猫むっちゃんと私

捨て猫むっちゃんが09年4月8日に産んだ7匹の子猫の里親探しで始めたブログですが、、

風花

2017年07月01日 | 猫たち
パソコンが、カメラのSDカードを読み取らなくなってしまったので
今、ブログには新しい写真をのせられなくて、更新が出来なかったけど、

私にとって大切な事なので、書いておきます。

ルコちゃんが逝ってしまって半月もたたないうちから、風花の調子がガクンと落ちてきて、
ご飯やお水を取らなくなったので、病院で診てもらったら、

腎臓の数値が落ちていて、このまま食べなければかなりやばいと。

ステロイドの注射をして頂いた甲斐あって、少しでもご飯を食べるようになっているので、
ルコちゃんのように、家で点滴をしています。

私ひとりでも点滴ができたルコちゃんと較べ、ふうちゃんは暴れるので、
次男が前足を、ダンナが後ろ足を、私が針を刺して首をつかまえて、3人がかりでやっています。

次男は「点滴の時のふうちゃんは珍しくかわいい」「サイレントにゃーが可愛い」と喜んで来てくれますが、

ダンナは、大体「金のかかる難儀な猫や」とかワルクチを言いながらの参加です。
 ルコちゃんの時もそうだったので、今に始まった訳ではありませんが、、

でもふうちゃんは1年前、私が寝込んでいた最中にも調子が悪くなり、
その時は自分から「しんどいの~」とダンナに言いに来たので、病院で診てもらったら、
やはり腎臓の数値が悪く、明日に死んでもおかしくないと言われてた。

 ダンナや次男や、別に住んでいる長男も動員して何度も病院に連れて行って点滴し、
強制給餌で食べさせて、また元気になっていた。

今回は、いよいよという感じでもありますが、
 まだ自力で食べているのが救いです。



ふうちゃんは、私がテーブルにつくと必ずやって来て、ピョイッと膝に飛び乗って
甘えるのが常だった。
 たまに間違えて次男に飛び乗って、お互いにびっくりして、あわてて飛び降りることも。。

でも今はもう、それは出来なくなってしまいました。

そのかわりに、私がいつもいるこたつの中に、ずっといます。
 時々出て来て寝転んで、なでられると喜んで気持ちよさげな顔をします。


 
 




 以前にアップしたことのある写真を載せました。
笑ってしまうほど、愛らしくない顔つきの猫ですが、こんなふうに愛されて
甘えん坊で、頭の良い、とっても可愛い子です。


慕情

2017年06月05日 | 猫たち
今、お昼にやっている連続テレビドラマ「やすらぎの郷」を
気に入って観ています。

主題歌は、中島みゆきの「慕情」という曲で、
亡くなった愛するものへの想いを
ドラマティックに歌いあげている
胸にせまるものがある、大好きな曲です


愛より急ぐものが
どこにあったのだろう
愛を後回しにして
何を急いだのだろう
甘えてはいけない
時に情けはない
手放しで守るはずの
何かを間違えるな
振り向く景色はあまりに遠い
もう一度はじめから
もしもあなたと歩き出せるなら
もう一度はじめから
ただあなたに尽くしたい

海から生まれてきた
それは知ってるのに
どこへ流れ着くのかを
知らなくて怯えた
生き残る歳月 一人で歩けるかな
生き残らない歳月 一人で歩けるかな
限りない愚かさ 限りない慕情
もう一度出会いから
もしもあなたと歩き出せるなら
もう一度出会いから
ただあなたに尽くしたい

むっちゃん

2017年06月05日 | 猫たち
パソコンがHDカードを読み取らないので
新しい写真を載せられないので、前に撮ったむっちゃんの写真です


ここは、ルコちゃんの点滴をする場所で、
ホカペを敷いて、脱脂綿や補液をあたためておきました。

 「ルコちゃ~ん、点滴しようよ」と私が呼んだら
ルコちゃんはどこからでも走って来て、ぴょいっと椅子に乗るのだった。

ぬくぬくなので、こうやってむっちゃんが占領していることがよくあり、

その時には、ティッシュの箱や、そこらにあるものを
むっちゃんの体の上にのっけていくと、
 むっちゃんは、すぐに退散してくれるのだった


 ルコちゃんは、ちんまりと収まっていたのに
はみ出ているむっちゃん。

 なんたるデブ猫。


 デブ猫親子



ルコちゃんにあたたかな気持ちを寄せてくださった
neneさん、あいママさん
ありがとうございました。
 慰められました<(_ _)>

ルコ

2017年05月29日 | 猫たち
 ルコが横になっているそばに来て、
はしっこにちょこんと座る風花です

 


