カトログ !! ~ カトレヤ交配種のブログ (Hybrid Cattleya's Blog & Database) ~

洋蘭の女王カトレアのデータベース(主に大輪系交配種)&育種交配・実生の魅力をご紹介

●Rlc. Brahma Emperor‘Spring Red’

2016年12月10日 00時00分00秒 | ■赤・濃赤紫系
※2016年12月10日内容更新(新画像追加等)

画像提供=サンセットさん(2016年11月)
■Rlc. Brahma Emperor‘Spring Red’
リンコレリオカトレヤ ブラーマ・エンペラー‘スプリング・レッド’
(Rlc. Regal Pokai x Rlc. Duh's Ruby (27/08/1996))
旧属名表記 Pot. Brahma Emperor、Rsc. Brahma Emperor
 極近い祖先に、赤やサンセットカラー系花の品種改良に大いに貢献した銘親たち C. Lisa Ann、C. Pirate King、Rlc. Sunset Bay などが名を連ねている交配。
 画像の個体‘Spring Red’は、温かみのある真っ赤な花色がとても印象的な極美花だと思います。黄目のある金脈の美しいリップと、ペタルのオーバーラップする整型の花型も素晴らしいと思います。

◎Rlc. Brahma Emperor の親品種の交配
・Rlc. Regal Pokai = Rlc. War Chant x C. Lisa Ann (01/01/1983)
・Rlc. Duh's Ruby = C. Pirate King x Rlc. Sunset Bay (01/05/1995)



※Rlc. Brahma Emperor の親品種(栽培・画像提供=岡山のレッドさん)
■Rlc. Regal Pokai‘Waianae’
リンコレリオカトレヤ リーガル・ポカイ‘ワイナエ’
(Rlc. War Chant x C. Lisa Ann (01/01/1983))
●Rlc. Regal Pokai についての記事は、こちらをクリック!


<Rlc. Brahma Emperor‘Spring Red’画像集>


画像提供=サンセットさん(2016年8月上旬)
■Rlc. Brahma Emperor‘Spring Red’
リンコレリオカトレヤ ブラーマ・エンペラー‘スプリング・レッド’



於:サンセットさん温室(花径約13cm、2010年11月開花分)
■Rlc. Brahma Emperor‘Spring Red’
リンコレリオカトレヤ ブラーマ・エンペラー‘スプリング・レッド’



栽培・画像提供=高知のセミイエローさん(花径12cm、2010年8月開花分)
■Rlc. Brahma Emperor‘Spring Red’
リンコレリオカトレヤ ブラーマ・エンペラー‘スプリング・レッド’



画像提供=サンセットさん(花径12cm、2008年10月開花分)
■Rlc. Brahma Emperor‘Spring Red’
リンコレリオカトレヤ ブラーマ・エンペラー‘スプリング・レッド’



画像提供=サンセットさん(3輪咲き、NS 13cm、2007年12月開花分)
■Rlc. Brahma Emperor‘Spring Red’
リンコレリオカトレヤ ブラーマ・エンペラー‘スプリング・レッド’



画像提供=サンセットさん(初花 NS 11.5cm、3輪咲き)
■Rlc. Brahma Emperor‘Spring Red’
リンコレリオカトレヤ ブラーマ・エンペラー‘スプリング・レッド’


画像提供=サンセットさん(初花 NS 11.5cm、3輪咲き)
■Rlc. Brahma Emperor‘Spring Red’
リンコレリオカトレヤ ブラーマ・エンペラー‘スプリング・レッド’



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

◆Rlc. Tzeng-Wen Bay‘Brilliant Orange’

2016年12月09日 00時00分00秒 | ■オレンジ(サンセットカラー)系
※2016年12月09日内容更新(新画像追加等)

画像提供=サンセットさん/交配・栽培・選抜=四国巡礼さん(2010年12月上旬開花分、14cm、2輪咲き)
■Rlc. Tzeng-Wen Bay‘Brilliant Orange’
リンコレリオカトレヤ ツェンウェン・ベイ‘ブリリアント・オレンジ’
(Rlc. Sanyung Ruby x Rlc. Chunyeah (20/05/2003))
 赤花の最高峰 Rlc. Chia Lin(チア・リン)の優秀な子供 Rlc. Sanyung Ruby(サンヤン・ルビー)と、台湾産セミイエローの優秀花にして銘交配 Rlc. Chunyeah(チュンヤー)との交配。ちなみに、この交配の登録は台湾の方ですが、画像の花は育種家四国巡礼さん交配による実生で登録とは逆の Rlc. Chunyeah x Rlc. Sanyung Ruby とのことです。
 画像の個体‘Brilliant Orange’は、その名の通り、濃く鮮明な発色のオレンジ・レッドの花色が非常に美しく、真ん円でボリューム感のあるリップの素晴らしい極美個体だと思います。

●Rlc. Tzeng-Wen Bay についての記事は、こちらをクリック!


<Rlc. Tzeng-Wen Bay‘Brilliant Orange’画像集>


栽培・画像提供=サンセットさん(2016年11月)
■Rlc. Tzeng-Wen Bay‘Brilliant Orange’
リンコレリオカトレヤ ツェンウェン・ベイ‘ブリリアント・オレンジ’



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

●Rlc. Spanish Eyes‘Tian Mu(天母)’

2016年12月08日 12時00分00秒 | ■黄色・セミイエロー系
※2016年12月08日内容更新(新画像追加等)

栽培・画像提供=岡山のレッドさん(2015年11月開花分)
■Rlc. Spanish Eyes‘Tian Mu(天母)’
リンコレリオカトレヤ スパニッシュ・アイズ‘ティエン・ム’
(Rlc. Apricot Flare x Rlc. Memoria Wang Tzu-Chang (20/06/2005))
※以下、箇条書きにて
旧属名表記 Pot. Spanish Eyes、Rsc. Spanish Eyes
・主に台湾で黄花の育種に重用されてきたイエローコンカラー系の銘親 Rlc. Apricot Flare と、セミイエロー系花の銘花にして銘親 Rlc. Toshie Aoki の子供 Rlc. Memoria Wang Tzu-Chang との交配。
・Rlc. Memoria Wang Tzu-Chang の親 Rlc. Victorina Nazareno の交配は Rlc. Faye Miyamoto x Rlc. Memoria Seichi Iwasaki (01/01/1981) で、前者は主にセミイエロー系花の後者は主にオレンジ(サンセットカラー)系花の共に優秀な親品種として実績のある品種同士の交配。
・個体‘Tian Mu(天母)’の花色は栽培環境等に影響されるようでクリアーな黄色に近いものからオレンジイエローに近いものまで変化するようです。特にリップの色にはその傾向が強いようです。
・Rlc. Apricot Flare の子供にはリップに奇形の出る傾向のあるものが多いように思われましたが、Rlc. Spanish Eyes‘Tian Mu(天母)’は大丈夫なようです。
・交配親としても極整型の優秀花を生んでくれそうな予感のするとても魅力的な花だと思います。

◎Rlc. Spanish Eyes の親品種の交配
・Rlc. Apricot Flare = Rlc. Fortune x Rlc. Waianae Queen (01/01/1983)
・Rlc. Memoria Wang Tzu-Chang = Rlc. Toshie Aoki x Rlc. Victorina Nazareno (01/01/1985)



<Rlc. Spanish Eyes を交配親とした品種登録実績一覧>
・Rth. Memoria Vivien Brennan (Rlc. Spanish Eyes x Rth. Orglade's Tradition (11/08/2014))

・Rlc. Chief Eyes (Rlc. Spanish Eyes x Rlc. Liu's Joyance (07/12/2009))

・Rhynchobrassoleya Chien Ya Dawn (Rhynchobrassoleya Golden Tang x Rlc. Spanish Eyes (14/04/2011))

・Rlc. Chien Ya Green (Rlc. Ports of Paradise x Rlc. Spanish Eyes (19/01/2015))
・Rlc. Chien Ya Sunrise (Rlc. Chunyeah x Rlc. Spanish Eyes (03/11/2005))
・Rlc. Rie's Valencia (Rlc. Chia Lin x Rlc. Spanish Eyes (27/03/2012))

・Volkertara Chien Ya Queen (Guaricattonia Chien Ya Ocean x Rlc. Spanish Eyes (10/04/2012))



