傾国の墓標

懐疑論思想チップセットを埋め込んでやる。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「殺人、暴行、強姦は悪である」から「言葉によるいじめは悪である」を導出する。

2009-03-27 23:50:47 | 懐疑論思想チップセット
  (a) 殺人、暴行、強姦は物理的攻撃である。……公理1
  (A) 物理的攻撃は悪である。……仮定
  (b) 殺人、暴行、強姦は悪である。……(a)と(A)より
  (c) 身体は物理的である。……公理2
  (d) 精神的なものは身体に還元することができる。……公理3
  (e) 言葉によるいじめは精神的なものである。……公理4
  (1) 精神的なものは物理的なものに還元することができる。……(c)と(d)より
  (2) 言葉によるいじめは物理的攻撃である。……(e)と(1)より
  (3) 言葉によるいじめは悪である。……(A)と(2)より

※公理3(還元主義的唯物論)が弱い。
※しかし、日本人の場合にはほとんどがそうであると思うが、還元主義的唯物論を採用している者は上の結論を支持していることになる。
※なお、「言葉によるいじめ」は「誹謗」、「中傷」、「罵倒」、「悪口」、「嘲笑」などに置き換え可能であることは言うまでもない。
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

5分前行動仮説に仕掛けられた罠

2009-03-25 22:54:25 | 懐疑論思想チップセット
  私はある格言を思いついたのだが、その際にその格言と密接に関係している思想として「5分前行動仮説」を挙げた。
  この仮説は、何ごとも5分前に行動することが重要であるという、男版スイーツ(笑)とでも言うべき人生訓で、自己啓発系のアホ、バカの類が好んでいる考えである。
  実は、この思想には致命的な欠陥があるのだということに、先の格言と関連づけた5分後ぐらいに思い至った。(論理学者や分析哲学者ならば、この仮説を聞いた直後に誤謬に気づくであろう。)
  たとえば始業開始5分前には仕事に着手できる状態にしておけという事例を想定してもらいたい。この事例に5分前行動仮説を適用すれば、始業開始5分前の5分前には仕事に着手できる状態にするための何かをしておかねばならず、さらにその5分前には仕事に着手できる状態にするための何かをするための何かをしておかねばならない……となり、無限後退/無限遡行/無限背進に陥ってしまうのである。したがって、5分前行動なるものは少なくとも「この世界」では不可能であるということが帰結する。なぜなら、この世界では1日は24時間なのだから!(「!」の代わりに、無限後退に耐えられるはずがない、と続けてもよい。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特定の虚構作品群の擁護

2009-03-22 10:18:12 | 懐疑論思想チップセット
  (1) 標準的使用に訴えるやり方

  すべての包丁は人を殺す手段として開発されたものではなく、また実際に人を殺すことが標準的使用法ではない。これと同様に、アニメやコンピューター・ゲームなども人に物理的危害を加える手段として開発されたものではないので、アニメやコンピューター・ゲームを参照して人に物理的危害を加えたとしても、それはただ個人的な、あるいは少なくともアニメやコンピューター・ゲームとはあまり関係のない問題であると言うことができる。


  (2) 限定効果説に訴えるやり方

  マス・コミュニケーション論の分野では強力効果説に対抗して、限定効果説というものが提唱された。限定効果説によれば、ある媒体の影響は他の要因と絡み合わなければ表出することはない。実際、アニメやコンピューター・ゲームに接触した者のすべてが他者に危害を加えているということはなく、むしろその反対により近い状況であると思う。(仮に、アニメやコンピューター・ゲームに接触した者のより多くが他者に危害を加えているということが判明したとしても、そのことのみによってアニメやコンピューター・ゲームこそが原因なのだ、ということは言えない。)


