Rainy or Shiny 横濱ラジオ亭日乗

レトロな音楽を古い欧州製真空管ラジオで流す傍流カフェ亭主の
音楽、自然、文学、美術、写真等についての独り言。。。

LPを持って

2018-02-10 14:43:48 | ラジオ亭便り
ジャズレコードや旧めのオーディオのことで気が合う友人がいて、千葉の松戸に住む青木さんも数少ないその内の一人。彼とはランプやコーヒー機器、インテリア家具のような趣味上の雑貨まで売り買いをお互いが楽しんでよろこばれている。たまにラジオ亭まで訪ねてくれるが、つい数日前も冬枯れの店まで遠路をはるばる寄ってくれた。去年からセットした79年前の米国ゼニス製ラジオフィールドスピーカーが好調に再生されている事を熟知しているのか、店に来る前に嬉しくも気の利いた気配りも一緒に運んでくれた。途中に寄った中古レコード店でご自分用に購入したLPを広げて店内で試し再生をする事を思いついたらしい。

12月の半ばに寄った時にゼニス製モノラルラジオスピーカーから元気でしかも繊細に飛び出す中域再生の黄金的飛沫をたっぷり浴びているので、どんなLPが適不適は青木さん自身がいちばん分かっている。1950年代半ば頃収録されたディック・ヘイムズのデッカ盤「リトル・ホワイト・ライズ」、デイブ・ペル・オクテットにボーカリスト、ルーシー・アン・ポークがゲスト出演して数曲歌っているバーク&バン・ヒューゼン特集のKAPP盤、

フランス人ボーカリストlianeが歌うフランス、ドイツ、イギリス諸国の歌を纏めたシャンソンテイストな「A Conntinental Cocktail 」などがゼニス向き青木セレクションである。どれもピッタリなソースで文句のつけようがない。ショーティ・ロジャースやジャック・モントローズのようなブリリアントでソロもアンサンブルも自在にこなす立派なサイドメンを従えて歌うルーシー・アン・ポークの「イッツ・クッド・ハプン・ツー・ユー」、

美男・美女が差し向かうカラフルコーティングジャケトのデッカ盤ディック・ヘイムズ。自分所有盤はその昔、小田急線梅ヶ丘にあった「ノスタルジアレコード」で入手したものである。いまの気候にはピッタリなディック・ヘイムズが深みのあるバリトンボイスでしみじみと歌う「この春はちょっぴり遅いよ」等、ゼニスフィールドスピーカーが面目を発揮するソース共々、青木さんと讃えあう冬枯れの店内もちょっぴり温もりを増した気がする。
営業のご案内 平常営業 2月10・11・17・18 12時〜19時
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若狭の干し鰈

2018-01-31 15:57:51 | ラジオ亭便り
本牧に住んでいて鎌倉駅前で新刊書店を経営するSさんとも古い付き合いになる。かれこれ四十年になるだろうか。そのSさんが故郷の加賀に近い若狭湾の立派な「尼鰈」を手土産に持ってラジオ亭へお茶を飲みにきた。1月の10日に風邪を引いて食欲が落ちているときの貴重な香り高いサッパリ食材が嬉しい。

関東以北のカレイは石カレイかマコガレイが冬季の煮魚献立によく登場するが、この若狭カレイは前記のカレイに比すると体高は低く、体色は複雑なまだら模様ではないアイナメのようなモノトーン魚皮が特徴である。身は柔らかくどちらかというと、一塩干しで品の良い味わいが一層増す魚だ。京都の錦、金沢の近江市場では見かけたことがあるが、未だ食べたことがない。冬場の若狭旅行でもして宿泊旅籠の朝食の肴として供されたらさぞかし美味だろうと思い描きながら炙って食べる。

赤みの艶が増している腹子も香ばしい味わいが格別だ。棚田の玄米粥、大根の甘酢漬けとの相性は抜群で、風邪による口の不味さが一時的に退避してくれることになった。
営業日のご案内 平常営業日 2月1・3・4 各日 13時〜19時
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玄米で七草粥

2018-01-08 20:14:18 | ラジオ亭便り
,近所に住むK女さんは生粋のエコフーズ信奉者だ。私はジャンクフーズも食べる日和見主義者だが、K女さんの生活センスというもの、とりわけ食生活における質感の高さを基本的に信頼している。

昨日もユニークな地場野菜を品揃えしている石川町駅近くにあるファミリーマートで静岡は三島地方で栽培した七草粥の為のセットを届けてくれた。

ついでに岡山地方の棚田で作っている「あすなろ米」という低農薬玄米を添えてくれた。七草を熱湯で湯がいてから細かく刻み、鍋でじっくり炊き上げた玄米粥にて煮込む。これを咋年秋に常滑市で買ってきた大ぶりの色絵椀で頂く。副菜は刻み生姜と昆布の佃煮、静岡鞠子近在農家の金山寺味噌、店の正月低迷ムードは相変わらずながら質素な良い時間に満足している七草の日である。

営業案内 平常営業日 1月11・12・13・14 13時〜19時
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018 正月

2018-01-03 11:36:10 | ラジオ亭便り
北風も凪いで青空が広がる2018年中区麦田の元日。年が変わる時間帯に横浜港の方から微かにリフレインする汽船の霧笛を今年も聞いてから眠りにつく。午前は近所の知己と誘いあい、殊勝にも初詣へ出かける。どうせなら人混みも中位、背後の眺望が良くて気持ちも晴れ晴れとする本牧三の谷に近い本牧神社を選んで長閑な散歩気分。参拝後は神社敷地内の古い狛犬や他所から分祀された小さな味のある社等を見物する。


山頂公園へ続く階段の崖斜面では水仙が咲き始めている。山頂公園でしばし横浜港の眺望を愛でてから本牧満坂付近の谷戸小道を辿って麦田へ戻ってくる。午後は元日オープンを図るも旧友2名の来訪と近所の女性知己のみ、今年も暇だね!と笑い合う。知己の持って来てくれた老舗和菓子屋の杵つき餅、瀬戸内特産の醤油、Dさんが静岡鞠子付近で買い求めて来た金山寺味噌、こうした生活の脇役的食材の持つ香りや味の本来性を称えながら其々の懐旧話が盛り上がる。



元日の一曲目は村田浩バップバンドのシリーズCD「TIME FOR FUN VOL 4」から懐かしい曲「ユー・アー・マイ・エブリシング」「デディケイテッド・ツー・ユー」を流す。フィーチャーされた岡田嘉満さんのテナーサウンドの豪快で正攻法なブロウイングにはいつも心が痺れる。今年はこんな味わいを感じるライブを聴きに出かけるくらいの実利的甲斐性を持ちたいものと思うがさてどうなるやら。


営業ご案内 1月5・6・7・12・13・14 13時〜19時 7日日曜日のみ16時迄。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KIKIパンの閉店

2017-12-30 18:26:58 | ラジオ亭便り
JR根岸線の山手駅からほど近い線路沿いにあるパン屋さんの「KIKI」が12月30日で閉店になるという噂を聞いた。このパン屋さんの良質な味は近隣の噂でも自分の舌でも知っていたので惜しい気持ちで予約品を受け取りに行く。Dさんに頼まれていた葡萄入り食パン、ハイグレード食パン、美味しいシチューソース入りのフランスパン等がお目当である。
やはり惜しむファンが多いせいか、開店後の店内は焼きあがったパンが補充される度にすぐに品切れ状態になってしまう。焼きあがるパンを待っている間に、壁面に貼られたこのパン屋さんを讃える気の利いた賛辞コピーを読んでいて驚く。

なんと自分が伊勢原や秦野の山村に仮寓していた時代に何度かギターソロのイベントに招いていたほぼ無名なギタリスト、小川彰さんによる店へのオマージュではないか。世間は繋がっているものと改めて感じる。小川さんは流麗なギターテクニックを誇る方ではなかったが、スペイン等のギター小曲を弾かせると朴訥で稚拙感を味わいにまで換骨するような方だった。惜しくも数年前に急逝してしまって今は北鎌倉に近い小袋谷踏切付近のお寺にお墓があることをDさんに聞いていた。



店から戻って来て写真に収めた小川さんの放浪スペイン時代に体得したと思われる普遍的なパン文化論に共鳴しながら日本で独自に進化した「トルテーニャ」「シチューソースフランスパン」等、閉店してしまうKIKIパンの滋味バリエーションを味わうラジオ亭の歳末となった。
年末年始の営業 平常営業 12月31・1月1日・3日・5日 12時〜19時
コメント
この記事をはてなブックマークに追加