁港等を抱える入江だ。入江の最北部にある田浦漁協の船着場付近がハゼ釣りの私的好ポイントになっている。

しかしこの場所の難点は漁師さんの作業を釣り人が 邪魔することから立ち入り禁止になっている事だ。禁止エリアに近接する遊歩道のフェンス越しに船溜りのポイントへ軽く仕掛けを投げることにした。力余ってキャスティングすると漁船上に仕掛けを絡ませてしまう。また手前の岩礁混じりの底地には貝殻の堆積箇所があってここにも仕掛けを絡ませ易いという悩み多き好ポイントなのだ。

丁度良い場所へキャスティングが慣れるまでには午後の陽は傾くのも早い。しかし以前には好ポイントだった場所よりもこの釣りづらいところがハゼのサイズが大きいことに気がつく。水温が下がってきたがハゼの餌追いは活発だ。もう少し手返しが上手い人ならば、20匹は固いのだろうが、午後の2時間の釣果が10匹余。

帰宅途中の麦田「知味亭」で四川風焼そば、ハゼを捌く前の休憩時間には小布施の栗きんとんと焼き芋という秋めいたオヤツを食す。BGMは新人ボーカルの図太い歌唱力に感銘しつつ、背後を彩るダン・バレットのトロンボーンソロの自在な歌心にも深い感銘を覚える。12日に行われるラジオ亭のボーカル特集ではこの中の1曲について論じてみようと思いつく。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加