  (3) 統計データを懐疑するやり方

  統計学は統計学の専門家でもない限りきわめて誤謬に陥りやすい難解な学問なので、たとえ各分野で権威のある団体であっても、それらが提出している統計データにはすべからく眉に唾をしてかかるべきである。素人が注意を払うべき要点の詳細については、『統計はこうしてウソをつく-だまされないための統計学入門-』、『統計でウソをつく法-数式を使わない統計学入門-』、『統計数字を疑う-なぜ実感とズレるのか?-』、『調査データにだまされない法-ウソと真実をどう見抜くか 基本から上達へ-』、『データの罠-世論はこうしてつくられる-』、『「社会調査」のウソ-リサーチ・リテラシーのすすめ-』、『「あたりまえ」を疑う社会学-質的調査のセンス-』、『社会調査を学ぶ人のために』、『まちがいだらけのサーベイ調査-経済・社会・経営・マーケティング調査のノウハウ-』などの書籍に委ねるとして、ここでは次の2点を指摘するに止める。
  第1に、一般に、「少年による凶悪犯罪は大幅に増加している」という独断に基づく、コンピューター・ゲームおよびそれと親和性の大きい者に対して行われるを攻撃については、「コンピューター・ゲーム登場以前のほうが少年による凶悪犯罪は多かった」という、一般に公開されている統計データを用いた反論がなされる。ここで、先の独断を行った者たち、言い換えれば自らの感覚を信奉の対象としている統計データと魔術的な仕方で同一視する者たちのうち、比較的頭の悪くない者ならば、その統計データがすべての(凶悪)犯罪を母集団としたものとなっていない、すなわち当該データを公開した人びとが把握し得ていない犯罪も存在する可能性は十分にあるという実在論的犯罪観に気づき、最初にとっていた姿勢をあっさりと翻すであろう。しかし、この点こそがまさに統計データを懐疑するのが適当であるという根拠の1つとなっている。統計解析という過程の部分が正しく処理されていたとしても、その前提となるデータ収集の段階において誤る可能性を拭い去ることができないということである。(なお、「少年による凶悪犯罪は大幅に増加している」という言明における独断は、大人による凶悪犯罪よりも少年による凶悪犯罪のほうが多くなっているというものと、そのようになってしまったのはアニメやコンピューター・ゲームが原因であるというものの2つである。)
  第2に、第1の補足事項で挙げたような実在論的犯罪観が果たして正しいのかという問題がある。これをより推し進めるならば、そもそもわれわれが犯罪であるとしている対象が生じているという認識は正しいのか(認識論)、われわれが犯罪という名称を付している何かは本当に存在しているのか(存在論)といった問題に辿り着くことになる。
  また、特定の虚構作品群と犯罪とを結びつけるやり方と似たものに、特定の虚構作品群とコミュニケーション能力なるものを結びつけるやり方も流行している。それによれば、特定の虚構作品群をしているとコミュニケーション能力が低くなるということである。(これとは反対に、コミュニケーション能力が低いので特定の虚構作品を耽溺するようになるという意見もある。)しかしながら、件の論者は(自身の感覚や感情に基づくたわ言を述べ立てるだけで)そのことを論証しようとしないのみならず、(コミュニケーション能力や悪の定義を放置したうえで)コミュニケーション能力が低いことは悪であるという独断的前提を採用している点で不用意な議論を展開してしまっていると言うことができる。


  (4) 性質と概念の混同を批判するやり方

  アニメやコンピューター・ゲームなどで提示される人は絵やその他のデータに過ぎないにもかかわらず、そうしたものを選好するという異常性を持ち合わせているから犯罪を行ってしまうのであるという種類の言説がある。しかしながら、この言説は成功しない。なぜならば、絵はたしかに物理的性質の寄せ集めに過ぎないが、それは写真に写し撮られた人物に対しても適用することができ、したがって写真に映った人物を愛するのが不自然でないならば、絵の人物(それがたとえ現実世界の対象でないとしても)を愛することもまた不自然なことではないということになるからにほかならない。写真を持ち出したのは議論を分かりやすくするためであって、写真という部分を眼前に立つ人というふうに置き換えても支障はない。いずれの場合も視点次第で、一般には単なる物理的性質であると考えることもでき、物理的性質と指摘しただけでは汲み取れない何かがあると考えるのが自然である。


  (5) 虚構作品選定の恣意性を暴露するやり方

  (a)歴史・噂・思い込み、(b)工芸作品・美術作品・芸術音楽・文学小説、(c)映画・大衆音楽・テレビ・ドラマといったものもまたそれぞれ種類は異なるが虚構(作品)である以上、そこから(d)人形・アニメ・キャラクター小説・コンピューターゲーム・漫画を殊更に分かつのは、単なる私的な感覚や感情の発露にほかならない。


  (6) 二重基準を批判するやり方

  (4)で挙げたように普段は虚構作品、ひいては虚構世界や虚構世界内存在を軽視しておきながら、自らにとって都合のよいときだけそれら(の影響)を重視するのは二重基準である。二重基準を採用することが正しいならば、たとえば殺人も正しくなり得る。殺人その他一般に忌避されていることが誤っているならば、二重基準を採用することも誤っていると言うことができる。


