☆のまほう 

Rain大好き!韓国大好き!なオンマの韓国語の勉強記録と日々の気まぐれな思いをつづります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カムジャタン作りました~

2012-03-13 21:59:04 | 韓国
너무너무 오랜만이에요 めちゃくちゃ久しぶりのブログ投稿です

丸大食品のモニターに当選して、カムジャタン作ってみました



味は…私にはやや甘めな味かな?
   娘に食べさせたら「この辛さちょうどいいうまみもすごくいい」と大好評でした。

完成品はこれ


最近はこういう簡単に作れる○○の素が韓国料理でも増えて、手軽に韓国料理が作れるようになりました。
韓国大好きな私にとってはホント助かります。韓国食材買いそろえるのはまだまだ難しいし…
本格カムジャタンとはいきませんが家で食べるのには十分です。
きっとこれからもお世話になると思います



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

韓国キャンプ詳細決定!

2009-06-02 21:43:05 | 韓国
5月31日、韓国外国語大学「ハナ会」のメンバーがキャンプ地の下見に行ってきました。


キャンプ地:「ヨンラク農園」(忠清南道瑞山郡雲山面)

キャンプ期間:2009年8月5日~16日(12日間)

ワーク内容:農業・養豚手伝い、村周辺の清掃、草刈、村人との交流

日程:8月5日 成田発―ソウル着
   8月6日 韓国外国語大学出発―ヨンラク農園着
   8月6日~15日 ワークキャンプ
   8月15日 キャンプアウト―ソウルで打ち上げ
   8月16日 ソウル発―成田着

(例年キャンプ後に、韓国人キャンパー宅へのホームステイや観光を行うため、
キャンプ後すぐに帰国しなくてもOKです。)


永楽(ヨンラク)農園は、1980年代にFIWC関西委員会がキャンプを行った場所でもあり、
古くから関わりがあります。
村は25家族と規模は小さく、養豚や農業で生計を立てており、また村人はみな敬虔なクリスチャンで、
毎日教会に礼拝に行きます。
村の近くには貯水池があり、景色のすばらしい村だそうです。



キャンプに向け、ミーティングを行っていきます。
6月の予定をカレンダーにアップしていますので、確認してください。

韓国キャンプHP http://fiwc-k.com/news/view/10
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりで… お知らせです

2009-05-17 20:23:08 | Weblog
韓日交流ワークキャンプのお知らせです。
2009年8月韓国にて行います。興味のある方はぜひ説明会に足を運んでください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2009年8月の上旬から約10日~2週間の予定で、韓国のハンセン病定着村でワークキャンプを行います。
初海外、ボランティア未経験の方、学生、フリーター、社会人の方、大歓迎です。もちろん韓国が大好きな方など、興味のある方はぜひ説明会に足を運んでみて下さい。


≪2009年8月日韓合同ワークキャンプ概要≫

【滞在場所】韓国ハンセン病定着村(*忠清南道ヨンラク農園または全羅南道ヨンアム農園を予定)
【活動時期】2009年8月上旬~中旬の約10日間 (8月5日または6日~を予定)
【活動内容】農園内の草刈、施設の掃除、村人との交流など村のニーズに合わせたボランティア活動
【募集人数】約20名(*毎年学生や社会人など幅広い年齢層が参加します。)
【参加費】キャンプ費3万円+渡航費、保険代など
【参加条件】事前ミーティング、イベント、キャンプ全日程に参加可能な方。
     *社会人で仕事の都合上全日参加が厳しい方は相談に応じます。
     *特別な技能・語学能力・海外ボランティア経験は特に問いません。



以下の日程で、活動に興味をもっていただいた方へ説明会を開催します。

【2009年日韓合同ワークキャンプ説明会日程】
5月24日 13:00~15:00 大久保地域センター 3階会議室C
5月26日 新宿周辺にて希望者個別説明会(お問い合わせメールまでご連絡下さい。)
5月31日          〃

【会場アクセス】
●大久保地域センター: JR新大久保駅より徒歩8分、地下鉄副都心線東新宿駅徒歩5分


*当日飛び入り参加も大歓迎ですが、配布資料や会場準備の都合上、なるべく事前にお申し込みしていただけると助かります。


FIWC関東委員会韓国キャンプHP:http://fiwc-k.com
個別説明会申し込み・お問い合わせメール:info@fiwc-k.com


FIWC関東委員会 2009日韓合同ワークキャンプリーダー 清水あゆこ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試行錯誤

2009-02-23 23:06:06 | Weblog
mixiとブログの両立って難しい。
しかも、cyworldもはじめちゃったので…
器用じゃない?
移り気?

