ダイキャスト情報室

読者の多いエアベントについて、中身を更新しました。 '17.07.25

フィード角

2016-10-01 | DieCast

興味深い鋳造品を見ることが出来た。可動側に深い製品のため鋳造メーカーの型担当はフィード角を大きく(固定にランナー、急に立ち上がる状態)設定したのだが、同時にゲート部の距離をやや長めの設定をしてしまった。

断面図をつけたが、フィード面に沿って流れた成分が入れ子の表面に衝突し、ゲートスピードが速いことも有り、入れ子のゲート部分がしっかり溶けてしまっていた。その部分を観察すると、ゲート部分で可動側に1回 固定側に1回溶湯がぶつかっているのがハッキリ判った。解決策として、フィード角を小さく+ゲートを厚くしてゲート部分で衝突が起きないようにするよう提案した。

クリックすると拡大します。

ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーストラリア方式ランナー | トップ | 低速域から加速 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

DieCast」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。