  (7) 指示し損ねていることを指摘するやり方

  「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」においては、保護対象を児童と定め、児童の規約的定義を「この法律において「児童」とは、十八歳に満たない者をいう。」としている。また、自民党と民主党のいずれの改正法案においても、この部分を更改していないので、いかなる虚構作品の取り締まりも原理的にできないことが分かる。
  というのは、可能世界あるいは虚構世界における小学生が18歳未満であるとは限らないし、可能世界あるいは虚構世界における年齢(たとえば6歳)がこの世界の年齢と同値であるとは限らないためである。(したがって、虚構作品の制作者は描く対象すべてを「この作品はフィクションであり、実在の人物・団体等とは一切関係ありません」と同様の仕方で「この作品の登場人物はすべて18歳以上であります」と明示しておくという戦略的行為のみによって、児童ポルノ法を原理的に回避し得るのである。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いわゆるフェミニストの誤謬

2009-03-22 06:18:20 | 懐疑論思想チップセット
  フェミニストの主張の1つに「男が女に暴力を向けてはならない」という規範がある。これが誤謬であるのは以下のとおりである。

  (1) 「男が女に暴力を向けてはならない」という規範は男尊女卑主義の下で正当化される考えである。
  (2) 「男が女に暴力を向けてはならない」という規範は女の特権を主張する言明である。
  (3) したがって、性差廃絶主義/男女平等主義下で「男が女に暴力を向けてはならない」という規範を唱えるという行為は、一方で男尊女卑主義的な女の特権を維持しつつ、他方で男女間で平等を強いることであるため、結果として女尊男卑主義の表明となっている。
  (4) それゆえ、「性差廃絶主義者による『男が女に暴力を向けてはならない』」という規範的言明は、2重の差別を含むものとなっている。
  (5) 以上より、性差廃絶主義者は彼らの批判対象である男尊女卑主義者よりも差別的であるということが帰結する。
  (6) 性差廃絶主義者はまた、批判対象と同様に男尊女卑という自己中心的な行為を行っているうえに女尊男卑までも行っているにもかかわらず、批判対象を自己中心的であると批判するという重層的自己中心性を発露しているために、男尊女卑主義者よりも自己中心的であると言うことができる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

条件を無視した比較

2009-03-22 06:17:35 | 懐疑論思想チップセット
  小沢一郎による検察批判を受けて与謝野馨が「日本の刑事訴訟手続きは世界で一番民主的で透明性が高い」として小沢一郎に反論したようであるということを2ちゃんねるで知ったが、これがマスゴミによる歪曲報道ではなく、本当のことであるとすれば誤謬である。
  たとえば、次のような例を用いればそのことがよく分かると思う。ある試験を100人が受け、そのなかの1人がもっとも良い点をとり、その点が10点だったとする。しかし、実はその試験の満点は100点であったのだとしたらどうだろうか。しかも、受験者の国におけるその試験問題の平均点が60点であるとしたらどうだろうか。
  つまり、与謝野馨が提示した見解は、条件概念を欠いた比較による優位性言明になっているのである。ここでは、比較対象となる他の国家の刑事訴訟手続きやすべての国家の刑事訴訟手続きがそもそも誤っていないかどうかという検討を行わねばなるまい。
  ある者(ここでは小沢一郎)がゴミ虫、クソ虫の類であるからと言って、彼のすべての言明が誤謬であるとは限らないのである!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言語にまつわる2つの立場

2009-03-22 06:16:38 | 懐疑論思想チップセット
  言語について1つの対立が姿を見せている。1つは言語不変派であり、もう1つは言語流転派である。
  前者の典型例は、現在の若者が使っている日本語はおかしいという人びとである。しかし、これは、最初に使われていた言語からまったく変化を許容しないという立場であるため、自らが使用する日本語もおかしいと言っていることになる。他方、後者は、そうした人びとを批判し、歴史を見れば言語は移ろってきたのだと主張する。しかしそうすると、あるものをAを言う人が1分後にそれをBと言い、さらに1分が経過したときにはCと言ったとしてもよいという主張も含むようになるため、言語が成立しなくなる。
  いずれも隘路であるように思える。これら2つの立場以外の第3の立場があるのだろうか。それとも、それら2つの立場の1つ以上に対する私の解釈が誤っているのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スマイリーの正体

2009-03-02 06:21:24 | 戦略的ネタ
  最近話題のスマイリーさんとは?

