夕焼けシャッフル

東日本大震災で被災された全ての方へ心よりお見舞い申し上げます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

覚え書き 2

2014年04月15日 | また009ですか
サイボーグ009を、あえて脳内実写版にするなら に追加で覚え書き。 ジェット・リンク(002)  =   ガブリエル・マン この人しかいない。 私の中では。 うん。 . . . 本文を読む
コメント

今年もよろしくお願いいたします

2013年01月16日 | また009ですか
2013年を迎えましたね いつ更新されるかわからないようなブログですが 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます いつもお世話になっている nyakoさんと杉本七星さんのHP Daydream Laboratory にて ぷーちゃ編集長のdesk の部屋を更新していただきました 『RE:』 にまつわる事件が起きたようです あいかわらずのようです お暇な方は遊びにいっ . . . 本文を読む
コメント

コミック版009完結編

2012年10月31日 | また009ですか
RE: を観てから、遅れてやってきた完結篇マイブーム 先日 conclusion の小説を一気に読みまして 3巻のフランちゃんに起こった出来事にショックを受けつつ あまりに壮大なお話にまだ自分の中で噛み砕けていませんが。 やっぱり神々と戦うということは地球規模でものすごいことが起こるということで となると、地球人が受ける受難も尋常じゃないものなわけで。 だからつまり、それっ . . . 本文を読む
コメント

009 RE:CYBORG を鑑賞しました

2012年10月29日 | また009ですか
009 RE:CYBORG いよいよ公開されましたね 私も3Dで見てきました 10月19日の新宿でのイベント付上映のチケットをお友達に取っていただけて。 Mさん、Sさん、Yさんありがとうございました。 諸々、感想を書いてみたいと思います ネタバレを含んでいますので、大丈夫な方だけお進みください RE:については、ほとんど不勉強のまま見ました RE:が上映される、 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

覚え書き

2012年06月29日 | また009ですか
009のキャラ達を、 あえて(もしくは強いて)脳内実写にするならば の、自分用の覚え書き。 アルベルト・ハインリヒ  =  ショーン・ビーン  映画「アンナ・カレーニナ」出演時のこざっぱりした雰囲気で。 ピュンマ  =  ヒル・ハーパー  テレ東でよく放送されるドラマ「CSI:NYシリーズ」出演時の雰囲気で。 島村ジョー(10代前半の頃のイメージ)  =  手越祐 . . . 本文を読む
コメント

お久しぶりの妄想発見

2011年08月27日 | また009ですか
私事ですが、ただいまちょっとした事で入院しております。 三日前に手術いたしました。 大した病気ではないので月曜日には退院します。 で。 入院中、病院にあった本を読みましたらば、久々に妄想いたしまして。 と言っても自ら妄想したわけでもなんでもなく・・・ またまた二人にあてはめて読んだら妄想できたという類のものです。 皆様に同じように妄想していただけるかどうかは不明ですので、毎度のこ . . . 本文を読む
コメント

009版映画『シルク』

2010年05月14日 | また009ですか
何年もほったらかしですみません なかなかログインできず、まったく更新できない日々でございます が。 ひとつ書きたいことを発見したので 書き留めておこうと思いました 最近、録画しておいた映画を見たのですが それがまた ジョーとフランソワーズによくあてはまりそうな映画でして 日本では2008年1月に公開されたようです タイトルは 『シルク』 とっくにご存知の方も多いかとは思い . . . 本文を読む
コメント (2)

島村さんと島さん

2008年05月29日 | また009ですか
課長 島耕作 が 社長 に就任。 すごいな〜 よっ!エリート社員 で、社長 島耕作さんが記者会見してました テレビから流れるこの優しげな声・・・。 ・・・もしや? ・・・この低すぎず高すぎず ・・・甘くこころに響く懐かしいこの声は? 悔しいけど 島村さんですか? あなたもしや島村ジョー作さんですか?! ・・・そうだろうね・・たぶん とか言われちゃうん . . . 本文を読む
コメント (4)

どいひー

2008年03月13日 | それ以外
いったいどんだけほったらかしなのか…。 どいひーブログっす。 . . . 本文を読む
コメント

あけましておめでとうございます

2008年01月01日 | また009ですか
新年あけました。 . . . 本文を読む
コメント