ブログ引っ越し

※広告が気になるので、下の“FC2ブログ”に引っ越します。↓
http://clairvaux939.blog.fc2.com/

これからも、“お付き合い”願えたらと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「3番目の地震の山場」予測(改めて)

※言うまでもなく、私は、
2011.3.11東日本大震災(M9.0)の「3番目の地震の山場」として、
【2012年(7月〜10月)】を予想(予測)しています。

しかし「3番目の地震の山場」になると、過去の地震でもバラツキが大きく、↓
http://blog.goo.ne.jp/ryuji58517/e/caef354984f115d8365ad51b8165b9a0
「地震の始まり」が“いつ”になるのか、読みにくいです。

したがって、地震の始まりが8月中旬になるのか、正直分かりません。

※しかしながら、私は、次のように考えています。
「8月中旬に、日本で大きな地震が起きなければ、
しばらく(2年程度)は、日本で、1995.1.17阪神大震災(M7.3)を越える震災は起きないような気がする。」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

野田総理と井伊直弼

※先日、「野田総理と井伊直弼は似ている」と書きました。↓
http://blog.goo.ne.jp/ryuji58517/e/d5f1dfb6430121de3b11ac9be3be4ede

※そこで、井伊直弼のことを少し調べました。
『 「桜田門外の変」で命を落とした幕末の大老・井伊直弼は、文化12年(1815)10月25日に彦根藩第11代藩主・井伊直中の十四男として生まれました。普通なら、こんな下の方で産まれた子が藩を継ぐことはあり得ないわけで、直弼もずっと部屋住みの身だったのですが、兄達がどんどん他へ養子へ出てしまった後、兄で藩を継いだ直亮に子ができなかったため弘化3年(1846)兄の養子となり、4年後兄の死に伴って彦根藩35万石の当主となりました。

井伊直弼は彦根藩主時代、仁政の藩主として彦根藩外でも有名であった。評判を聞いた吉田松陰は、「希代の名君」と日記に書き残している。後に吉田松陰は、井伊直弼が強行した“安政の大獄”で処刑された。』


上のエピソードも、野党時代、なかなか評判の良かった野田氏と“かぶり”ます。

そして、井伊直弼も、正しく【どじょう】でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

8月中旬の地震

一昨日8月6日に、ニュージーランドの火山の噴火がありましたが、

※8月中旬の地震の前の、8月上旬に、“前ぶれ地震”が起きることが多かったです。
2009年8月5日 宮古島近海の地震(M6.5)
2009年8月9日 東海道南方沖地震(M6.9・深発)
2009年8月11日 インド洋の地震(M7.6)
2009年8月11日 駿河湾地震(M6.5)
2009年8月13日 八丈島東方沖地震(M6.6)
2009年8月17日 石垣島近海の地震(M6.8)

2010年8月5日 パプアニューギニアの地震(M7.0)
2010年8月10日 南太平洋・バヌアツの地震(M7.5)
2010年8月12日 南米エクアドルの地震(M7.2)
2010年8月14日 グアム島付近の地震(M7.2)


今回は、8月6日のニュージーランド火山の噴火が、
8月中旬の地震(火山噴火)の、“前ぶれ”になるのでしょうか。

それと、ここにきて、
日本周辺で、中規模地震が増えてきたような気がします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ニュージーランドの火山が噴火

※ニュージーランドの、トンガリロ山が噴火したそうです。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120807-00000024-jij_afp-int

『 ニュージーランド北島中央部にあるトンガリロ山が噴火し、火山灰が高度約6100メートルまで舞い上がり、国内線の欠航や高速道路の閉鎖といった影響が出た。

噴火が起きたのは現地時間の8月7日午前0時(日本時間6日午後9時)の少し前で、これほど大きな火山活動が起きたのは1897年以来115年ぶり。噴火時には大きな爆発音がし、炎や赤く熱せられた岩が飛び散る様子が目撃されたという。』


日本の地下活動と関係か深いと考えられている、ニュージーランド。
これが、日本の地震や火山噴火と無縁だとは思えません。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

