国民新党 北関東ブロック(茨城・栃木・群馬・埼玉)

衆議院比例区北関東第一支部長の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

下仁田ネギの収穫が盛ん

2009年12月13日 | 地域・季節
冷え込みが厳しくなる時期になり群馬県下仁田町では特産の下仁田ねぎの収穫が盛んに行われています。
下仁田ねぎは江戸時代に将軍や各地の大名に献上されたことから「殿様ねぎ」とも呼ばれ、ふつうの長ねぎより太く甘みがあるのが特徴です。
下仁田町の馬山地区では150ほどの農家が下仁田ねぎを生産していて、冷え込みが厳しくなるとねぎが甘みを増すことからこの時期が収穫の最盛期となります。
農家の人たちは土を掘り起こしたあと、1年かけて育てたねぎを1本1本ていねいに引き抜いていました。
収穫したねぎは半日ほど畑で乾燥させたあと出荷されます。
農家の人たちで作る下仁田ねぎの会会長の田中芳重さん(68)は「夏に雨が少なかったため例年よりはやや小ぶりですが、その分、味が凝縮されおいしいねぎができました」と話していました。
(参考資料 NHKニュース)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

13日に介護・福祉110番

2009年12月12日 | 地域・季節
介護や福祉の分野で働く人の労働に関する相談にのる電話相談が、今月13日に栃木県内で行われます。
この「介護・福祉労働者110番」は、人手不足や低賃金などの厳しい労働条件で介護や福祉の分野で働く人の相談に乗ろうと、全国福祉保育労働組合栃木支部が初めて行います。
電話相談では労働組合の役員などが相談に乗るということで、必要があれば面談や弁護士の紹介なども行うということです。
全国福祉保育労働組合栃木支部には、これまでにも残業代の未払いや人手不足による過重労働の相談などが数多く寄せられているということです。
労働組合では、「解決する道はあるので1人で悩まずに気軽に電話して欲しい」と話しています。
電話相談は今月13日の午後1時から午後5時まで行われ、電話番号は028−653−1429となっています。
(参考資料 NHKニュース)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「論語」教育中止めぐる判決

2009年12月12日 | 地域・季節
茨城県取手市にある私立の中高一貫校が「論語」を使った道徳教育を行うと宣伝して、生徒を集めたのに、一方的にやめたのは不当だと保護者が賠償を求めていた裁判で、最高裁判所は「学校の教育内容の中核を変更したとまではいえない」と指摘して、訴えを認めた2審の判決を取り消し、保護者の敗訴が確定しました。
取手市にある江戸川学園取手中学校と高校では「論語」を使った独自の道徳教育を行うと学校説明会などで宣伝してきました。
ところが5年前に校長が交代してからこの道徳教育をやめたため、生徒の保護者31人が「入学の最も強い動機だった論語の教育を一方的にやめるのは契約違反だ」などと訴えていました。
1審は訴えを退けましたが、2審は逆に、「学校選択の自由を侵害した」と指摘して生徒ひとりあたり20万円、あわせて480万円の賠償を命じていました。
きょうの判決で、最高裁判所第1小法廷の甲斐中辰夫裁判長は、「論語の教育が廃止されたことで学校の教育理念が大きく損なわれたり、教育の水準が低下したわけではなく、教育内容の中核を変更したとまではいえない」と指摘して訴えを認めた2審の判決を取り消し、保護者の敗訴が確定しました。
(参考資料 NHKニュース)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和紙を使ったちぎり絵展

2009年12月11日 | 地域・季節
和紙の産地、埼玉県小川町で、特産の和紙を使ったちぎり絵の展示会が開かれています。
展示会は、和紙の魅力を知ってもらおうと小川町の埼玉伝統工芸会館が開きました。
和紙工芸家の渡会不二男さんと山口幸子さんが「細川紙」と呼ばれる特産の和紙を使って制作したちぎり絵およそ60点が展示されています。
このうち、渡会さんの「八幡平」という作品は、早春の山中で雪から芽吹き始めた木々の様子が緑色の和紙を使って表現されています。また、山口さんの作品「収穫」は、民家の軒先に並べられた数多くのカボチャが緑やオレンジ色などの和紙で写実的に描かれています。訪れた人たちは「細川紙」が持つ独特の柔らかみをいかした優しい風合いの作品をじっくりと眺めていました。
男性の1人は、「和紙でここまで表現出来るのかと驚きました」と話していました。
この展示会は、今月13日まで開かれています。
(参考資料 NHKニュース)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しいたけの出荷が最盛期

2009年12月11日 | 地域・季節
埼玉県入間市でお歳暮用のしいたけの出荷が最盛期を迎えています。
入間市と周辺の3つの市はしいたけの生産が盛んで、11の農家がコナラなどの原木を使ってしいたけを栽培しています。
この時期はお歳暮用のしいたけが出荷の最盛期を迎え、入間市の農家では収穫作業に追われています。農家の人たちは原木に生えたしいたけをひとつひとつていねいにもぎとっていました。
ことしはしいたけが生え始める9月から10月にかけて雨がよく降り栽培に適した日が続いたためかさの大きさ、厚みともに十分だということです。
入間市のしいたけは今月下旬まで全国各地に出荷され、1キロ入りの箱詰めで2000円から3000円程度で店頭に並ぶということです。
しいたけ農家の貫井義一さんは「原木を使った栽培は手間がかかりますが、肉厚で香りの良いしいたけがたくさんとれたのでうれしいです」と話していました。
(参考資料 NHKニュース)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加