稲敷資料館日々抄

稲敷市立歴史民俗資料館の活動を広く周知し、文化財保護や資料館活動への理解を深めてもらうことを目的にしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

祝・稀勢の里優勝&関連展示品紹介

2017年01月24日 | 日記
寒い日が続いていますね!資料館内の暖房を入れると窓ガラスが結露してしまう季節…はやく春にならないかなあと願うばかりです。

さて、今月22日の初場所千秋楽にて、茨城県牛久市出身の大関・稀勢の里が初優勝を飾りました。第72代横綱昇進も決定し、相撲の展示に力を入れている当資料館としましても大変喜ばしいニュースです。
歴史を紐解いてみると、茨城県出身の横綱は計3名です。
1人目は茨城県稲敷市の阿波崎出身の、第7代横綱・稲妻雷五郎(1802~1877)。江戸時代後期の相撲人気を、第6代横綱・阿武松緑之助と共に支えました。天保10(1839)年に引退するまでに上げた彼の成績は驚異の9分9厘。「待った」を嫌う潔い相撲を取りました。当時まだ見世物としての要素が強かった相撲に対して「相撲訓」を記し、力士としての心構えを説くなど、文化人としての一面も持った人物です。
2人目は茨城県東茨城郡(現水戸市)出身の、第19代横綱・常陸山谷右衛門(1874~1922)。谷風の再来と呼ばれた彼は、横綱同時昇進を果たした二代目梅ケ谷と共に明治時代後期の大相撲隆盛期「梅常陸時代」を築きあげ、初代両国国技館建設への機運を高めました。引退後は相撲協会取締役として力士の地位向上に尽力した人物です。「明治の角聖」とも呼ばれます。
3人目は茨城県つくば市磯部出身の、第34代横綱・男女ノ川登三(1903~1971)。全盛期は191㎝の巨体を活かした取り組みで「動く仁王像」とまで呼ばれ、活躍を重ねました。引退後は日本相撲協会理事を務めたのちに衆議院議員選挙に出馬するなど、波乱に満ちた半生を送った人物です。
茨城県出身の横綱の4人目として、稀勢の里の活躍を紹介できる日が今から楽しみです。
なお、当資料館では実際に使用されていた稀勢の里幟が収蔵されています。現在二階の展示に続く階段に展示してございます。



また、常設展示では稲敷市出身の第7代横綱・稲妻雷五郎についての展示がございます。
相撲好きの方もそうでない方も、この機会にぜひご覧ください♪

企画展「稲敷の景観」も開催中です♪

この記事をはてなブックマークに追加

展示会「稲敷の景観―変化する道・水辺・交通―」開催のお知らせ

2017年01月24日 | 日記
今月7日から開催されています、当館の展示会について告知いたします。

戦後,稲敷地方では河川の護岸工事がなされ,頑丈な橋も整備され,アスファルト舗装された道路がそこかしこに敷かれました。更に近年,首都圏中央連絡自動車道が開通し,人々の行動範囲は大きく広がっています。現在わたしたちが目にしている市内の景観は「自動車やバスの交通のために」整備されている,といっても過言ではありません。では,バスや自動車が無い時代の稲敷は,どのような景観をしていたのでしょう。そして稲敷に暮らす人々はどのような道を,どうやって移動したのでしょうか。
今回の企画展では「交通」にスポットを当て,大きく変わった地形や街並みの変化を当時の地図と写真と比較展示いたします。
稲敷市各地で撮影された大正~昭和にかけての写真が70点以上展示されています。また、一万分の一スケールに拡大された、130年前の地図「迅速測図」が圧巻です。普段何気なく目にする景色がどのように変化して今に至るのか、この機会にぜひ思いを巡らせてみてはいかがでしょうか。

Ⅲ)会場
 稲敷市立歴史民俗資料館2階 企画展示室

Ⅳ)会期
 平成29年1月7日(土)~2月19日(日)
【休館日】
 休館日:祝日・毎月曜日

Ⅴ)観覧料
  無料


この記事をはてなブックマークに追加

【展示会】新収蔵資料展2開催中

2016年08月16日 | 日記
 合併直後の平成17年に新収蔵資料展が開催されて以降の10年以上の歳月が経過しました。その間稲敷市立歴史民俗資料館には,200点以上の収蔵品が追加収蔵されました。それらの中には,地域の方々に公開する日を待ちつつも,常設展示室の構成や,年数回開催される展示会テーマとの兼ね合い等から,これまで展示されてこなかった品々が多く含まれています。
 今回の展示会では,合併後の10年間で新収蔵された貴重な資料の中から,特に稲敷市にゆかりがある品々を中心に展示いたします。資料の多くは地域の方々の寄贈品も多く含まれています。
 展示を通して,稲敷市の歴史や故郷の暮らし,そこに生きた人々の足跡に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

この記事をはてなブックマークに追加

【講座】「裂き織り体験」開催のお知らせ

2016年05月01日 | 日記
機織り機に触れたことがありますか?
ピンと張った縦糸に、裂いた布を繰り返し通して布を織る。資料館に設置された昔ながらの機織り機をつかって、トントン裂き織り体験してみませんか。
綿切りと糸つむぎ体験もできます!

▽日  時:平成28年5月7日(土)
      午前10時~午後4時まで
▽会  場:稲敷市立歴史民俗資料館 ロビー
▽対  象:小学校3年生以上(小学生は保護者同伴)
▽参 加 費:無 料
▽申込方法:電話または来館にてお申込みください。
    
稲敷市立歴史民俗資料館(月曜日及び祝日は休館)
住所)稲敷市八千石18-1
電話番号)0299-79-3211

この記事をはてなブックマークに追加

稲敷歴史かるた発売のお知らせ

2015年11月13日 | 日記
「稲敷歴史かるた」がこの度発売となりました!

 稲敷市を愛する皆さまからご応募いただきました、「稲敷の宝」をテーマにした読み札が決まりました。たくさんのご応募ほんとうにありがとうございました。
応募総数912句の中から、稲敷歴史かるたをつくる会の方々に、44句を選んでいただきました。
 稲敷の歴史をわかりやすく、気軽に楽しんで、知って、競って、訪ねていただくために作られたかるたです。読み札の裏にはすべて解説文がつけられています。かるたで紹介された場所をマークしたマップも同封されているので、気になったテーマの場所を巡ることもできます。
 たくさんの皆さまのご協力を得てできた珠玉のかるたです。「稲敷市ってなにがあるの?」なんて聞かれても、悩むことはありません!「宝」いっぱいの稲敷市をぜひ再発見してください♪


この記事をはてなブックマークに追加