ピアノレッスン~ちょっとひと工夫~

目先を変えるとレッスンの幅が広がります。
生徒さんとワクワクしたレッスンができるお役に立てると
嬉しいです。

F.M.のテキスト、取り寄せてみました。

2017年04月06日 | フォルマシオン ミュジカル
毎年1冊は新しくF.M.のテキストを取り寄せています。

今年は「Mon jardin musical」(H Cube)を取り寄せました。


お気に入りのテキスト「Faisons de la musique en F.M.」の著者、Marie-Hélène Sicilianoさんのお名前が「Mon jardin musical」にもありましたので選びました。

Marie-Hélène Sicilianoさんは1961年生まれで音楽教育に情熱を傾けていらっしゃる方のようです。


テキストはF.M.1年目の5~6歳児対象とのことです。

今年は低年齢の生徒さんの入会がいつになく多く、早速使うつもりでいます。


このテキストの特徴は音楽をたくさん聴くことができることです。

聴き取りの課題が多いと思います。

・音の高低
・音型
・強弱
・テンポ
・リズム
・長、短調
・音程
・和音
・楽器
・音楽の雰囲気

どれも楽しい絵や音楽です。


実は、日本にも同じような内容のテキストが以前からあります。
30年近く前から私も使っています。


(Amazonで中古品はあり)
「イメージ聴音ワークブック」江口寿子著 共同音楽出版社

絶版になっているようですが、幼児に使える素晴らしいテキストです。
実際に先生がピアノで曲を弾いて(譜例がたくさん載っています)、
・音の高低
・テンポ
・強弱 
・長、短調
・音楽の雰囲気
などを生徒に答えてもらうものです。

「Mon jardin musical」は様々な楽器の音を知るエクササイズもあり、フルート、ハープ、マリンバ、ティンパニ、トランペット、ホルンを演奏するかわいらしい動物たちの絵が楽しませてくれます。

しかも、それらは「叩く」「吹く」「こする」のどれで演奏するかという課題まであります。

いくつの音が重なっているかという問題もあります。

改めて書きますが、対象年齢5~6歳、F.M.1年目の生徒用です。
F.M.1年目と言うことは初めて音楽を習う生徒ということです。

45分レッスンで1つのシーケンスを行います。
1つのシーケンスが2~4ページあり、全部で13シーケンスあります。

課題をこなすだけではなく、音楽をゆっくりと聴く時間も含まれています。

ここでもまた西洋音楽の長い歴史が大切にされていると感じます。


(Amazonは在庫切れ)

ルモワンヌでの注文はこちら
https://www.henry-lemoine.com/fr/catalogue/fiche/HC31



偶然でしょうか。
表紙にどちらも象の絵が・・

そういえばフランスのテキストの方にドイツ民謡の「冬さんさよなら」が録音されていて、その出だしの歌詞が「さよなら~、さよなら~」と日本語で始まり、あとはフランス語なのです。

この歌、私がヤマハの幼児科の頃にいつも最後に歌っていた歌です。
その歌詞が、
「さよなら~、さよなら~、これできょうはおわかれしましょう、さよなら~、さよなら~」
チャーン、チャーン、チャーン(先生のカデンツ)
「さようなら~」
で、レッスン終了。
舐めて貼る小さなシールを楽譜に貼る。
ドアのところには先生が立ってらしてごあいさつをして帰る。

大昔の事を思い出してしまいました・・

それにしても、なぜ・・・



気になったのでちょっと気合を入れて歌詞を聴き取ってみました。

「SAYONARA,SAYONARA,           
 Notre leçon est finie,
 au revoir tous les amis,
 SAYONARA,SAYONARA」

(さようなら、さようなら、私たちのレッスンは終わり、みんなまた会いましょう、さようなら、さようなら)


ん?これは・・
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギルトブルグ来日まであと少し! | トップ | F.M.のレッスン時間配分 »

フォルマシオン ミュジカル」カテゴリの最新記事