神島のコトを知りたいならこのブログ見れば一発だよって言われるのを目標とするブログ。

映画「潮騒」、恋人の聖地、豊富な魚介類、手付かずの自然。伊勢湾に浮かぶ小さな島、神島の魅力を紹介します。

引っ越しをします。

2012年04月05日 | Weblog
いつも見ていただきましてありがとうございます。

以前から使いにくいなぁと思ってまして

引っ越しを考えてました。

いろんな方からのご指摘もあり

ブログ活動の場を変えることになりました。

画像も見やすいと思います。

http://sankaiso.exblog.jp/

 ↑↑こちらです↑↑

このgooブログ自体もこのまま置いておこうと思ってます。

めんどくさいですが、ブックマークのほど

よろしくおねがいします。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

神島に福を!!

2012年02月06日 | 子供のハナシ
2月です。

早いですわ。

日本だけでなく

ヨーロッパでも寒波の影響が凄まじいです。

みなさんご自愛くださいね。



さて、2月と言えば節分ですな。

神島で豆まきと言えば大晦日ですが

先日、保育所の子供達が豆まきしてくれました。



漁協の前です。

子供らしく元気のいい声が

メインストリートに響きます。



今や中学校、小学校を抑えて

15人という最大勢力となった保育所。

やっぱいいですね、子供。

純粋にコノ島に福を呼びそうだもの。



純粋にコノ島から鬼が出て行きそうだもの。

「鬼はぁ外ぉ!」の時

僕の方だけ若干多めの豆が撒かれたのは

気のせいでしょうか。



年長さんは

神島の神事でおなじみの白いツナギ。

なかなか様になってます。


数ヶ月もしたら、彼らも小学校。

入学式にはまた元気な姿が見れそう。

オジサン楽しみ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神島のじいさんばあさん

2012年01月25日 | 神島を考える
今日は「島の旅社」さんのご協力の下

老人会へおじゃまさせてもらいました。

今の神島があるのは先人のおかげ。

神島のコトを知りたいのなら

島のじいさんばあさんに聞くのがイチバンです。

何か新しいことがしたいなら

そのルーツを探るのが基本ですもんね。

温故知新ってやつですか。




といっても堅苦しいものでもなく

雑談の延長みたいなユルイ感じで始まりました。

島の旅社さんが用意してくれた

50年ほど前の写真を元にあれやこれやとおしゃべり。

全員の話が聞きたいトコロですが。

20人ほどいたので無理。

そういうことなら



神島のことならこの人に聞け。

藤原喜代造さん。

鳥羽の市議会議員もされた方。

やっぱすごい

質問したらスッと返ってくる。

祭りのことから漁の話、50年前の家並みの話まで。

時間はいくらあっても足りません。

印象深かったのは堤防の話

島民の安全の為の堤防やテトラポット。

堤防ひとつ作るにも、大事な漁場をツブすことになる。

テトラポットを作れば、引いてしまった浜の砂が

上がって来なくなる。

当時は優先順位をどちらにするかと悩んだそう。

なるほど、と思うわけです。

こういう話は本人に聞かないとわからない。


さらに、何がすごいってコノ人。

神島に係わることをすべて記録し、写真に収め

次の世代へ残そうと必死にされてる。

口にこそだしませんでしたが

誰も知らないところでの苦労はあったようです。


毎月、5のつく日に集まる老人会。

70歳以上が入会のライン。

35歳じゃダメですかね(笑)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

よもぎ餅

2012年01月17日 | イベントのハナシ


どこの地域にも

どこの家庭にもありますね。

受け継いでいってほしいモノ。

子供の頃に

近所のおばちゃんにもらった「よもぎ餅」

激ウマでした

よく覚えてます。

最近は作れる人も少なくなって

でも今の子供らにも食わしてやりたくて。



なんて長男の担任の先生に話してたら

学校でもちつき大会やるよと。

ナイス。

あとは作れる人・・・。

灯台もと暗し。

学校給食のおばちゃん

ミツコさん。

ちなみに僕の同級生のお母さん。

急なお願いにも嫌な顔せずに

快く了解してくれました。



春にとっておいて冷凍してくれてた

神島産のヨモギで

ついたお餅。



キレイな色が出るんですね。



小さい子供には中学生がしっかりサポート。



みんなでワイワイいいながら

ステキな時間を共有できました。




僕の勝手な思い込みを

受け入れてくれた学校の先生方

ありがとうございます。

何より

摘んで、茹でて、掃除して

時間のかかる作業して置いてくれてあった

大事なヨモギを

子供らのために惜しげもなく提供してくれた

ミツコおばやん、ありがとう。

僕、ええ人たちに囲まれてます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六日祭り。

2012年01月09日 | 行事のハナシ
今年は天気もよくてね。

正月の間ずっとね

言うことなしでしたわ。



この祭りは

火を使うんでね。

気をつけないと。

去年なんかすごかったですよ

えらい風で。

火の粉が飛んで

火事にでもなったら大変です。

祭り前後に消防団で放水をします。





八代神社の境内での模様。

元旦に使ったアワ(ゲーター祭りの輪)も飾られてます。

あそこから中へ入って祈祷してもらうんですね。



下の舞台へ降りまして。



弓引きです。

大漁を願って的に射ます。

漁師町にはこの「弓引き神事」が

ツキモノみたいですね。

鳥羽志摩全体でも結構あるようです。

それぞれ色があって面白いですね。


さて、この行事が終ると

正月もひと段落。

11日の例大祭と参宮を残すのみ。

ちょっと寂しい気もしますが

日常に戻るとしますか。


こういう祭りがあるからこそ

日常があるわけですし。

日常があるからこそ

祭りがあるんですよね。


皆さん

今年もよろしくお願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加