 私のドーナツ座布団に座るルコちゃん



 いつもすぐそばにいる



 最近、ベランダに出るのが大好きで、
じょうろから、お水を飲んだ後は、室外機の上で日向ぼっこを楽しんでいた。




「ルコちゃん」と呼ぶとこっちを向いてくれた




 こんなに可愛かったルコちゃん


 5月26日金曜日 16:45に亡くなりました。

前日は
ベランダに出て、しばらく遊んで、
 お刺身を食べて、

当日は、朝、調子が良くなさそうで、点滴をして
 私は実家に行って、ダンナに見てもらっていた。

3時頃帰って来て「ルコちゃん、ただいま~」と言ったら
 「なでて~」というふうに、頭をのけぞらせるので頭と喉をなでなでしたら
手をフミフミしていた。

 チュルをゆるめて注射器で食べさせたり、お水をあげたりして

「抱っこしようね」って胸に抱いていた。

そして、ルコちゃんは、私の腕の中で、逝ってしまった。。

 7歳7か月でした。



次の日に、用があって出掛けなくてはいけなくて、
ついでにたまに行く服屋さんに寄って
「母親が病気やし、猫が死んでん。。」と言ったら、

服屋のおっちゃんが
 「そら、親も猫も先に死なんとあかんわ」と言ったので
「ほんまやな~」と思ったけど、
「お母ちゃんは、まだ死んでないけどな。。」と思った。

でもおっちゃんは
400円まけてくれて、UV手袋もタダでくれたのだった。


 私がメソメソしていたら、次男が
「風ちゃんをルコみたいに可愛く整形したらええんとちゃうか」なんて言ってくる。

 ルコはルコだけで、他に替えようがないのに。


でもルコはうちに来て、幸せだったな~と思ってる。
 ルコが私の事を一番好きだったのも分かってる。



 

 


ルコとむっちゃん、春駒劇団

2017年05月05日 | 猫たち
私の後ろの場所に仲良く坐る2匹です


写真を撮ると、むっちゃんはガン見、ルコはあっちを向いちゃいます。




春駒劇団の2人の女優さん

 手前の目のぱっちりした志穂さん、芝居も踊りも頑張って、上手くて好感が持てます。
 切れ長の目の真琴さんはキャリアは浅いそうだけど、
   落ち着いた感じの芝居と、踊りも品が良くて可愛いです。


21歳の花形の天君と、志穂さん



天君の女形

天君は声の出し方が独特で心地よく、男役も女形にも色気がある。

ルコと、春駒劇団弟座長の美波大吉さん

2017年05月03日 | 猫たち
私の坐ってる後ろにいるルコちゃんです



お腹をなでて~とコロリン


ルコちゃんの首輪はオレンジで、後ろにお花が見えるのですが、
 次男はいつも「なんでこの猫だけ、花ついてんねん」って文句を言います


女形は、さわやかな美しさの19歳の大吉さん



 女形のお芝居の上手さに、ダンナは感心して「また見たい」と言うので何度か観に行きました。


剣舞はめちゃくちゃカッコいい












こんなに2枚目だけど、お芝居でのとぼけた男の子役が可笑しくて可愛くて
 会場内は爆笑が何度も起きました
そして最後は、泣かせるんですお芝居のうまいこと、自然体というか。

春駒劇団、今回初めての劇場だったので、お客さんが満員でないこともあったようだけど、
 「すごく一生懸命でプロ意識があるんで、又見たい、応援したい」とお客さんが皆言っていた。

来月には、隣の区の劇場に来るので、今から楽しみにしています。

ルコと、大衆演劇・春駒劇団の座長の遥さん

2017年04月30日 | 猫たち
こたつにドーナツの座布団で、私が坐っているそばにいるルコちゃんです。

 新聞やらトイレやらあるのは、ルコが最近どこにでもおしっこしちゃうからで、
私はわけあって、この場所にずっといるんだけど、
 目が覚めると、腰のあたりがびっしょりという事が、これまでに3回あったりするので