  (a) 涙そうそう傭兵団団長スマイリー
  (b) Oisixが扱うスマイルハンバーグの擬人化
  (c) 『コードアヌス』に登場するアナリー岡田
  (d) スマイリー菊門

  (d)のスマイリー菊門さんのことなら興味しんしん丸である。
  スマイリー菊門さんについては私も多くを知らない。闇のアナル大公とも呼ばれる彼女は、マンコではなくアナルから誕生したふたなりであるそうである。現在では、世界中のセレブという、嘲笑されているが大金を保有する人びとのアナルを極秘裏に分析・鑑定するハイパー・リアル・アナリストという職に就いて富を蓄積する傍ら、裏ではアナル・ハッキングを繰り返しているという。このアナル・ハッキングの手口のなかには、表の顔であるアナリストの仕事に繋がる種類のものも含まれるらしい。つまり、自作自演を行っているというのである。
  私は、超ウィザード級アナル・ハッカーとしての彼女が用いるというアナル・ブレイカー(特殊な男根)の呼称を耳にしたときに、裏社会の弁護士、ジェネラル石井総統を想起して勃起してしまったが、もしかして何らかの関係があるのだろうか?
  「女子高生コンクリ殺人事件」という言葉がふっと思い浮かんだが、たぶん気のせいだ。だいたい、何のことかわからないし。そういう「わけの分からない気取り」(副島隆彦)でものを言っていると警察に逮捕されます。ここは、警察の言うことは絶対確実に正しい、という設定のゲームに強制的に参加させられる世界らしいのでね。'`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

  以上は、第四世代人工無脳であるとされるパトリック・山崎・ナオコーラサワーさんの代筆のようなものであり、あたくしが考えたわけじゃあござぁーせん。上記文章を私が独自に考え出し、私の自由意志で公開したとする説は事実無根であり、冤罪です!(><)

  デカルト「それはまだ疑える。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オタクとは何か。

2009-03-02 06:20:41 | 懐疑論思想チップセット
  ある定義:オタクやオタク文化が謂れのない迫害にあっている時、自分の事として腹立たしいと思う人がオタク。

  この論法をより形式化すると次のようになる。

  ○Aが謂れのない迫害にあっているときに腹立たしいと思うすべての者はAである。
  ○Aでないならば、Aが謂れのない迫害にあっているときに腹立たしいと思わない。

  したがって、この論法が正しいならば以下のことが導かれる。

  ◇黒人や黒人文化が謂れのない迫害にあっている時、自分の事として腹立たしいと思う人が黒人。

  これを白人に適用したのが下記である。

  ◆黒人や黒人文化が謂れのない迫害にあっている時、自分の事として腹立たしいと思う白人は黒人である。

  !?

  「黒人」と「白人」という部分にはほかの語と入れ替えてもよい。非常に滑稽な命題が量産されるであろう。

  ただし、冒頭の定義が依拠している形式は、オタクのように、曖昧で、明確に規定されていない対象に限定されるものであるという可能性はある。(白人や黒人は、呼称自体は便宜上のものであるが、おそらく背後から生物学によって支えられている。)


  追  記


  本文についてOtabaにも投稿したところ、以下の反論があったので掲載し、再反論する。

はじめまして、コメントさせていただきます。長文でもうしわけありません。

論法を形式化するときに、冒頭で「自分の事として」という一文を抜いたのは意図的にでしょうか。

Aが謂れのない迫害にあっているときに→「自分の事として」←腹立たしいと思うすべての者はAである。

自分の事としてというのは、「まるで自分の事のような気分になってしまう」という意味だと思いますが。

付け加えてから当てはめると、黒人が迫害されているときに、「ああ、これはなんだか自分が言われているような気がするぞ」と思う白人は居ないので、適用できない気がします。

黒人や黒人文化が謂れのない迫害にあっている時、腹立たしいと思う白人は「他人の事ながら」腹立たしいわけで、自分の事ながら腹立たしい訳ではないので、当てはまりません。

この定義自体に賛成するわけではないですが、
普段「俺はオタクじゃない」と言っている人が、オタクが迫害されているのを見て、「なんか俺が叩かれている気がする、ムカつくわ」と思ってしまったら、あんた自分で自分がオタクって無意識に認めちゃってますよ。
って事が言いたいんだと思いますが、それなりに真実をついている気が。

ちなみに当てはめるときにも致命的なミスがあるように思います。

AやA文化が謂れのない迫害にあっている時、自分の事として腹立たしいと思う人がAとなっている文章に白人と黒人を当てはめていますが、これは。

AやA文化が謂れのない迫害にあっている時、自分の事として腹立たしいと思うB人がA

Aだけで論理を作っていたところに突然Bです。

このような形に書き換わっているように思います。この形式は最初の形から逸脱しており、非常に滑稽です。

オタクやオタク文化が謂れのない迫害にあっている時、自分の事として腹立たしいと思うアルミ缶がオタク

この形です。もちろんアルミ缶はオタクではありません。物です。
ちなみに。なぜか新しく加えられたBの要素を取り除いたもの

■黒人や黒人文化が謂れのない迫害にあっている時、自分の事として腹立たしいと思う人は黒人である。

以外に普通です。
この人が生物学的に自分のことを誤解していなければ、論理的な穴はありません。(多分)