とりあえず、ここはしばらくお休みして…mixiとcyworldで頑張ってみようと思います。CYなら必然的に韓国語を使わざるを得なくなる?っていうか、意識的に使うと思うので。

というわけで、ヨロブン!CYにお越しくださいませ。コメントは日本語でもOKですからね~

비가 주륵주륵 내려요 http://www.cyworld.com/rainshimawish です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

先週の韓国語講座の復習

2009-02-03 18:28:41 | 韓国
先週の韓国語講座の復習を今日やってる私…だめじゃん

先週はいつもの이정미선생님がお休みで代行の김현옥선생님だった。

문법
(복숩 ~ㄹ 테니까) ~するはずだから(推測)~するつもりだから(意志)
~ㄹ 텐데 ~するはずなので(のに)
       ~するつもりなので(のに)
보기 
모임가 있어요.
영주씨에게 연락했을 텐데 왜 지각할까요?
영주씨는 벌써 집에서 출발헸을 텐데 이제 도착할 거에요.

왜 그 친구가 안 올까요?
아마 도로가 복찹할 텐데 조금 시간이 걸릴 것 같아요.

(복숩 ~다가)~途中、~して
~았/었/였다가 ~したが  …文章の前後の意味が反対

보기
낸장고에서 음식을 꺼냈다가 넣었어요.
넥타이를 맸다가 풀었어요.  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国語講座

2009-01-21 15:32:57 | 韓国
昨日は韓国語講座でした~

인연이 았다.縁がある
인연이 없다.縁がない

옷기만 스쳐도 인연이다.
袖すり合うも他生の縁

세상 참 좀다.




무지개

빨간색
주황색
노랑색
초록색
파란색
남색
보라섹

빨주노초파남보

연두색
하늘색
회색
갈색
겨자색
베이지

무늬

표범무늬
꽃무늬
물방을무늬
땡땡이무늬
체크
얼룩말무늬
무지(무늬가 없는)
바독판무늬


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

韓国に行ってきます^^

2009-01-04 08:33:55 | 韓国
今日から韓国に6日間の予定で行ってきまーす。

夏に行ったワークキャンプの仲間やハルモニハラボジに会いに…

あとはいろいろチャレンジしてきます。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

戻ってきました。

2009-01-03 02:34:13 | つぶやき
気がつけば、もう新年になっていました。
いつ戻ろうか、何を書こうか迷い続けていました。
まだ、その迷いから抜け出せていないのですが、新年になったら再開しようと心に決めていたので、またお付き合いをよろしくお願いします。

8月にお休みを宣言してから、約4ヶ月。その間、私の周囲は激動でした。
その様子はmixiで親しい人にお伝えしてきたのですが、BLOGにお越しいただいていた方にはすっかりご無沙汰してしまいました。

これからのこのブログのスタンスとしては、

①無理しない
②韓国語の学習中心に
毎日は無理ですが、少しずつ再開していこうと思います。

まずは、私の好きな韓国の言葉から。

시작이 반이다.始まりが半分だ(ものごとは始めさえすれば半分成就したも同じだ)

韓国らしい考え方ですよね。


これからもよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しばらくのお休みをいただきます。

2008-08-25 19:07:05 | 韓国
韓国にワークキャンプに行って書きたいことはたくさんあるのですが、整理がつきません。

自分の感じ取ってきた感動をどう伝えたら伝わるのでしょうか?
この感動を薄れないうちに文章にしたいのですが、体力が追い付かずダウンしています。

しばしお休みをいただき、戻ってきますので、それまでごめんなさい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ハンセン病資料館を訪ねて

2008-08-07 09:01:59 | その他
8/1にハンセン病資料館を訪ねました。写真はハンセン病資料館の入り口にある放浪する親子の像です。
今回の韓国行きの事前勉強のつもりででかけました。
その記事をアップしようとして消えたので放置していたのですが、韓国に行く前にやはりアップしておきます。

ハンセン病資料館を訪ねてみて、自分の中にある差別や偏見と向き合うことになりました。私は何もわかっていなかったと思います。
ハンセン病についての知識はあるつもりでしたが、もと患者さんたちのことを何も知りませんでした。

多磨全生園のなかには、病気は治っていても故郷に帰ることのできない人が生活しています。その方たちは、障害はあってもそこで普通に生活しています。
そのことをちゃんと理解できていなかった。
今回、そのことを痛感しました。このワークキャンプで払拭して帰って来れたらいいと思います。この写真は山吹舎…独身男性が一部屋に八人も暮らしていたそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加