にわか日ハムファンのブログ記念館

2004年8月から2014年6月にかけて更新してきた当ブログを静態保存しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「自分の中の日本一」―ABC「ムーブ!」梨田監督インタビュー

2004-11-24 08:15:35 | 2004年を絶対忘れない・球界再編抵抗記
 「緊急アンケート・どこへ行く岩隈投手?」にご回答いただいた皆さん、本当にありがとうございました。詳しい結果やそれについての雑感は明日の記事でご紹介したいと思いますので、それまでしばらくお待ちくださいm(__)m

 さて、昨日はABC朝日放送(テレビ朝日系列)の情報番組「ムーブ!」で球界再編に関する特集が放送されました。
 特集は球界再編に関してまとめられた映像と、ゲスト(シダックス野村監督、井箟元BW球団代表、福岡立命館大学客員教授など)と司会のアナウンサーによるダベリ討論を主としたものでしたが、その中にバファローズ梨田監督への単独インタビューがありましたので、今回はその書き起こしをお送りします。
(午前中に仰木監督もテレビ出演されたそうですが、放送後まで知りませんでした(^^;)惜しいことをしました…)
 インタビューは事前に収録されたもので、インタビュアーの村上隆行氏はバファローズのOB、梨田監督の後輩にあたります。
 なお、書き起こしに際しては読みやすくするため、場つなぎの言葉(「えーと」、「まぁ」など)は極力省いております。また、( )内は私(ルパート)による補足ですので、この点ご注意ください。

(インタビュー)
村上氏(M):よろしくお願いします。
梨田監督(N):よろしく。
M:あえて監督と呼ばさしていただきますが(笑)、近鉄バファローズが消滅という形になってしまったんですけれども、
N:はい。
M:6月13日に近鉄とオリックスが合併に合意しているというような発表をされたんですけれども、その時に監督が率直に、どういう気持ちになられたか。
N:6月13日の朝、朝の新聞で見て、あるいはニュースで見て、この時にね、僕自身は、監督として、合併ということについてはまず間違いないなぁと。ええ。身売りだったらね、「ああ、またか」で済むんだけど、これはちょっと、後頭部を何かハンマーで殴られたようなすごい衝撃だったです。
M:でしょうね…
N:ただ監督という立場でね、いろんな取材する人がいて、あるいは選手がいて、村上さんもいて、やはり凛としとかなアカンというのがあって、ほとんど僕は動揺したという姿はあまり見せてなかったんですよ。
M:はい。
(スタジアムでの梨田監督の映像)
N:選手にはその都度その都度とにかくね、「集中してやらなイカンぞ」と、こんなもんとにかく選手が頑張りさえすれば、この合併問題もなくなるかも知れんとね、いろんなことを言ったりして選手の気持ちを1つにしようと思ったんですけどね、次から次へといろんな報道が出てきますよね。
M:そうですねぇー。
N:合併以来、話が出てから選手を少し怒れなくなってしまった。怒る時とはね、やっぱりこう怒りながら来年の勇気とかね、来年に対する期待、希望っていうのがあるんだけども、来年の希望がなくなってしまったような感じでしょ。そりゃもう選手はね、ほんと抜け殻状態ですよ。

(CM)