サーカーの言葉

前に紹介した、「サーカーの言葉」を紹介します。

49 :本当にあった怖い名無し:2010/05/25(火) 23:45:52 ID:b6kZDo7e0
盲目的な欲に染まった人々は、暗雲が空を覆い尽くす一時間前にさえ、
その後に訪れる災厄を予感することが出来ない。
何の根拠もない楽観主義に踊らされ、ただ、それに酔いしれている。
これから振りかかる災厄の直前にも、人々は自らの繁栄が永遠に続くと信じ込んでいる。
しかし、まさにそのとき、支配階級の楽観主義が頂点に達したその瞬間に、
自然の容赦ない一撃が襲いかかるのだ。

PR・サーカー(ラビ・バトラの師匠) 』


マスコミの、オリンピックの“バカ騒ぎ”を見ていて思い出しました。

※それと、「自民、不信任・問責案提出へ」↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120806-00001688-yom-pol

政局も緊迫してきました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

野田総理と井伊直弼

(“安政の大獄”を含めて(「ムゴイことを平気で行える」という点で)、)

「やってることが野田総理と井伊直弼は似ているな」と思って、いろいろ調べると、ビックリ!
なんと、顔もソックリでした。

※画像は、下のページから拝借↓
http://d.hatena.ne.jp/bakagaki/20111112/1321089718



野田総理の前世は、井伊直弼?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

8月中旬の地震

先日、「8月中旬は大きな地震が起きやすい」と書きましたが、

1999年8月17日の“トルコの地震(M7.8)”に始まり、
8月中旬は、地震で盛り上がることが多いです。

2000年8月18日 神津島近海の地震(M6.0)
2000年8月18日 三宅島噴火

2005年8月16日 宮城県沖地震(M7.2)

2007年8月15日 ペルーの地震(M7.9)
2007年8月16日〜 千葉県東方沖・群発地震

2009年8月9日 東海道南方沖地震(M6.9・深発)
2009年8月11日 インド洋の地震(M7.6)
2009年8月11日 駿河湾地震(M6.5)
2009年8月13日 八丈島東方沖地震(M6.6)
2009年8月17日 石垣島近海の地震(M6.8)

2010年8月10日 南太平洋・バヌアツの地震(M7.5)
2010年8月12日 南米エクアドルの地震(M7.2)
2010年8月14日 グアム島付近の地震(M7.2)

2011年8月19日 福島県沖地震(M6.5)
2011年8月21日 バヌアツの地震(M7.1・M7.0)
(少し後ろにズレた?)


例年、「8月中旬に大きな地震が起きて、8月下旬には一旦、潮が引くように静かになる、」というのがパターンです。

という事で、今年も何かはあるでしょう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

昨日の地震

※昨日は、ペルーでM6.1、パプアニューギニアでM6.3の地震が起きています。↓
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/recenteqsww/Quakes/quakes_big.php

(パプアニューギニアの地震は、7月29日のM6.6の地震の近くです。)


さて、海外では、そこそこの規模の地震が起きているのに、
日本周辺が比較的静かなのが、逆に不気味です。

※それと、多少混乱があったので、改めて直近の地震予想(予測)を書いておきます。
「8月中旬までに、日本で、一発目の地震が起きる。
そして、おそらく、その一発目が、今回の“地震の山場”の中で一番大きい。」


※さらには、<内閣不信任案>自公除く野党が提出へ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120802-00000119-mai-pol
政治も、いい感じで混乱してきました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

リスボン大地震

※「じいじの予言」にある『日本の存続を揺るがす大地震がくるらしい』で思い浮かぶのは、「リスボン大地震」です。

『 1755年リスボン地震は、1755年11月1日に発生した地震。
午前9時40分に、西ヨーロッパの広い範囲で強い揺れが起こり、ポルトガルのリスボンを中心に大きな被害を出した。津波による死者1万人を含む、5万5000人から6万2000人が死亡した。推定されるマグニチュードはMw8.5 - 9.0。

≪ポルトガルの地位への影響≫
大航海時代にはスペインと並ぶ強国だったが、新興国イギリスなどとの競争は激しかった。この地震を契機に国力は徐々に衰退し、250年後の今日まで回復することがなかった。』


大航海時代、スペインと世界の覇権を競い合うほど繁栄したポルトガルですが、
そのトドメを刺したのが大地震だったのです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