旅とは決して後悔しないこと!

愛、食べる、歩く、乗るです。

宴会

2017-01-04 15:32:41 | グル・遍
昨日は三津浜駅で打ち止め後、道後温泉本館で身体を温め、









おいでん家で反省会。














旨し!15時でいったんクローズ。



からくり時計





2次会は大街道。



3次会、レディ








貝柱 旨し!生でないのがいい。








4次会、馬酔木




5次会、北海



オーバーボイル



また来年。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三津浜駅 打ち止め | トップ | 岡山イオン »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
謎? (ほくれん)
2017-01-04 21:35:02
また、遊びに来ちゃいました。
2度の歩き遍路をしました。(初めての遍路でpapaと出会いました)
2度目の遍路で、愛媛の女の子が、「なんで他県から、こんなに歩く人がいるんだろう」と思って、歩き遍路をしたと言っていて、初め地元を歩く人に会いました。
うーん、道産子は、雪まつりには行きません。
子供の頃、大通公園と真駒内(知りませんよね)に、滑り台があったころには行きましたが、今じゃ、観光客のためのものです。
比較がヘンですみません。
おせつさんの感覚がうらやましいやら、不思議です。
Re:謎? (おせつ)
2017-01-06 00:43:37
ほくれんさん

歩き遍路なら、確かに、ほくれん さんの言う通り四国の方は少ないと思います。

まあ、地元の方は車遍路ですよ。私らの年になると車遍路の経験のある方は、職場でもチラホラいます。

歩きとなると勧めても相手にしてくれません。


私が、なぜ四国を歩こうかと思ったのは、

ある日、礼文島の「民宿なぎさ」に泊まった時、1人の青年が歩き遍路をしたと言う話になりました。

そう言えば、週刊現代に、薬王寺 - 最御崎寺の間は、山賊が出る。若い女性遍路に悪さをすると書いてあったのを思い出しました。

若い遍路さんも多いなと思いました。


その青年の、お遍路話を聞いてると、なんか気になりました。

実際には次の旅の目的に迷いもあり.......。これといった旅の場所もないと思っていました。(当時は。)

「ご信心してないと、最後は病院のベッドで苦しんで死ななアカンで」と職場の上司の冗談な勧めもあり。


歩き遍路やったろかと思いました。

まあ、その後は皆様と同じですよ。



歩き遍路で森(山)の中を歩いてると、森からは道路の車も運転してる人も見える。

車に乗ってると、森の中や人も見えない。

移動するスピードが速いと視野が狭くなる。歩くと物事もよく分かります。

うん、四国も捨てたもんじゃないぞと、その時思いました。

若いころは、四国から出たい出たいと思っていました。

四国に戻り出張屋になりまして、出張の序に?旅をしてました。旅は四国以外を考えていました。

しかし、お遍路をして、こんなに良い所が近くあると気付いたのです。

お四国病までいってませんが、

気分に合わせて四国を楽しんでます。

1年の半分は出張で四国にいませんが、それが四国を新鮮にしてるのではないと思います。









ありがとうございました。 (ほくれん)
2017-01-08 21:31:31
真摯な返信、ありがとうございました。
Papaの噂どおり、良い人ですね。
わたしは、ちょっと、お四国病にかかって、四国に移住しようかと本気で考えた時期がありました。でも、その時に思ったのは、北海道の素晴らしさです。
うーん、まだ少し、移住したい気もあります。
「食と遍路を考える会」?よくわかりませんが、ナイスなイラストです。
出会った人以外と、遍路の話をしたことがないので、何か催しがあれば教えてください。
そして、素敵な北海道にもぜひ!来てください。
Unknown (おせつ)
2017-01-10 18:41:17
ほくれんさん

こちらこそ、ありがとうございました。

私の返信を読み返すと生意気な返信で失礼しました。


お遍路会や「食と遍路を考える会」ぜひとも参加して下さい。ブログ等でご案内します。

北海道は素晴らしいです。昭和62年2月に青春きっぷで函館に行ったのが最初です。国鉄の連絡船と函館駅の早朝の寒さを思い出します。

当時は学生で、青春きっぷ以外の資金は2万円強しか持っていませんでした。

安宿と車中泊、駅のホームの蕎麦食の旅行。当時はそれでも最高でした。

ご安全に!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。