なんか手が甘えんぼみたいになっている


春駒劇団ですが、
29日の千秋楽は、クラッシックのチケットを買ってたので、行けなくて残念でした。

兄座長の遥さん、20歳(初日に父の総座長が21歳と言ってたけど、、)



弟座長の大吉さんと、剣舞。



さすが兄弟で、すごく息が合った激しい立ち回り。


この舞踊は春駒さんならでは、です。
どの写真もぶれるほどに激しい動きで、気合を入れてないと怪我をすると遥さんも言っていた。



フィナーレで私が大好きな曲で踊ってくれて嬉しくてノリノリ
 まるで、ロックコンサート

 手前が遥さん、奥が大吉さん。動きが激しいのでちゃんと撮れなかったのですが、
こんな感じということで。。


 私は、たまたま会えちゃったんだけど、 
遥さんって、素はこんな感じでボクサーみたいな雰囲気で話しかけにくそうだけど、
 話しかけたら、気さくに色々と話してくれました。

舞台上を駆け回っていて、カロリー消費はハンパない
 思わず、遥さんはアスリートみたいやねって言うと、ふふふと笑ってはりました 

ピノと春駒劇団

2017年04月22日 | 猫たち
3匹で仲良しな可愛いピノ。
大きいし太っているので小熊のようです

 ピノは顔を撫でられたり、お尻をトントンされるのが大好きで、
横座りしている私の足を、後ろ足でツンツンと踏んで催促する。

 無視してると肘をそおっと噛んできてかわいいが、
突然「ふにゃぁ~」と怒って、背中に跳び蹴りをくらわせる。
これがけっこう痛くって見たら背中にはひっかき傷が、、
 
以前お風呂で、小さい子から「背中が傷だらけ」って言われたこともあるんだよ



今月、私がよく行く演芸場で上演中の春駒劇団の2人座長さん。
 手前が20歳の遥さんと19歳の大吉さんのご兄弟です

 遥さんは、気迫ある踊りと現代的な感覚が素敵で
大吉さんは、女形が美しくて上品で、お芝居に引き込まれる。



花形の天くん、21歳
女形も男役も、とっても色っぽくて
 じっと見つめてくる美しさに、私の隣席の若い子が「きゃ~っ」となってた。
 綺麗な顔と、しぐさの美しさにとても21歳とは思えずに
送り出しの時に「何歳からやってるの?と聞いたら
「8歳からっすよ」っと、これは21歳の男の子の感じで答えてくれました

 開演前にこの3人が出迎えしてくれていて、
気さくに話してくれるのも楽しくて、サービス精神があるな~って思います。

 お父さんの総座長はやはり貫録あって見応えがあるし、
お母さんは、抜群に歌が上手く、美人の若い女優さんが二人、
渋い役者さんは昔ながらの大衆演劇そのもので、
 見応えのある舞台です。

もう一人、まだ若手の華奢な男の子がいて、真剣なんだけどなんか面白い
 この前のフィナーレの時、立ち回りの勢いが過ぎて、かつらを落として、
舞台でつるっぱげになってしまった

  これまでで、一番笑った。。

 この間、あるミュージカルを観に行ったけど、一番高い席をはりこんだのに、
前の席に二人の背の高い男の人が来たので、見にくくてストレスだった。
 最後はスタンディングオベーションだったけど、確かに良かったけど、
大衆演劇なら、毎日スタンディングオベーションものだわ。
 だけど、何故か大衆演劇のお客さんは帰る支度に忙しくて、
フィナーレの最中から服着てる。
 
 大入りの手打ちの直前に、舞台の前を通って帰ろうとしてるおばあさんだっているんですよ

 大衆演劇って、日本の良さを体現して、
現代の良さも取り入れた古くて新しい文化なのに、
美しさは、宝塚にも劣らないのに
 友達を誘っても、なかなか行こうとしないのはすごく残念。
映画を観るような感じで、演劇も観たらいいのにな。

 役者さんの一生懸命さには、素直に心が洗われる。

佐山さんのガチャポン

2017年04月12日 | 猫たち


佐山さんのガチャポンの、ご飯を食べる茶トラちゃん。

 可愛いです



トイレしてるのと毛づくろいしてるのもゲットしたかったなぁ~

 なんで、邪魔するかなぁ。

ほんまに、腹立つ

ピノ

2017年04月08日 | 猫たち
どこにでもいるキジトラの大きめのオスの猫のピノ。


今日、8歳になりました。

誰にでも優しくて、ちょっと恐がり。
風花からは好かれているが、風花と姉妹のルコちゃんからはなぜか嫌われていた。

 母猫のむっちゃんからもうざがられ、

普通、ただ1匹の雄で一番大きいとなれば
 家のボス猫と君臨しているはずだろうけど、ボスの片りんは全くない。


 かなり~な甘えんぼ



 


