このへん釣れマスか?

北海道 札幌近郊釣行記 ~主にルアーと最近始めたフライフィッシングで湖や海でトラウトを狙ってます~

フライで釣りたいけど、、、

2016年11月15日 20時25分44秒 | 近郊ダム湖
ダム湖へ




10時過ぎ到着





2人のフライフィッシャーさんが来られてました





その内のお一人がサクラマスをキャッチ






自分も、今日こそはフライで釣りたい、、、






気合いを入れ





16時迄、ひたすら振り続けて、、、




、、、




アタリ一つ無く撃沈、、、





フライが嫌いになる前に、いい加減釣れて欲しいね





この日お会いしたフライフィッシャーさんが、「今度一緒に釣りに行きませんか?」とおっしゃって頂いたにもかかわらず、連絡先を伝えそびれてしまいました、またお会い出来れば良いけど。




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

昼から近郊ダム湖へ

2016年11月11日 18時33分26秒 | 近郊ダム湖
昼から近場のダム湖へ


前日まで朱鞠内に行こうか迷ってましたが、現地の積雪は70センチ位まで達しているらしいのと、単休なので近場で済ませました



11時45分頃に到着





最初の2時間はアタリ一つ無し




13時50分頃、ようやく魚がヒットしたもののバラシ、、、



朱鞠内湖に行った際、レギュレーションに合わせて、針のバーブを潰していたのを思い出しました




「最初で最後のアタリだったかも、、、」と落胆しながらキャストし直した一投目でまたヒット




ラインテンションを維持しながら、、、




今度は無事キャッチ(サクラマス)





15時30分位にも一回り小さいサイズの魚が掛かりましたが、ネットに入れずに水面でリリース




ガイドが凍る程の気温では無かったのですが、寒さに耐えきれず日没前に終了しました。





今回もフライは不発、残念、、、




それにしてもアノ魚は中々顔を出してくれないなぁ






いよいよ残り2試合、J1昇格は手の届く所まで来てます、信じてますよ!



コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

近郊ダムでフライのキャス練

2016年10月26日 20時23分14秒 | 近郊ダム湖
気温の高さにつられて、フライロッドを振りたくなり、午後から久しぶりに近場のダム湖へ



12時45分到着





フライでの釣果に関しては全く持って0に近い私、何とかしないと





上手くキャスティングが決まり、引っ張り出しておいたランニングラインが全て出て行ったりすると実に気持ちが良く、それだけでも楽しいんですが、先日の朱鞠内湖でもフライではボウズだったので、そろそろ魚を掛けたいところです




しかし、、、



1時間程で雷が鳴り始め(しかもかなり近い)、アラレが降って来たかと思えば土砂降りの雨に変わります





対岸の少し奥に稲妻が落ちるのが見え、至近距離でゴロゴロとやられ、身の危険を感じロッドを振るのを止めて早々に退散




釣れそうな気がしてたのに、ちょっと残念(そんな気がしただけです)




次回は冬タイヤで来ることになりそう





Eric Johnson / Righteous


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

浜益川サケ有効利用調査  今年はボウズで終了

2016年10月15日 21時45分54秒 | 浜益川サケ有効利用調査
会社の同僚F氏、デュランゴ氏との3名で有効利用調査へ




他の2人は申しこんだ利用分は全て消化してますが、私自身は2回目にして最終戦

単独で10日に行った際、現地へ行ったものの、あまりにも風が強すぎて釣りをせずに帰ってしまい、次の休みは21日なので3日分消化出来なくなってしまいました(有効利用調査は19日まで)



F氏は2回目の釣行で3本、デュランゴ氏は1本釣り上げており、釣果が無いのは自分だけです。








5時半開始










結果、、、



9時までやって、3人ともアタリ一つ無しで撃沈、、、、




釣れていたのは最下流の一部の場所だけでしたね、橋の上流側も自分の見える範囲では釣れている様子はありませんでした。




遂に今季はボウズ




来年はどうしようかね、、、







やっぱり旬のサケは食べたいので、帰りに厚田の朝市で買ってしまいました




3.45キロのオス、2070円(オスはキロ当たり600円計算ですね)を2000円にしてもらいました。



サケを買うのは初めてでしたが、意外とリーズナブルな値段なんですね。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

