枝下用水日記

枝下用水130年史編集委員会は、2015年4月より、「豊田土地改良区資料室」として新たにスタートしました。

2017年2月22日第2回豊田土地改良区公開研究会がおこなわれました

2017年02月22日 | イベント
本日2月22日、豊田市近代の産業とくらし発見館企画展「枝下用水130年史-偉なる哉疏水業-」開催に合わせ、豊田土地改良区で第2回豊田土地改良区公開研究会をおこないました。

10:00-10:30「豊田土地改良区資料室の1年」逵 志保(豊田土地改良区資料室長)


10:30-11:30「枝下用水130年を考える」古川 彰(関西学院大学大学院教授、豊田土地改良区資料室研究顧問)


休憩(質問用紙をあつめて)
11:40−12:00質疑応答
多くのご質問、ご意見が寄せられ、古川・逵では答えられないところは、豊田土地改良区枝下用水地区委員長・岩月幸雄さん、豊田土地改良区工務課長・長谷川芳徳さんに助けていただきました。

当日始まる時間まで「いったいどのくらいの人が来てくれるのだろう?」と全く数が読めませんでしたが、80名もの方をお迎えすることができました(『矢作新報』・『中日新聞』・『中日ホームニュース』・豊田市広報による開催告知、感謝!)。
興味をもって出かけてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

また、本開催にあわせて、カメラマン・安江邦幸さんの矢作川の写真展もありました。

こうして矢作川流域のさまざまなグループが力を合わせていくことは、これからますます必要になってくるように思います。

会場でいただいたアンケート、みなさんのご感想・ご意見は、改めてご報告したいと思います。次回の豊田土地改良区公開研究会もどうぞお楽しみに。
ありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 碑の拓本に挑戦しました | トップ | 「澤流後世」碑再び建立 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。