moonstone

分身3人+相方1人+2匹
一応母ですが・・。
それでも、気ままにマイペースに生きてます(^^)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

咲きました~。

2010-03-19 22:05:15 | 日記
  桜咲きました(^^)

 ありがとうございます。

 行く時は、
 タバコ臭いの、防虫剤臭いの 車に酔った の なんのと
 愚だ愚だしていた2号
 (実家に預けていたスーツを持ち帰ったので
  防虫剤の臭いが・・・)

 学校に到着し、自分ひとりで見てくるとこれまた
 愚だ愚だ

 仕方なく車で待機していましたが
 なんとか2号のも咲いたようで(笑)

 今度はいたって強気な2号
 「みてくればいいじゃん」
 いったいお前は何もんだよ

 今度はお腹すいたのなんの・・・
 いったいお前はどこまで・・・

 ま~でも無事自分の行きたかった高校は合格・・・
 きっとね~。
 なんか夕方の時点で、2号の学校からは通知の書類が届いてないと(笑)
 念のため、受験番号の所は写メ取ってきたんだけどね

 さすがというか、やはりというか
 ただでは済まない2号
 この期に及んでまだ、普通に事が進まないのか

 ま~無事合格したので
 ご報告します(笑)

 今日は400キロほど運転して疲れたのと
 明日は、面接を控えているので
 寝ます
コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

明日です・・・。

2010-03-18 15:12:16 | 日記
 2号君の合格発表は明日です。
 当初16日の予定でしたが。
 インフルで後日試験を受けえる子が一校でもあれば
 19日に変更・・・。
 はい、明日です。
 
 駄目もとで見に行ってきます(T-T)何時間かかるの???
 って感じですが(笑)

 明後日のご報告・・・。
 凶とでるか吉と出るか(笑)
 斯うご期待あれ
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ん~私の考え方がおかしいのかな?

2010-03-17 16:42:23 | 日記
 去年の夏ごろから娘が
 「習字また習いたい」と言っていましたが。
 部活を考えるとやはり無理・・・
 でも、この時期に及んで、やはり習字を習いたいという娘
 
 そこでパパさんに相談
 パパさんに返事は
 「習字と硬筆は違うし、習字をしていたからと言って
  字が綺麗になる事とは違うから
  ノンが、今まで以上に綺麗に書く努力をするって言うなら
  良いんじゃない?」

 部活動は(バドミントン)17時以降は、スポ少という名に変わり
 18時頃まで続行される。
 スポ少は強制ではありません。
 そして習字はスポ少のない曜日
 そして週一の習い事

 習字の事に関しては、まずは顧問の先生と相談しなさいと
 娘に言って送り出しましたが・・・。

 なんと先生の話は
 「練習が遅れる、皆に迷惑をかける」
 考え直すように・・・。
 
 正直私はこの顧問の先生が好きじゃありません。
 私の常識に当てはまらないからです(笑)

 部活で、娘の学年の女の子は5人と奇数
 女の子によくある一人余るって問題が(笑)
 娘もそんな問題にぶち当たり、先輩と一緒に居る事が多い様です。
 娘を含め2~3人子が1年生のリーダー格の機嫌により
 はじかれて居たようですが・・。
 
 そんな事もあり、何回か話し合ったものの奇数は奇数
 娘は、なるべく一人でとか、先輩と居るようにしたようですが・・・。
 そんな娘に先生は

 「1年生どうし一緒に居なくていいのか?
  先輩は来年は引退し、居なくなるんだぞ」

 先生の言いたいことは乞うらしい
 1年生は1年生と居なさい・・

 ついこの間も、1年のリーダー格の子が
 「ちゃん嫌い、口きかないようにしよう」
 と言いだし・・・・。
 そんなの嫌だと言った子もいたようですが
 その子に声をかけようとすると、リーダー格の子が
 わざと、声をかけようとした子を呼ぶ・・・。 
 そんな感じだったようです。

 見かねた2年の先輩が顧問の先生を出しました。
 「ちゃんがかわいそうだから…助けてほしい」と
 するとその先生の言った事は(T-T)
 
 「自分から助けを求めてこないと・・・」

 私的に言わせれば、助けを求めていける子なら、
 まだ少しは強い子なんじゃないかと、

 自分から命を絶つ子たち
 学校側は「いじめは把握してません」
 良く聞く決まった返事

 苛めた子もそう
 「遊びのつもりだった」
 「冗談だった」

 娘がはじかれて居た時も、相手から出た言葉は
 「だって、のんちゃんがあまり気にして居ないようだったから」
 「何も言ってこなかったから」
 意味わかんねぇしって感じでした。

 娘の件に対し、私達が顧問の先生や学校に
 どうのこうの言った事はありません。
 (2号の怪我させ事件もあるので・・・)


 私達夫婦の考えは
 「成長過程で必ず、ある人との付き合いのトラブル」
 よほどの事がない限り、子供たちで可決するまで
 見守りましょう。です。
 そして、娘には
 「自分が思って無くても、相手の気分一つで
  良くも悪くも受け取るし、まずは、自分に
  非がないか考えろ」
 本来、わが子を庇うのが先でしょうが、
 私は疑うのが先です・・・
 話はそれましたが