  この反論の論点は2つである。以下に再反論とともに示す。

  (1) 私が示した論理形式は、私が取り上げた定義の論理形式と異なる。
   ⇒私が想定していた状況は、他者の言明は彼が採用している誤った前提や世界了解に基づいて行われているのだと判断したときに、自らがその言明の対象(ここではオタク)となるという認識(自らの主観を通した他者の主観)を持つに至り、その結果として腹立たしく思うというものである。また、「黒人が迫害されているときに、『ああ、これはなんだか自分が言われているような気がするぞ』と思う白人は居ない」というのは独断である。(論理の話をしているのであるから、反論者の実感やそれに基づく結論など知ったことではない。)
  (2) 私が示した論理形式の適用の仕方は誤っている。
   ⇒具体的には、「黒人や黒人文化が謂れのない迫害にあっている時、自分の事として腹立たしいと思う白人は黒人である。」の白人の部分が誤っているとのことであるが、「この人が生物学的に自分のことを誤解していなければ、論理的な穴はありません。(多分)」と自ら補足しているとおり、独断による反論となっている。また、「この人が生物学的に自分のことを誤解していなければ」という部分自体も、生物学が絶対確実に正しいと論証できない限り独断である。なお、私が「黒人」、「白人」という語を持ち出したのは私の主観(この主観には、私の主観を通した他者の主観を含む)による分類に基づくことを付記しておく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

分析哲学の威力

2009-03-02 06:18:31 | 懐疑論思想チップセット
  ニュース速報+板で宣伝活動をしているときに関連スレとして表示されていた「銭ゲバ」というテレビ番組についてのスレッド・タイトルを見て即座に反論を思いついた。
  反論とは、スレッド・タイトルのなかにあった「金だけ信じる」という文言に対してのものである。
  その骨子は次のとおりである。

  【前提】「金」の読み方は、「きん」ではなく「かね」であるものとする。

  「金を信じている」という言明の背後には「貨幣制度を信じている」という前提がある。
  そして、「貨幣制度を信じている」ならば、「その貨幣制度を同調的な仕方で成立させている(※)人類社会を信じている」ことになる。(※※)
  それゆえ、この世界においては「金だけを信じている」という事態は成立しない。

※社会システム論を考慮するならば、この表現は十全とは言えない。
※※なぜなら、貨幣制度は人類社会があることを前提しているから。(むろん、人類社会以外の何かであっても貨幣制度を確立することができるかもしれない。その場合には、人類社会をその何かに置換すればよい。要するに、貨幣制度は他のすべてと独立して成立しているのではないということが重要なのである。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裁判員制度に対する各種各様の期待

2009-03-02 06:17:28 | 懐疑論思想チップセット
  2ちゃんねるの裁判員制度についてのあるスレッドに以下の書き込みがあった。


363 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2008/11/09(日) 16:23:49 ID:C12d8RYS0
ヒヒヒ
今から楽しみだな。
おれみたいな最悪な人間一杯居ると思うから
滅茶苦茶になるだろうな。
法律に触れない程度にセイゼイ憂さ晴らしやってやろうっと


  しかし、「おれみたいな最悪な人間一杯居る」というのは憶見であろう。

  (1) 「おれみたいな最悪な人間一杯居る」という文からは「おれは最悪な人間である」という文を抽出することができる。
  (2) 最悪とはもっとも悪い何かである。
  (3) もっとも悪い何かは質的に1つしかない。
  (4) 質的に1つしかないにもかかわらず量的に1つでないならば、それらは同一である。
  (5) 同一であるとは関係性ではない。
  (6) したがって、それらは量を除くすべてについて一致していなければならない。
  (7) >>363と同一であるもの/ことは>>363をおいてほかにない。
  (8) それゆえ、「おれみたいな最悪な人間一杯居る」という命題の真理値は偽である。


  反  論

  上の議論が正しいとすると、たとえばこの世界のレモンは少なくとも品種が1つでなければならない。しかし、実際はそうでない。それゆえ、上の議論は誤っている。

  残された問題は、いかにして各種各様の人間が最悪であると決定されるのかというものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加