goo

引っ越しました

2005年6月から始めた「かぎしっぽ通り」。
ブログを通して、皆さんに出会えたことに感謝です。

このたび、使い慣れたgooから気分一新、エキサイトブログに引っ越すことにしました。

新しいブログは、こちらです↓
エキサイトブログ 『かぎしっぽ通り』

ブックマーク頂いている方には、ご面倒をおかけしますが、
URL変更をお願いいたします。
これからも、新しい「かぎしっぽ通り」をよろしくお願いします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桜もち

向島百花園から、以前から食べてみたかった「長命寺の桜もち」を求めて
浅草方面へ歩く。

よくみる桜餅とは、姿が異なることに驚く。
お餅ひとつに、塩漬けの桜の葉が3枚も!
桜の葉の香りを楽しみながら食す。甘すぎないこしあんも美味。

          
こちらが箱を開けた状態。
桜の葉の上品な香りがします。
持ち帰りは、一番小さい箱が6個入り。

          
もちろん、乙女さんの新入りチェック済み。

          
お店は、隅田川沿いにあり、桜もち発祥の店とも言われています。
享保2年(1717年)に、初代山本新六が隅田川土手の桜の葉を集め、
塩漬けにして桜餅を考案したのだとか。

向島百花園も、文化2年(1805年)北野屋平兵衛さんと云う粋人が
作った「新梅屋敷」が始まり。唯一現代に残る江戸時代の花園。

大好きな江戸時代に思いを寄せた散策でした。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

雀が一羽

向島百花園に向かう歩道で、こんな可愛い消化栓。

「ちゅん、ちゅん。」
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

お月見

         
     

向島百花園では、月見の会(24,25,26日)が催されているとか。
このときだけは、夜9時まで開園。
お琴の演奏を聴きながら眺める月と秋の野花は、さぞ風流なことでしょう。
行こうかなと思いつつ、腰が重い週の真ん中。
家から月を眺めて乾杯。

先日、公園で小耳にはさんだお話。
この風流な庭を「雑草だらけ」と言う人がいると言う。
「雑草という植物はないんですよ。」
と園内ボランティアの方がこぼしていました。

きっちりと区切られた日本庭園も美しいけれど、
こんな野趣あふれる庭園を好きだなぁと私は思う。

*向島百花園
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

夏の名残り

夏も終わりですが、朝顔が次々と花を咲かせています。
つるは、まだ伸びようと、隣のブーゲンビリアに巻きついています。

初夏に咲いた朝顔が種を付けてくれました。
来年は、種から育てよう。

            

暇にまかせて、種で遊んでみたりして…。

            

「なに、やってんの?」
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