Richard's Blog

リチャードの雑記帳

偕楽園に行きました

2015-03-12 13:27:03 | 国内旅行

国内旅行一覧

水戸市内のホテルでランチのあと、梅を観に偕楽園に向かいました。

いくつか駐車場がありますが、カーナビが選んでくれた偕楽園下、有料駐車場に停めました。隣には常盤神社があり、坂と階段を上っていくと偕楽園の東門があり、そこから入りましたが、入園料はかからないようです。

 

偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつで、1842年に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。斉昭は、千波湖に臨む七面山を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、「偕楽園」をつくりました。

 

 

 

 

この日の開花状況は約50%くらいで、今年は少し遅れているのかも。

 

 

 

 

 

かなりの古木に枝が出て梅が咲いています

 

 

 

 

園内にある好文亭に入ってみました。 ここは有料でした。

 

 

 

 

好文亭の建物の近くには、しだれ梅が綺麗でした。

 

 

 

 

好文亭の建物

徳川斉昭自らが設計し、木造2層3階建ての好文亭本体と木造平屋建ての奥御殿から成り、各所に創意工夫と洒脱さを感じさせます。斉昭は、ここに文人墨客や家臣、領内の人々を集めて詩歌や慰安会を催しました。

 

 

 

 

中に入り見学します。縁側からは庭と、さらに遠くまで見渡せます。

 

 

 

 

それぞれの間のふすまには、異なった花木の絵が描かれています。

 

 

 

 

3階の間の畳の縁には、葵の御紋が。

 

 

 

 

3階からは園内と千波湖が見渡せます。

 

 

 

 

 

 

 

園内には水戸の梅大使が

 

 

 

 

梅大使のお二人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広い公園のような敷地。 奥に梅園が広がります。

 

 

 

 

奥に千波湖

 

 

 

 

 

 

 

 

東門の前には茶屋やみやげ物店が

 

 

 

 

東門側の隣にある常盤神社

明治初期に作られた水戸の黄門さまを祀る神社

 

 

 

 

常盤神社に向かう階段。 左手に偕楽園、右手に駐車場があります。

 五浦温泉につづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水戸のホテルでランチ | トップ | 五浦温泉へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐古 (市太郎)
2015-03-15 22:02:14
偕楽園、千波湖、青空に梅の花が映えて良い景色です。好文亭からの眺めも素晴らしいですね。
ここも震災から立ち上がった地、また私も訪れたい想い出深い場所です。(^^;;
市さん (リチャード)
2015-03-16 19:52:17
市さん、コメントありがとうございます。 茨城は市さんも
思い出のある地ですね。偕楽園は2度目ですが、前回は入った場所が異なるのか、あまり覚えていませんでした。市さんの言うように、この日は青空が綺麗で、良い空も写真に撮れていました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL