株式会社プライムネットワーク公式ブログ!
株式会社プライムネットワークがお送りする公式ブログ!業務以外の出来事やニュースなどについて色々書いていきます!




運動した後、すぐに筋肉痛が出ると「若い」、1日遅れてくると「歳を取った」などと言いますが、これ正しいというわけではなさそうですね。

そもsも筋肉痛のメカニズムには諸説あるのだそうで、、一般的には運動したときに体内では乳酸が溜まって疲れたり、民に苦痛になったりと思われていますが、どうやら昨今では、筋肉が伸びたり縮んだりする「筋収縮」によって傷んだ筋線維を修復するために起こる痛みが筋肉痛なのだそうですよ。

現在では、年令によって筋肉痛を感じるのが遅いというよりも、ただ単純に日頃から運動習慣があるか、ないかだけではないかと言われているのだそうです。

まぁ、でも考えてみると、自転車なんかも毎日使っていると気にはなりませんが、数年放置していた自転車に乗ると、ギアが錆びていてペダルが重かったりしますから、おなじ年数であっても使用している、使用していないによって動きは違ってきますよね。

まぁ、ちょっとわかりづらい例えではありますが、つまりは筋肉痛を年齢のせいにしてしまうのは正しくはなくて、単純に運動不足なのです。

とにかく健康のためには、少しでもいいので毎日の運動が大切だということです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




初心者に将棋の魅力を伝えたいという思いのもとデザインされた将棋の駒の「大明駒(たいめいこま)」。

これは、稲葉大明により考案された初心者用の将棋駒で、将棋未経験者や海外の方達にも手軽に将棋の面白さを体験してもらう目的でデザインされたのだそうです。

漢字を一切使わず、駒が進むことのできる方向を視覚的にデザインされているのだそうで、これだと駒の動きと漢字を覚える必要がなくていいですね。

ちょっと「桂馬」だけはわかりにくいですけど、初心者であれば、こちらのほうが理解し易いかもしれませんね。

価格は、使用している木材により異なっているのだそうで、それぞれ税込で、カエデが1セット9720円、斧折が1セット1万6200円なのだとか。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ちょっと驚きの事実です!!!
国際自然保護連合の発表した、絶滅の恐れがある動植物を記載した「レッドリスト」の中に、キリンが新たに追加されたのだそうです!!





原因としては、農業や鉱業開発で生息する場所の環境が破壊されたことや、密猟などによるものだとのことで、驚くべきことに1985年には約15万~約16万頭いたキリンが、2015年には10万頭弱に減ったのだということです。



このため、キリンは3段階ある絶滅危惧種の分類の中では最も危険性が低い「絶滅危惧2類」に分類されたそうです。



ゾウやサイなどは、その角や牙のために密漁されるというのは聞いたことがありますが、キリンの密漁って、いったいなんのために行われるのか不思議に思ったので、ちょっと調べてみると、どうやらキリンを食べることがHIVやAIDSの治癒に役立つとのうわさが広まり、骨や頭が最高で1つ140ドルで取引されるのだとか。




しかし、このようなデマを一体誰が流布するのでしょうね。



情報の恐ろしさを身につまされますね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




リオデジャネイロオリンピックの開幕は明日ですが、その前にサッカー男子の試合が既に始まっており、残念ながら日本は、ナイジェリアに4-5で敗れてしまいましたね。

驚くことに、ナイジェリアの選手は、試合当日にブラジル入りしたということでも驚いてしまうのに、、その当着時間もなんと試合開始約6時半前ということですから、ナイジェリアの選手たちの精神力とタフネスさには感心してしまうばかりです。

しかし、その反面、日本代表のダラシなさが目立ってしまいます。

代表の監督さんが、「ナイジェリア戦がピークになる」といっていたので、こんな結果では、先が思いやられます。

やはり、裕福な日本のサッカー選手には、ハングリーさが欠けているのかも知れませんね。
そもそも5失点なんて、国際試合では考えられませんよね。

試合後も「手倉森ジャパンらしくなかった」と監督がおっしゃているようですが、本番でこそ力の出せないのは、相変わらず変わっていませんね。

やはり日本人は、大舞台には弱いのかもしれませんね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




現在の007シリーズでジェームズ・ボンドを演じているダニエル・クレイグ降板したという噂が流れているようですね。

ダニエル・クレイグは、ジェームズ・ボンドとしては6代目となっていて、シリーズ21作目の「カジノロワイヤル」から登場し、現在、最新作である24作目「スペクター」までに出演しています。

契約では、あと1作の出演が残っているということもあり、もう1作は007として登場しそうですが、ダニエル・クレイグ本人が、ボンドとしての役目を果たしたと考えているそうで、残り1作品の契約を解除してしまうなんてこともありえるかも知れませんね。

ちなみに、最新作「スペクター」で登場したボンドカー、アストンマーティンが、イギリスのオークション「クリスティーズ」で、243万4500ポンド、日本円にして約3億9370万円で落札されたそうです。

このアストンマーティン「DB10」は、撮影用に10台製造されたのだそうですが、映画のために8台が改造されていて、完全な形として残っている2台のうちの1台のようで、ダニエル・クレイグのサイン入りとなっているのだそうです。

スターウォーズの次回作の制作においては、警備費に4億8000万円

もかけられているそうですから、やはり映画というのはお金がかかるのですね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