M:ストライキっていう形を、この長い歴史の中で(初めて)とったわけなんですけれども…
N:ぼくはあの時8時56分ぐらいでしたかね、ベンチで立ってた時に磯部が後ろから「監督、ストが決まりました」と、「試合が終わってから場内放送があります」ということで…うわーっと思いましたね。磯部とかなり長いこと話をしました。磯部の目を見てるとね、あの大きな目でね、ほんとに切に訴えてる姿を見るとね、こう、聞ける範囲はね、言うことを聞いてやりたいと、うん。
M:合併が発表に(なって)、承認されてしまいまして、9月8日ですかね、オーナー会議で球団のこれで近鉄の消滅ということになったんですけれども、
N:ひょっとして、また身売りということでね、合併じゃなくて、身売りということで考えてもらえないかとかね、少し希望というか期待というか、これは監督だけではなくて全員が思ったと思うんですよね。
M:球団消滅、その時に監督は選手を集めて何か言ったんですか?
N:ああ、言いましたねー。ぼくは9月の24日、大阪ドームのもう最後ですね。
M:最終戦ですか。
N:しゃべる気なかったんですよ。ぼくは。27日、オリックスとの神戸での試合に、最後にぼくはね、しゃべろうと思ってたけども、ついついぼくもそこでしゃべって、1,2分しゃべりかけたら涙が出てきて、号泣してしまったというね…
M:いやぼくもねそれを…当日ぼくも球場行ってて…そこで監督が、涙を流して言葉が出なかったということを聞いてですね…
N:感極まるというか、ほんとにね、号泣ですよ。しゃくりあげて泣くようなね。びっくりしてしまったけどね、もらい泣きする人もいたけども、とにかく頑張ろうということで、その場は終わったけども何かもう目が真っ赤でね、なかなかこう…
M:ベンチに来られるのが遅かったですね。
N:遅かったねぇ、もうなんかね目が赤く腫れてるし、目薬差したりね、ゴーグルつけてると涙が出るもんだからメガネが曇ってね、もう大変だったけども、でも本当にあの時の記憶が時々飛んでることもあるんですよね。で、精神的にももう不安定というかね…あとはもう、采配がどうのというか、あの選手をどこで使ってやろうとか、こういう風にしてやったらいいやろかなって、考えるだけでもう胸いっぱいになってね…
M:本拠地の最終戦が終わって、本当にバファローズの最終戦っていうのが、まぁ…何の因果か(苦笑)神戸のオリックスブルーウェーブとの対戦で…すごくね、27日の試合っていうのは、みんながベンチですごく明るかったんですよね。
N:割と気持ちがもう落ち着いたというか、現実として捉えなくちゃいけないんだという部分が、もう27日はあったと思うんですよ。でも神戸行ったらね、バファローズの応援の方がすごいのよね。
M:ええ。
N:うん。近鉄ファンの方に、ありがとうございますということでレフトのとこまで行ってね、で帰る途中からね、何か様相がおかしいのよね、ぼくのそばにね、
M:(笑)
N:何をするんかなぁと思って、で、そしたら、胴上げされたってことでね、そこに吉井だとか大島だとか…
M:オリックスベンチからこうやって来ましたよね。
N:2001年はパ・リーグ優勝して胴上げしてもらった、あれ以上のね、喜びというかね…
(梨田監督胴上げの映像、駆け寄ってくる吉井と大島。)
N:後ろを振り向いてもしょうがないんでね、いい思い出は残しながらね、やっぱり選手たちは前向いてね、これからやってもらいたいなと。もうやっぱりバファローズってさ、何をしでかすか分からない、うん。
M:ええ。もう無鉄砲っていうか(笑)
N:やっぱりそういう良さもあるんでね、そういう良さをね、チームチームにね、
M:新しい風として、
N:そう。
M:入れ込んでほしいですよね。

(ファンへのメッセージ)
N:弱いバファローズをずっと応援していただきまして、ファンの方、本当にありがとうございました。日本一にはなれませんでしたけれども、この続きは必ず皆さんの心の中にしまっていただいて、僕自身もしまっておいて、またいつか、自分の中の日本一というものをつかみに行きたいと思っております。本当に長年にわたりありがとうございました。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テーマトークのコーナーを作... | トップ | 「緊急アンケート・どこへ行... »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
涙が… (さいん)
2004-11-24 12:21:12
その番組、全然知らなくて見逃していましたが

詳細なレポートありがとうございます。

文字を追ってるだけで、梨田監督のあのやさしい目が頭に浮かんできて

(会社の休み時間に読んでるのですが)