朱鞠内湖3泊4日  散々なキャンプでしたが楽しめました

2016年10月06日 20時18分10秒 | 朱鞠内湖
東京の友人T氏と3泊4日で朱鞠内湖へ釣りキャンプに行ってきました



久々のトラウトネタです(笑)




10月3日(月) 初日


現地到着は9時45分頃



まずは受付をして、小雨が降る中、ベースキャンプを設営




お昼頃にゴムボートで出航




初日はあまり釣果は期待せずに、偵察のつもりで始めましたが、西側の岸沿いを探って反応を得られ無かった後、北大島に向かおうとボートを進めると、12時50分頃自分のロッドにヒット、最初の一匹はトローリングでのキャッチ


50センチ弱のイトウ





北大島に上陸




そして、、、



15時15分頃、自分のロッドにヒット



これまた50センチ弱のイトウ




大きさはともかく、初日から2匹のイトウに遊んで貰えて満足



T氏は小型のサクラマスのバラシとウグイ一匹の釣果








この後、急激に雨風が強まり、安価なテントも歪み、心配で満足に寝られない夜を過ごす事になりました






10月4日(火) 2日目



雨と強風が収まってません




意を決してテントから出てみると、、、




タープが飛ばされていて、道具が雨ざらし状態




湖面も荒れていて、ボートは出せそうも無いのでこの日は陸っぱりで挑みます





この場所で、8時過ぎに自分のロッドに30センチ位のアメマスがヒットしましたが、ネットイン寸前にバラシ




10時過ぎに前浜へ移動




この頃には、ようやく風は弱まってきました




そして、11時頃T氏に待望のヒット



40センチ位のアメマス





更に14時20分位にT氏が良型のイトウをヒットさせるもののバラシ、、、




私はと言うと、朝のアメマスのヒットのあとは何も無しで終了




途中からフライもやりましたが、魚からのコンタクトは無く、キャスティング練習で終わりました





夜は、またしても強風に襲われます(笑)







10月5日(水) 3日目


この2日間の風雨のせいで、ボートにはたっぷり水が溜まってました




6時50分出発




弁天島上陸、反応なし




藤原島上陸





8時20分、回収間際のルアーにヒット、目の前で食いつく瞬間が見えました



70センチちょっと





自分的にはもう満足したので、残りは今回の目標であるフライでのキャッチを目指します





北大島へ移動




13時50分、T氏ヒット



彼もようやくイトウをキャッチ、50センチ位







キャンプ場に戻り、3泊目はレークハウスに泊るので、テントを撤収し道具を車に積み込んだ後、ゴムボートは前浜に置いておくために二手に分かれ、自分は車でT氏はボートでそれぞれ前浜に向かいます。



途中トイレに寄った後、前浜に行くとT氏は何故かまだ到着しておらず、カメラ下と遊覧船の間の湖上で何やら船べりでモゾモゾとやってます、

「もしかして、水中にタックルでも落としてしまったのか?」と遠目に心配していると「釣れた~!」と一言(笑)




70センチ




前浜も侮れませんね





レークハウスで風呂に入り、お気に入りのダッチオーブンを食べて、布団で快適に就寝






10月6日(木) 最終日


5時起床



7時の朝食迄の間、前浜で朝マヅメでしたが何も無し






朝食




最後に北大島に向かいます





思案島と北大島の間でトローリング中にT氏のロッドにサクラマス




今回T氏が使用したルアーは全てラパラのジョイントミノー(黒金とオレンジ)




北大島では風が出て波立ち、岸際に濁りが入り良さげな状況でしたが、釣果には恵まれず終了






今回こそ、フライでイトウを釣りたかったのですが、アメマス一匹釣る事が出来ずに残念、、、、





4日間で2人でイトウ5匹もキャッチ出来て幸せな時間を過ごせました。





帰りはいつもの様に霧立亭で蕎麦を食べて帰宅




コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加