Richard's Blog

リチャードの雑記帳

御岳山ロックガーデン

2006-04-16 17:28:20 | ハイキング

昨日の土曜日、予定していたハイキングに出かけた。
今回のコースは御岳山ロックガーデン一周コース。

朝8:03にJR御嶽駅で友人と待ち合わせ。
前回と同じく、御嶽駅前からバスとケーブルカーを乗り継ぎ
御岳山頂駅へ。

山頂駅から武蔵御嶽神社へ。
前回行ったのでスキップしようかと思ったが、
友人は初めてなので、一緒にお参りをした。

御嶽神社を出たところから、長尾平に向かう近道を下る。


近道のせいか意外と急な下り坂が続き慎重に下る。
しばらくすると長尾平の展望台入口の分岐点へ。

そこから予定コースである七代の滝方面と書かれた道を下る。

誰も来ない道をひたすら下る。とにかくどんどん下る。

あまりにも下っていくので、もしかして道を間違えたかと
不安に思いながら、下ると水の流れる音がして岩の多い渓谷に出た。



どこに滝があるのかと思ったら、岩に隠れた奥のほうに
ようやく滝が見えて一安心。
これが七代の滝。

岩の多いところで、コケの生えた岩も多く、
落ちないようにゆっくり滝に近づいて記念撮影をした。




一休みして次に岩石園に向かう鉄のはしごがあり、今度はひたすら登る。
初心者用に階段を設けてくれたのか、手すり付なので
ある程度楽に登れたが途中にはロープ付の急なところもあり、
ちょっとスリルがある。


鉄の階段がなくなったあとも、少し急な坂を上りきると
そこに天狗岩と書かれたプレートがあった。

天狗岩は建物でいうと2階か3階くらいの高さの大きな岩だが、
登る人のために鎖がついていて、登れるようになっていたが、
素人には危険そうなので、やめておいた。




天狗岩を後にしてしばらくは緩やかな渓谷沿いに
岩の多いところを登っていく。

ここがロックガーデンなのだろう。
まさに岩ばかり。

渓流が流れているので味気ない山道よりも気持ちがいい。

次のポイントの綾広の滝を見たあと、少し登っていくと、
道が分岐しているところにたどり着き、道標によると
左に行くと大岳山方面、右へ行くと御嶽神社方面と書かれていた。

今回はロックガーデン一周コースなので、予定通り分岐点から
御嶽神社方面に向かい、朝通った長尾平に戻った。


長尾平の展望台で、お待ちかねのお昼ごはん。

いつものようにお湯を沸かし、昼食。
メニューはいつもと同じカップめんとおにぎりで、
食後にコーヒーを楽しんだ。

長尾平の桜はまだ2~3分咲きでちょっと残念だった。

しばらくのんびりした後、朝来たルートと同じケーブルカーと
バスを乗り継いでJR御嶽駅から13時46分の電車で帰った。


詳細はこちら
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天気予報はずれ | トップ | デジタル中吊り広告 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハイキング (爺太郎)
2006-04-17 08:06:47
暖かくなるとハイキングに出たくなりますね。

さすが、行動派のりちゃーどさんは計画されていたのですね。

朝早くから、昼過ぎ頃までのハイキングは丁度良い旅程(?)でしょうか。

今度はロックガーデンですか。日ごろあまり使わない筋肉を使うことになるのでしょうから、月曜日頃が大変でしょう。
ハイキング (りちゃーど)
2006-04-17 21:19:33
爺太郎さん コメントありがとうございます。

始めてみると、楽しいですね。季節も適しているし、健康にもいいし、精神的にもGoodですよ。

爺太郎さんも始めませんか。
ロックガーデン (小太り親方)
2006-04-17 22:58:28
岩場は違った感じで面白かったようですね。

御岳からのコースも沢山あるようですので、これからの季節はだいぶ楽しめますね。

花も綺麗に咲き乱れるこの時期、りちゃーどさんのハイキング熱が益々高まることを期待しています。
ロックガーデン (小太り親方)
2006-04-17 22:58:31
岩場は違った感じで面白かったようですね。

御岳からのコースも沢山あるようですので、これからの季節はだいぶ楽しめますね。

花も綺麗に咲き乱れるこの時期、りちゃーどさんのハイキング熱が益々高まることを期待しています。
御岳山 (りちゃーど)
2006-04-18 20:59:21
親方、コメントありがとうございます。

これからの季節はハイキングが気持ちよいシーズンですね。 山行経験者のみなさんのブログを参考にさせていただき、可能な限り出かけたいと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
小太り的「垂直の記憶」 (Chubbys Monologue)
凄く緊張して鮮明な「記憶」は無いので、デジカメの「記録」で