なでてくれ~甘えさせてくれ~、とにゃあにゃあ啼いて、
わざと無視していると私の背中に跳び蹴りをくらわせる。




4年位前に、猫作家の佐山泰弘さんに作っていただいたピノです。
10センチ位の大きさで、精巧に作られています。


どの角度から見てもかわいらしい。



この前、たまたま見つけた300円のガチャポン。
 佐山さんの猫4種類×2色の8種類です。

 5回やって、1個同じのが出たのを、友人にあげました。チャトラが寄り添っている分。

あと2種類、トイレしてるのと、毛づくろいしてるとこがあったのです。
チャトラと、白黒ちゃんで、あと4個出したかったのに、

 一緒にいた家族が「ええかげんにせえ!」とせかすので、
又次来た時にしようとしたら、次に行った時には機械がなくなっていました


 私、ガチャポンも好きなんです。
又写真を撮ってみます。

ブロッコリー

2017年03月13日 | 公開する記事
 この前、ダンナと八百屋さんの前を通りかかり、
立派なブロッコリーがあったので「これ買おう」と言って
えらんでて、横に来たダンナのかごの中にブロッコリーを入れようとしたら
 何故か、逃げる。

「なんでっ」とイラッとして、もっと強引に入れようとしたら
もっと避ける。

 「なんでやのっ」と思って、顏見たら、

  知らんおっさんがちょっと怒った顏してた。。。

「あっ」っと思って、

 「すいません~ダンナと間違えた~」と言ったら

「わしは、かまへんけどな」とオッサンが言った。

帰ってダンナに、こんなんやったんや~と話して、
かまへんけどな、と言うのは、私が嫁でもかまへんのか、
 ブロッコリー買ってもかまへんのか、どっちかな。

と言ったら、「そら、ブロッコリーやろ」って。。 

      悪かったね

4匹揃って

2017年02月27日 | 猫たち
むっちゃんとピノと風花の3匹はよく一緒にいるけれど、
ルコが加わって4匹でいるということは、ほぼなかったのに、

 
 とうとう撮れた。4ショット。
「ちょっと~」っと呼んだら、むっちゃんとピノが向いてくれた。

風花とルコが痩せてきたので、
 大きさの違いがハンパない。

前にもまわって撮ってみた。

 ルコちゃんがチラリとこっち見た

ここのこたつの所が私の定位置で、
 ルコはずっと私の横にいる。

本当にまるくなって、甘えん坊になったルコです
 前から、かわいかったのだが、ますます可愛いルコ。

ルコ、あやめ劇団

2017年02月18日 | 猫たち
 昨日は雨模様でしたが、妹と久々に顔を合わせ、
ダンナと次男と4人で、大衆演劇の観劇に行きました。

2月興業中のあやめ劇団、座長の姫猿之助さん


女役で

 迫力のある方なんです


花形男役のきららちゃん

 宝塚の男役スターさんみたいにかっこよくて、
狭い舞台上で前転、バック転を決めて、初めて大衆演劇を観た次男さえ感動してました

 次男はUSJが大好きでいつも一人で出かけて楽しんでる。
夏には路上パフォーマンスにはまってたし、
モンスターマジックのファンで、ビートルジュースの演技にいつも目を光らせている。
そんな次男なので、あやめ劇団はぴったりかなと思って、
 今回誘ったら行くと言ったのに、朝には3時間も無理と渋ってた。

でも退屈せずに観て、きららちゃんには感心してたし、
猿之助さんがビートルジュースやれば、最高やろな~と言っていた。

写真は上手く撮れなかったけど、美しい阿国ちゃんのお人形の踊りは素晴らしかったし
ダンナも妹も、とても感動していました。
 私は、千秋楽も行く予定。楽しみです


ルコちゃん、眼がきれいになり、可愛さ復活です


私がピカッとするので、写真嫌いになって、カメラを向けるとすぐに横向く


私がいつもいるこたつの所にぴったりと張り付いています。

 
 ご飯も食べ、水も飲んでいるので、点滴は1日おきにしています。






ドラマ「武則天」

2017年02月12日 | 猫たち

 むっちゃんのかわいい白手


BS12で夕方放映している中国歴史ドラマ「武則天」を楽しみに見ている。
 録画して見ていて今40話位だけど、まだまだ終わる気配はない。
唐の時代、皇帝の側室のヒロインが、女性の皇帝に登りつめる話です。