涙が溢れてしかたありません。



時間を戻してせめて売却へとやり直すことが出来たなら

どんなことだってするのに。
気持ち (sunrain)
2004-11-24 12:29:44
梨田監督は「気持ち」って言うて

署名もしてくれてましたよね。

「弱い」なんてとんでもない。

その心意気は強く伝わりました。

さいんさん (ルパート・ジョーンズ)
2004-11-24 18:40:52
映像まで伝えることができないのが残念なのですが、梨田監督の温和な表情を見ていますと、近鉄ファンでない私にも胸にグッと来るものがありました。

よく梨田監督が「男前」といわれるのを耳にしますが、あんな状況の中で毅然として采配を振るった彼には正にふさわしい称号だと思います。
sunrainさん (ルパート・ジョーンズ)
2004-11-24 18:48:25
梨田監督の心根、選手への優しさ、何よりバファローズへの愛情というものは、インタビューを通じて強く伝わってきました。

球団消滅というのは2度と繰り返されてはならないことですが、このとんでもない時期に監督を務められたのが梨田さんだったのは、まだ幸いなことだったのかも知れない、そんな気がします。



弱かったのか (kamu)
2004-11-24 18:58:08
昨日のムーブは録画して観ました。



梨田監督が「弱いバファローズをずっと応援していただきまして・・・」とファンへの挨拶を始めたのがすごくショックでした。



「弱くなかったやないか・・・」



そんなことをつぶやいてしまいました。



実際には日本一にもなってないし、たしかに弱かったのかもしれないけれども、そんな言葉を聴きたくもなかったですわ。
kamuさん (ルパート・ジョーンズ)
2004-11-24 19:32:30
私の知っているバファローズは10.19を戦ったり、1989年と2001年の優勝があったりしただけに、「弱い…」という言葉は確かに意外な気がしました。

ただ、これはあくまでも推測なのですが、梨田監督の心の中には創立当初、お荷物といわれた頃から応援してくれたファンへの感謝の気持ちがあったのかも知れません。

もちろん監督自身は身をもって知っているわけではないでしょうが、そういう面も含めてバファローズの歴史を背負っているという気持ちがあったとは思いますよ。
じんわり (ichiken)
2004-11-24 19:41:17
私、この番組見逃してしまったんですよ。

たまたまTVつけたら、もう終わりかけで、ノムさんがなんかぼやいてました・・



なので、記事にしていただいて、すごく感謝です。



なんかじわーっときますねぇ。

梨田さんって、オリックスからオファー受けた時に「選手、裏方さんを含めた球団関係者の処遇が明確になる前に、自分だけが先にユニホームを着るわけにはいかない」と断ったじゃないですか。あれが、すごく印象に残ってて、「あぁ、この人は自分の中に正義を持っている人だな」と、ちょっとかっこええ男やなと思ったものです。



その時岡田は「合併?上が決める事よ」と、情けない言葉を吐いていたのでした・・
Unknown (pop)
2004-11-24 20:18:00
>弱い

テレビ見てるときは今年不本意な戦いになってしまったことなのかなと思いました。



>岡田

トホホ…こいつはブルーウェーブのOBなんですが。

まさか自分が幼い頃からファンのタイガースが同じ状況でも同様のことをいうのかな。梨田さんと入れ替えたれ。
昔は・・・ (kamu)
2004-11-24 21:53:55
>ルパート・ジョーンズさん

たしかにパールズ時代から考えると、弱くて、お荷物球団と言われた時代が多かったようですね。



それでも、強い弱いは関係なくファンは応援するんだと思います。



何年かしたら、ほんまもんのバファローズが誕生しないかなぁ。ほんまもんがほりえもんになってもいいんだけどw
ichikenさん (ルパート・ジョーンズ)
2004-11-24 22:34:18
「自分だけが先にユニホームを着るわけにはいかない」という言葉には私も感動しました。

私の思いを申しますと、仰木監督からヘッドコーチ就任の以来があった時には、とにかく断ってほしい気持ちで一杯でした。

ただ、あのままヘッド就任というのがスジにかなった話とは思えない一方で、選手時代に監督を務めた仰木監督の申し出を断るのも難しいと思っていただけに、よく自分の思いを通せたものだと思います。

2004年を絶対忘れない・球界再編抵抗記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事