Richard's Blog

リチャードの雑記帳

韮山反射炉とバスツアー

2015-08-10 23:16:50 | 国内旅行

国内旅行一覧

世界遺産登録の韮山反射炉見学を含む日帰りバスツアーに参加

旅行日: 2015年8月10日

ツアー名: 『三島名物「うな重」と地元人気店で食す握り寿司 世界遺産登録間近「韮山反射炉」と柿田川湧水』

 午前10時に都内出発地から、旅行者のツアーバスで出発。 参加者は45名でバス1台はほぼ満席。首都高から東名道に進みますが、首都高から渋滞でノロノロ。

 東名道に入ってもまだ渋滞。この週はお盆なので、その影響かも。途中、港北パーキングエリアでトイレ休憩。

 

 

 

 

13時30分頃、御殿場にある、すし店で少し遅い昼食。

 

 

 

 

2階の団体席で45人分の握り寿司が並び、一斉に食事タイム。

結構ボリュームもあり、残す人も何人か見られます。

 

 

 

14時43分、沼津にある海産物のみやげ物店に立ち寄り

生ものや干物が多く、この暑さなので買いづらく、我々は見るだけでした。

 

 

 

こんな地元限定のコーラやサイダーが売られていました。

 

 

 

15時40分、韮山反射炉にやってきました。

2015年7月5日、韮山反射炉を含む8県11市にまたがる「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録が決定。ニュースで見たことのある反射炉の実物が見られました。

 右手前の銅像は、江戸時代末期、ペリー艦隊来航を受け幕府も海防強化を余儀なくされ、蘭学技術に詳しく、反射炉と台場の築造の責任者に命じられた江川英龍。

 

 

 

 

4基ある反射炉。当時の溶解設備としてオランダの技術を導入して作られた反射炉。

鉄製の大砲を鋳造するため、鉄を溶かす1000度以上の熱を作り出すには反射炉しかなかった。当時萩藩や薩摩なども作りかけたが、完成して稼働したのは、この施設だけ。熱に強いレンガ造り。この煉瓦は、河津で作られたレンガ。当時はレンガだけだったが、その後保存のため、崩れないように鉄枠で補強したという。

 

 

 

 

 

左は鋳口(いぐち) 溶解させる銑鉄等をいれるところ。

右は焚口(たきぐち) 石炭などの燃料を入れるところ。

 

 

燃焼した熱が天井に反射すると高熱が生じる仕組み。

 

 

 

 

溶けた鉄が外にある大砲用の鋳型に流れ込む。

 

 

 

 

4基ある反射炉から溶解された鉄が鋳型に流れてくる場所

 

 

 

 

鉄製24ポンドカノン砲のレプリカ

 

 

 

 

 

 

 

反射炉のわきには、みやげ物店など。架かる橋の欄干は大砲の弾をイメージ。

 

 

 

 

 

反射炉を見学したあと、立ち寄った、わさびや屋。

 

 

 

 

17時36分、次に立ち寄ったのは、柿田川湧水群。

駐車場からすぐ近くに美術館があるようです。そのまま素通りして湧き水のある場所に歩いて行きました。

 

 

 

5分ほど歩くと、柿田川湧水群と書かれています。この一帯は公園になっているようです。

 

 

 

 

奥に進んで階段を降りたところが、展望台。 ここから下を覗くと、水が湧き出ているのが見えます。

 

 

 

青く透き通った湧き水。ここから流れて柿田川に注がれる様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18時24分、三島駅近くにある割烹・御殿川という店に。

ここで夕食にウナギを食べます。 みんなお腹空いて、今回のツアーの目玉なので楽しみにしてきました。

 

 

団体用の部屋で一斉にウナギを頂くツアー客。45人。8割がた女性。

 

 

 

うな重、1.5匹。 おいしそうです。

 

ウナギを食べて、この日のツアーは終了。

19時過ぎに三島を後にしましたが、帰りの東名道も、渋滞。 横浜町田を過ぎたあたりで、ようやく渋滞は終わり、予定より1時間遅れの10時過ぎに都内に戻ってきました。 終わり。

国内旅行一覧

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« R隊夏合宿2・編笠山登山 | トップ | 川奈でゴルフ-1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL