仙台POSSE(NPO法人POSSE仙台支部)活動報告

仙台POSSEでは、無料で労働相談・生活相談を受け付けています。また、宮城・仙台での被災地支援にも取り組んでいます。

7/21(木)16~22時、「全国奨学金総合相談ホットライン」を開催します!

2016-07-13 10:35:04 | 活動報告(裁判)

「全国奨学金総合相談ホットライン」を開催します!


若者の労働・貧困問題に取り組むNPO法人POSSEでは、7月21日(木)に奨学金の返済に関して問題を抱えている方を対象に、「奨学金総合相談ホットライン」を開催します。
 
 近年、奨学金を返済できない若者が増えていることが注目されており、10日に投開票が行われる参院選でも各政党がそれぞれの公約に給付型奨学金の創設などを盛り込んでいます。しかし、そうした議論は現在起こっている奨学金の関わる被害実態を十分に反映しているとは言えません。

私たちのもとには、将来的な奨学金の返済を考慮して学生のうちからアルバイト中心の生活を送り辞められなくなってしまうというブラックバイトの相談や、奨学金を返済できないほどの低賃金と長時間労働というブラック企業の相談が多く寄せられています。

さらに、この間特に目立つようになったのは、家族の奨学金の保証人になっており、借りた本人が返済不能になってしまったために連鎖的に破綻してしまうという、奨学金による多重破綻の問題です。そこで、今回、奨学金を借りている本人だけでなく、保証人になっている家族からのご相談も受け付けるためのホットラインを開催します。

◆POSSEに寄せられた奨学金に関する相談事例
・「生活困窮のため返済が滞り、裁判所から支払督促が届いた。現在生活保護を受給中で返済不能なことは明白なのに、一括請求されて途方に暮れている」(男性)
・「夫が病気で生活が苦しく、子どもが大学に通うために月12万円の有利子奨学金を借りている。それでも学費を賄いきれないため、週6でバイトをしており留年しそうになっている。バイト辞めて勉強に集中させるためにさらに教育ローンを組んだため、借入総額が1000万円ほどになってしまった」(40代・女性)
・「妹が自分で返済するという約束で、妹の大学進学のための奨学金の保証人になった。しかし妹は病気になり返済できなくなってしまった。ある日突然、利子と延滞金合わせて約700万円の返済をするよう日本学生支援機構から手紙が届いた。払えるわけがなく、このままでは自分も破産するしかない」(50代・男性)

このような相談が私たちのところには日々寄せられておりますが、相談機関につながることができた当事者はごくわずかであり、大多数の方が誰にも相談できずに生活苦に陥っていると考えられます。
 そこで、私たちは多くの方に相談してもらうため、ホットラインを開催することにしました。奨学金返済に関する法的な対処方法だけではなく、労働相談・生活相談の実績を生かした総合的なアドバイスを行います。

◆「全国奨学金総合相談ホットライン」概要
日時:7月21日(木)16~22時
電話番号:0120−987−215 
対象:奨学金の返済のことでお悩みの学生や社会人、および奨学金の保証人になっている家族など
対象地域:全国
通話料相談料無料、秘密厳守です。POSSEの専門スタッフと弁護士が対応します。
※フリーダイヤルはホットライン時のみの番号になっています。
 常時、03-6693-5156で奨学金の相談を受け付けています。


◆NPO法人POSSE(ポッセ)とは?
POSSEは労働相談、労働法教育、調査活動、政策研究・提言、文化企画を若者自身の手で行うNPO 法人です。現在、会員は約250 人、10 代・20 代を中心に、約100 人のメンバーで運営しています。事務所を東京の下北沢、京都、仙台に構え、年間およそ1500 件の相談に対応しています。また、仙台における被災者支援活動や東京での生活相談活動など貧困・生活困窮問題への取り組みにも力を入れています。

事務所所在地・連絡先:
〒155-0031 東京都世田谷区北沢4-17-15 ローゼンハイム下北沢201 号室
TEL:03-6699-9359
   03-6693-5156(奨学金相談専用番号)
FAX:03-6699-9374
E-mail:soudan@npoposse.jp  HP:http://www.npoposse.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「仙台・宮城 無料相談」5月15日(日)の15時~20時で、「解雇・リストラ相談ホットライン」を開催します!

