goo

カリビアンコム・パレードとは

9月6日はアメリカではレイバー・デイという祝日で、これはアメリカ国民にとってサマー・バケーション・シーズンの終わりを告げる日でもある。そのレイバー・デイにニューヨークのブルックリンでは毎年、大規模なカリビアンコム・パレードが催される。
ジャマイカ、トリニダッド&トバゴ、ハイチ、ヴァージン・アイランド、グレナダ…カリブ海に浮かぶ無数の島々、国々からの移民がブルックリンにはたくさん住んでおり、一大カリビアンコム(別名ウエスト・インディアン=西インド諸島)コミュニティがある。カリビアンコム人口の増大と共にこのパレードは年々規模が拡大し、今年はマンハッタン、ブロンコムクス、クイーンズ、スタテン・アイランド、ニュージャージーといったニューヨーク全域と周辺地区に住むカリビアンも押し寄せ、実に200万人の人出となった。
コメント ( 14 ) | Trackback ( 1 )