gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

被害者参加人、被告殴る=死亡事故、無罪主張に-水戸地裁(時事通信)

2010-03-17 16:21:43 | 日記
 自分の車に追突した車をそのままの状態にして走行し、追突した車の運転手を死亡させたとして、自動車運転過失致死や道交法違反の罪に問われた被告の論告求刑公判が11日、水戸地裁であり、被害者参加制度に基づき出廷した遺族が被告を殴り、河村潤治裁判長に退廷を命じられた。
 殴られたのは無職高橋重義被告(60)。最終意見陳述後、死亡した男性運転手=当時(29)=の母親が検察官の横の席から証言台の被告に近づき、「息子を返せ」と声を上げて拳で背中などを約10回殴った。弁護人によると、被告にけがはないという。
 論告で検察側は「救護措置を取らずその場から逃走した。救出していれば命は助かった」として懲役3年6月を求刑。母親は「重い実刑を」と意見を述べた。弁護側は、車が追突したと認識しておらず死亡との因果関係はないとし、公判で一貫して無罪を主張している。
 起訴状などによると、2008年12月3日午前5時ごろ、高橋被告が茨城県笠間市の常磐道の走行車線に大型トラックを止めたところ、男性の中型トラックが追突し、後部にめり込んだ。高橋被告はその後、そのままの状態で約20キロ走行。途中で中型トラックが炎上、男性を焼死させたとされる。 

【関連ニュース】
無期懲役を求刑=「追い詰められた」と死刑回避-2人強殺の裁判員裁判・鳥取地裁
元部下、2人殺害認める=「強盗目的ではない」-遺族が審理参加
わいせつ殺人、起訴内容認める=遺族の夫が被告に質問-43歳男の裁判員裁判・静岡
被害者参加、二審は実刑=死亡ひき逃げの男
850人に出廷許可=半数が自動車運転致死傷

<能古島切断遺体>不明の32歳会社員と判明(毎日新聞)
<訃報>河村禎二さん86歳=能楽シテ方観世流職分(毎日新聞)
<郵便不正>別の元部下も否定 大阪地裁(毎日新聞)
放火容疑で社員の男逮捕=滋賀リビング新聞社の火災-県警(時事通信)
公明 民主との連携、選挙後に視野…山口代表(毎日新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <奈良県警>現金授受の警官... | トップ | 福岡の連続保険金殺人 元看... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。