2016-05-09 14:21:11 | お知らせ

  仙台POSSEでは、5月15日(日)15時~20時の時間帯で、解雇・リストラ・追い出し部屋等の離職トラブルを抱えた方を対象とした、無料電話相談「解雇・リストラ相談ホットライン」を開設します。

 最近では解雇・リストラ前の一方的な賃金引き下げや、追い出し部屋に関連する相談が増えています。

 賃下げや解雇・リストラを言い渡されてしまったとき、退職を会社から勧められたとき、多くの人が会社の言うことだからと諦めてしまいます。あるいは、「おかしい」と感じつつも、どうしたらよいのかわからないという方も多いかと思います。
しかし、実は離職トラブルは争う余地があるケースがほとんどで、適切に対処をしさえすれば、会社の対応を跳ね返すことや一定の補償をさせた上での退職をすることもできます。

  離職トラブルはご自身や家族の生活を脅かす深刻な問題です。是非諦めず、お気軽にご相談をいただき、対処法をアドバイスできたらと思います。

【ホットラインの概要】

日時:5/15(日) 15時~20時
電話番号:022-302-3349

相談料は無料、秘密厳守です。専門相談スタッフが対応します。

※上記時間帯には相談スタッフが常時待機し、確実に相談を受け付ける体制をとります。

【過去の相談事例】
① 製造業・正社員Aさん(50歳、女性)
 製造業で管理職として働いていたAさんは、所属部署の閉鎖を理由に希望退職を呼びかけられました。年齢的にも転職は困難であり、家族の生活のためにも簡単に退職するわけにはいかなかったため、それを拒否したところ、今度は別部署への異動を命じられ、賃金を2割ほどカットすると言われました。このような一方的な労働条件の不利益な変更に抗議をしても会社は聞く耳を持たず、賃金カットが強行された上に、それまでの事務職とは異なる部品の測定作業をAさんはさせられることになってしまいました。
 →労働者の同意のないままに労働条件を下げるのは違法とされ、賃金の減額分を支払わせた上で、これまでと同じ仕事をできる環境を会社と約束してもらいました。

② IT企業・正社員Bさん(45歳、男性)
 Bさんは海外との取引を一手に引き受けるベテラン社員でしたが、ある時から上司と折り合いが付かないようになりました。ある時、突然「業務改善プログラム」を受けるように言われ、課題レポートの提出を求められ、何度提出してもダメ出しが続き、結果的に降格か退職かどちらかを選ぶように強いられてしまいま した。
 →Bさんは、業務改善プログラムの過程などを音声、メモ等ですべて記録にとり、リストラの瞬間の交渉に現在備えています。解雇を強行されたとしても、会社の嫌がらせの経緯も明らかなので、無効を勝ち取れる可能性が高いと考えています。

 

 

NPO法人POSSE仙台支部 
相談TEL:022-302-3349
E-MAIL:sendai@npoposse.jp
ホームページ:http://www.npoposse.jp/
事務所:980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-14-20 本町キクタビル601

奨学金に関するご相談はこちらをご覧ください:奨学金Navi
解雇・リストラに関するご相談はこちらのサイトもご覧ください:解雇・リストラ相談センター
未払い残業代の請求サポートサイトです。残業代請求サポートセンター

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【仙台・宮城】 解雇・リストラ・追い出し部屋に関する無料の労働相談を受け付けています。

2016-05-06 12:45:55 | 活動報告(裁判)
 解雇・リストラを言い渡されてしまった時や、退職を会社から強要された際に、多くの人は会社の言うことだからと諦めてしまっています。
また、近年は退職させる方法として、追い出し部屋という手法も増えてきています。
 追い出し部屋に配属された従業員は、それまで行っていた業務とは全く違った業務を行わなければならなかったり、無意味な業務に従事させられたり、仕事を与えられなかったりといった嫌がらせを受けます。徐々に精神的に追い詰められた人は「自己都合退職」に追い込まれるという仕掛けです。
 しかし、これらの解雇やリストラなどは法的に争うことで無効にできるケースがほとんどです。判例でも解雇には厳しい規制がかかっていて、会社の経営が少し苦しい程度では合理性が認められないようになっています。またもし仮に辞める場合でも、自己都合ではなく会社都合にすることで、退職金や失業保険の受給の際、有利になります。

 仙台POSSEでは、こうした解雇や退職に関する疑問やトラブルを解決する為に無料相談を受け付けています。まずはお気軽にご相談ください。秘密厳守、専門のスタッ フがお受けいたします。

