人と、オペラと、芸術と ~ ホセ・クーラ情報を中心に by Yon Re

テノール・指揮者・演出家として活動を広げるホセ・クーラ(Jose Cura)の情報を収集中

(初日編) ホセ・クーラ ブリテンのピーター・グライムズに初挑戦 演出と主演 / Jose Cura PETER GRIMES

2017-05-14 | ピーター・グライムズ



ホセ・クーラが、それを歌うことは「夢」であり、「自分にとっての理想のオペラ」と語ってきたブリテンの英語オペラ、ピーター・グライムズの初日が、5月7日、ついに幕をあけました。クーラは、主演とともに、舞台デザインと演出も担いました。

*公演の概要やクーラの思いについては、以前の投稿(告知編)をご参照ください。

まずは、ボン劇場が公開したプロダクションの紹介動画を、ぜひぜひ、ご覧ください。
2分13秒の短い動画です。下の画像をクリックするとボン劇場のVimeoのページにリンクしています。たいへん細部まで作りこんだ舞台という印象を受けます。






次の動画は、クーラがアップした、初日終了後のカーテンコールの様子。劇場中が大興奮の大喝采、満場のスタンディング・オベーションになったとのことです。
拍手と歓声が鳴り止まず、最後はクーラがスタッフをつぎつぎに舞台上に招いて、キャスト・スタッフ全員で成功を喜び合っています。
*なお、歓声が非常に大きいのでご注意ください。
下の画像をクリックするとクーラのフェイスブックの動画にとびます。






初日の成功、観客の大反響、大喝采を受けて、クーラもFBで動画を紹介しながら興奮気味にコメントしていました。

「昨日のピーター・グライムズ初演後のカーテンコールの動画の一部分。
自発的なスタンディングオベーションが、平土間の最前列からギャラリーの最後まで!!! 彼らはボンでこのようなことが起こるのは初めて、または少なくとも長年にわたってないと言う。私にはそれが本当なのかどうかわからない。おそらくそうではないとしても、パフォーマンスが成功したのは事実だ!! 多くの感情、涙、鳥肌。舞台の上で、オーケストラ・ピットの中で、誰もがベストをつくした!!!
このことは、我々が繰り返し言ってきたように、社会全般が絶望的ではないことをもう一度証明している。共通のプロジェクトを担うことによって、そしてそれに向かうインスピレーションを与える人々ーーそれこそ我々みんなが求めるものだ!!! 
祝福と感謝を共に働いた全ての人々に!!! ホセ 」





以下、ボン劇場がHPやFBにアップした画像をいくつかお借りして、紹介したいと思います。

舞台中央に、このオペラの作曲者ブリテンが暮らした町、オールドバラに残されている塔をモデルにデザインした建物が。




少年の死の責任を問われたグライムズ。まわりの人影が圧迫感、グライムズの孤独と辛さを増幅する。




恋人エレンとの結婚というささやかな幸福を夢見るグライムズ。その実現のための大切な手段である舟と。




村人たちが集まる酒場ボアー亭




ボア―亭で村人たちに溶け込もうとするグライムズ




漁のために新しく迎え入れた少年と。不器用で粗暴なグライムズ、心の底に愛とやさしさを持っているが、少年への接し方が誤解を招く。




事故で亡くなった少年の幻想に苦しめられるグライムズ。舟とともに彼の人生の重荷に。




まだたくさんの画像が公表されていますし、クーラのインタビュー、グライムズの解釈についての投稿、レビューなど、引き続き紹介していきたいと思います。



『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホセ・クーラとドイツの音楽... | トップ | (解釈編) ホセ・クーラ ブ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。