 顧問の先生はそんな感じなんで
 私は好きにはなれません。

 良く言えば熱血んでしょうね
 でもどうしても親の事情で・・
 私なんか祖母の所に行くことも多々あり
 どうしても、帰りが夜の20時を過ぎてしまう事もあり
 そんな時は、休ませ一緒に連れて行きたいと思うこともあります。
 何かあっても、迎えに来れないからね~。
 それでも、顧問は
 「どうしても行かなきゃないのか?」
 「親ともう一度相談して来い」
 って言います

 学校から出たらあとは、保護者で責任を・・・
 と言われますが
 一体どうしろって言うんでしょうね

 後で学校の部活の顧問の先生と話をしてみようと思います。
 部活も大事ですが、習いたいって子供の意欲も伸ばしたい
 両立は難しいのか?
 やはり義務教育、学校優先か
 ん~~~
 皆さんならどうしますか?
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと怖い話

2010-03-16 18:05:31 | 日記
 それはピチビビママちゃんが結婚する前に、
 パパさん宅に居候していた時の話です。
 (パパさん宅から仕事いってました

 もともと寝付きが悪い私。
 眠りも浅く、朝まで目が覚めないって事がないんです。
 きまって2~4時間に目が覚めるんです。
 それは小学から続いている事でした。
 
 草木も眠る丑三つ時
 
 と言われる時間、あまり気持ちの良いものでは無いし
 怖いと思ってもいました。
 でも、パパさんの家に居候してる時は
 一人で寝るわけでは無かったので、
 怖いとは思いましたが、一人じゃないっていう
 安心感もあり、前ほどは怖いと思いませんでした

 ある日、何時もように目が覚め
 なにげに頭の方にある、部屋の戸に目が行きました。
 パパさんの部屋の戸は引き戸でした。
 そして、ベッドではなく布団を敷いて寝ていました。

 ちゃんと閉めたはずの戸が頭一つ分開いているんです。
 暗い中、目を凝らして開いてる戸を見ると・・。
 廊下側になんか居るんです。
 床の部分に丸い黒い物体が

 その物体がすっといなくなり、
 トントントン
 階段を下りる音がしたんですが
 それ以上何も音も気配もしないんです

 パパさん家の階段は
 上ると左右に分かれ、その分かれるときに
 左右どちらにも三段ぐらいの階段というかダンがあるんです。
 いわいるT字路ですね(笑)

 その3段を下りた音がしてそれっきり・・・。
 しばし呆然としてましたが
 急いでパパさんを起こしましたが、
 あまり信用しないパパさん、
 「大丈夫だ~寝ろ~」
 の一言で済まされ、パパさんは爆睡してました。

 このころパパさんのお家には10キロもある猫が棲んでまして。
 その猫かな?そう思いましたが。
 なんかちがかったようで・・・・。
 
 その黒い丸い物体からは邪念や恐怖を感じなかったので
 悪いものではないと思いましたが。
 やはり、そういった物を感じなくても
 怖いものは怖い
その後丸い黒い物体は見ることはありませんでしたが。
 
 あれは私の見間違いだったのかな???
 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

久々のワンコ&公園散歩

2010-03-16 16:27:25 | 日記
 今日は北上川の近くの公園?広場にお散歩に行ってきました
 すると・・・。
 ワンちゃん発見

 
 
 
 
 
 
 

 1歳と8カ月の女の子
 かいちゃん 良く走るワンちゃんでした。
 甲斐犬と柴犬のmixですって
 あまり人に寄りつくワンちゃんではなかったですが
 遊びたくて、遊ぼうの動作とオーラがバンバン出てました

 次に会ったワンちゃん
 持ち逃げしたかったです

 
 チワワの「こたろう」くんと
 ヨークシャの「ももた」
 いっておきますが、このももたくん
 
 9歳 ♂ です。

 めっちゃ小さいでしょ

 
 ほら~。

 
 ほら~。

 
 パパさんの靴と比べても(笑)
 こんなに小さいんです

 寒くてなのか、もともとそういうワンちゃんなのか
 プルプル震えていました。
 そして、とにかくジッとしていないんです。
 止まることなく、チョロチョロと動き回っているんです。

 そしてまたまた
 わんちゃん登場
 
 
 ごめんなさい顔が・・・
 シーズーの女の子
 (名前も聞き忘れました
 シーズーと言えば、「ラッキー君」
 そんなイメージだったので
 シーズーってこんなサイズのワンちゃんだったのね(笑)
 と実感してきました
 改めて「ラッキー君」大きいかもね~
 そのシーズーと一緒に来た
 
 
 真っ黒のプードル
 着てる服からして、男の子のようでした

 一生懸命走る、かいちゃんに
 

 



 チョロチョロ鼠のように動く「ももた」くん
 チョットめたぼな「こたろうくん」(汗)
 そして・・・・。

 
 寒さと30分以上外に居たストレスと・・・。
 パパさんからの「おやつ」で頭と、気持が一杯の
 我が家のお嬢さん方
 
 最後はピーチもビビも散歩に行ったにも関わらず
 抱っこされてました

 帰りの車中
 
 助手席に乗り、後部座席を見つめる、ピーチ

 
 後部座席のビビも負けずと、前席を偵察

 
 見つめるピーチ

 
 見つめるビビ

 

 

 なぜかビビは、後部座席に落ち着くんです。


 ま~チョット遠出したお散歩のUPでした。

 そして今日は子供たち3人にカレーを作ってもらいました。
 もちろん指導はパパさんです
 

 
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加