労働相談はこちらにご連絡ください。
相談TEL:022-302-3349
E-MAIL:sendai@npoposse.jp


NPO法人POSSE仙台支部 
相談TEL:022-302-3349
E-MAIL:sendai@npoposse.jp
ホームページ:http://www.npoposse.jp/
事務所:980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-14-20 本町キクタビル601

奨学金に関するご相談はこちらをご覧ください:奨学金Navi
解雇・リストラに関するご相談はこちらのサイトもご覧ください:解雇・リストラ相談センター
未払い残業代の請求サポートサイトです。残業代請求サポートセンター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【仙台・宮城 無料労働相談】 賃金(給料)や残業代に関するメール・電話相談を受け付けています!

2016-05-06 12:38:53 | お知らせ


長時間労働をしているのに毎月定額の手当(固定残業代)しか払われない、残業代込みの給与だと会社から言われている、そもそも残業代はつかない、などでお悩みではありませんか? 

ごく少ない例外を除き、使用者は労働者にたいして、実際の労働時間分の賃金を支払わなければなりません。残業代が適正に支払われていないのであれば、残業代を取り戻すことができます。請求するには証拠が必要ですが、出退勤時間を毎日メモするだけでも、タイムカードのコピーでも、立派な証拠になります。証拠があれば、労働基準監督署、労働組合、裁判などどんな方法でも、未払い残業代の額を証明でき、取り戻すことができます。

 仙台POSSEでは、こうした賃金(給料)や残業代の未払いや固定残業代に関するトラブルを解決する為に無料相談を受け付けています。まずはお気軽にご相談ください。秘密厳守、専門のスタッ フがお受けいたします。

労働相談はこちらにご連絡ください。
相談TEL:022-302-3349
E-MAIL:sendai@npoposse.jp



NPO法人POSSE仙台支部 
相談TEL:022-302-3349
E-MAIL:sendai@npoposse.jp
ホームページ:http://www.npoposse.jp/
事務所:980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-14-20 本町キクタビル601

奨学金に関するご相談はこちらをご覧ください:奨学金Navi
解雇・リストラに関するご相談はこちらのサイトもご覧ください:解雇・リストラ相談センター
未払い残業代の請求サポートサイトです。残業代請求サポートセンター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【無料労働相談】仙台・宮城を中心に、無料で労働相談を受け付けています!

2016-05-04 10:32:26 | お知らせ

 サービス残業や違法な「固定残業代」制度などをはじめとする賃金(給料)の未払い、追い出し部屋や解雇といった離職トラブル、求人票と実際の労働条件が違うといった「求人詐欺」など、働き方に関するトラブルの相談が、POSSEには毎日のように寄せられています。

 仙台POSSEでは、正社員・非正規・派遣・パート・アルバイトなど雇用形態を問わず、仙台市・宮城県をを中心に東北地方全域から、労働相談を電話やメールにて無料で受け付けています。事務所(仙台市内)の近くにお住まいでご希望があれば、お電話等でご予約の上、直接お会いする形での相談も受け付けています。

以下のような相談がPOSSEには寄せられています。
 
・働く時間が長すぎる(長時間労働)
・賃金(給料)が未払いになっている
・残業代が固定で払われている(「固定残業代」)
・解雇、リストラ、追い出し部屋
・有給休暇が取れない
・パワハラ・いじめで困っている
・労災を申請させてくれない
・産休、育休を取らせてくれない(マタハラ)
・セクハラで困っている
・ブラックバイトに引っかかってしまった
・求人詐欺の被害に遭った
・内定取り消しをされてしまった

労働相談はこちらにご連絡ください。
相談TEL:022-302-3349
E-MAIL:sendai@npoposse.jp

宮城、仙台にお住まいの方でお困りの方は、お気軽にご相談ください。
匿名・相談料無料で、専門のスタッフが対応いたします。

NPO法人POSSE仙台支部 
相談TEL:022-302-3349
E-MAIL:sendai@npoposse.jp
ホームページ:http://www.npoposse.jp/
事務所:980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-14-20 本町キクタビル601

奨学金に関するご相談はこちらをご覧ください:奨学金Navi
解雇・リストラに関するご相談はこちらのサイトもご覧ください:解雇・リストラ相談センター

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加