 後宮の女性たちの衣装、髪型や髪飾り、耳飾り、化粧など豪華絢爛で、
 衣裳の胸元はすっきりと開いていて、
絹をふんだんに使ったフワフワでヒラヒラの極彩色を重ね着してて、
天女の羽衣の物語の天女の姿とそっくりで、本当に美しい。
 美しさを競う彼女らのいでたちが、私には一番の見どころです。

 そして身分が高くなるにつれ、豪華さは増して髪型などすごい事になってる。

ただ身分がどれ程高くても、皇帝の一言で転落して罪人になってしまう。
 関係性では妻であるはずの側室も、血を分けた息子も。
 なので、女性は皇帝の寵愛を得ることに、男性は皇帝の座に就くことに執着している。

 1000年後の日本でも江戸城大奥のドラマで同じような仕組みになっている。
権力と愛憎と術策とがからみあい、争うのは人間の本質の一面なのかなと思う。

 たった一人の権力者に左右される運命というのも、仕方ないにしても愚かで悲しいなと思う。


 フォン・ビンビンという主役の女優さんは本当に美しい人です。
吹き替えでなく、中国語なので、中国語の言い方の特徴が伺えて面白い。

例えば皇帝の息子が、ヒロインに「武姉さん」と言うのです。
「武」はヒロインの姓です。
 その息子、後に3代目の皇帝になり、憧れていたヒロインを側室に迎えるのです。

昨日、録画中のものをたまたま見たら、その男が皇帝になっていて、ヒロインは妊娠していた。
 皇帝の正室やその子ども、側室の子どもやら出て来てて、新しい物語の幕開けという感じ。

まだまだ楽しみです。

ルコとピノ、私の近況

2017年02月10日 | 猫たち
リビングのストーブの前でくつろぐ2匹です



一緒に居ても平気なルコ



なめても怒らないルコ



昨夜は、シンフォニーホールに大阪フィルの演奏を聴きに行きました。

 座席が、オーケストラの前ではなく背後の2階席だったので、
楽団員の楽譜や楽器を弾く様子などが上から良く見えて、
 とっても面白かった。

楽曲はオペラのお馴染みの曲が多くて、楽しかった。

 私はオペラやミュージカルが割に好きで、
少し前には映画「レ・ミゼラブル」にはまって、一日中観ていた。

 次男とダンナは、あまり好きではなく「なんで悲しいのに歌うたいだすんか意味わからん」
とか言う。
 でも長男はたまに遊びに来た時に何度も見せて、私同様にはまらせてしまいました。

 この前、初めて家族一緒にカラオケに行った時にレミゼの「ワンデイモア」をセットしたら、
しまった!原語の英語だったけど、長男とふたりで何役もして何とか最後まで歌いきった。

 「民衆の歌」は日本語だったので、ダンナまでしっかり歌えて(毎日かけるから覚えた)

♪列に入れよ我らの味方に、砦の向こうに世界がある。戦えそれが自由への道~♪

と大合唱になり気持ちよく歌ったが、部屋の外で聞いた人は
 「なにかの政治団体の会合?」と思ったかもしれないな。


3年前に独立するまで、平和な時はあまりなく、私とは抗争を続けてきた長男だけど、
 どこかしら好みなどが私と似ているのかもしれないと思う。

昔からダンナは長男のことが大好きで、私は次男が可愛くて仕方ないけど、
 人間的に似てるのは、私と長男。次男とダンナなのかもなぁと、最近思う。



ブログ非公開にしますと書いたけど、また書いている。。
 特に非公開にすることもない記事ばかりだし、
また普通に書いて行くのかも。。
 公開して人に知ってほしい事もあるし。

 あいつと、あいつとこの猫大丈夫か、と気にしてくださっている方たちがいるのが、
人数のカウンターでも感じられてありがたい。

私はかなり大丈夫になり、ルコはご飯しっかり食べて眼もきれいになり、生きられています。
 読んでくれてありがとう。
面白いと思ってくれたら、かなり嬉しいです。