<Rlc. Spanish Eyes‘Tian Mu(天母)’画像集>


栽培・画像提供=沖縄の長浜真俊さん(2016年09月下旬、1花茎3輪咲き、花径約11cm)
■Rlc. Spanish Eyes‘Tian Mu(天母)’
リンコレリオカトレヤ スパニッシュ・アイズ‘ティエン・ム’
 濃いオレンジイエローの花色が非常に魅力的です。沖縄の気候や紫外線量の差に起因するものと推察します。


栽培・画像提供=沖縄の長浜真俊さん(2016年09月下旬、1花茎3輪咲き、花径約11cm)
■Rlc. Spanish Eyes‘Tian Mu(天母)’
リンコレリオカトレヤ スパニッシュ・アイズ‘ティエン・ム’



栽培・画像提供=高知のセミイエローさん(2010年10月開花分、花径14.0cm)
■Rlc. Spanish Eyes‘Tian Mu(天母)’
リンコレリオカトレヤ スパニッシュ・アイズ‘ティエン・ム’



栽培・画像提供=サンセットさん(2013年10月開花分)
■Rlc. Spanish Eyes‘Tian Mu(天母)’
リンコレリオカトレヤ スパニッシュ・アイズ‘ティエン・ム’



栽培・画像提供=サンセットさん(2013年10月開花分)
■Rlc. Spanish Eyes‘Tian Mu(天母)’
リンコレリオカトレヤ スパニッシュ・アイズ‘ティエン・ム’



栽培・画像提供=サンセットさん(2012年9月開花分)
■Rlc. Spanish Eyes‘Tian Mu(天母)’
リンコレリオカトレヤ スパニッシュ・アイズ‘ティエン・ム’



栽培・画像提供=サンセットさん(2011年10月開花分、花径13.0cm、1花茎2輪咲き)
■Rlc. Spanish Eyes‘Tian Mu(天母)’
リンコレリオカトレヤ スパニッシュ・アイズ‘ティエン・ム’



栽培・画像提供=香川の曼荼羅さん(2010年10月下旬開花分、花径13.0cm、1花茎4輪咲き)
■Rlc. Spanish Eyes‘Tian Mu(天母)’
リンコレリオカトレヤ スパニッシュ・アイズ‘ティエン・ム’



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

◇Rlc. Newberry Pumpkin Pie‘'KK#110’

2016年12月08日 00時00分00秒 | ■黄色・セミイエロー系

栽培・画像提供=高知のセミイエローさん(2016年10月)
■Rlc. Newberry Pumpkin Pie‘'KK#110’
リンコレリオカトレヤ ニューベリー・パンプキン・パイ‘'KK#110’
(Rlc. Saint Helena Sound x Rlc. Susan Fender (20/10/2010))
●Rlc. Newberry Pumpkin Pie についての記事は、こちらをクリック!


※今回は上記内容のみのアップです。後日の更新時に情報を追加致します。



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。
 

この記事をはてなブックマークに追加

●Rlc. Mount Rainbow‘No.1454’

2016年12月07日 00時00分00秒 | ■スプラッシュ(クサビ)系

栽培・画像提供=小山晃一さん
■Rlc. Mount Rainbow‘No.1454’
リンコレリオカトレヤ マウント・レインボー‘No.1454’
(Rlc. Mount Cook x Rlc. Rainbow Wheel (08/01/2013))
 小山晃一さんのオリジナル交配・登録品種

◎Rlc. Mount Rainbow の親品種の交配
・Rlc. Mount Cook = Rlc. Mary Tuavera x C. Old Whitey (09/09/1992)
・Rlc. Rainbow Wheel = Rlc. Gale Kramer x C. Bizen Fouraker (09/01/2012)



※Rlc. Mount Rainbow の親品種(栽培・画像提供=小山晃一さん、2003年1月1日撮影分)
■Rlc. Mount Cook‘KOYAMA’
リンコレリオカトレヤ マウント・クック‘コヤマ’
(C. Mary Tuavera x C. Old Whitey (09/09/1992))
●Rlc. Mount Cook についての記事は、こちらをクリック!



※Rlc. Mount Rainbow の親品種(栽培・画像提供=小山晃一さん)
■Rlc. Rainbow Wheel‘Koyama’
リンコレリオカトレヤ レインボー・ホイール‘コヤマ’
(Rlc. Gale Kramer x C. Bizen Fouraker (09/01/2012))
●Rlc. Rainbow Wheel についての記事は、こちらをクリック!


※今回は上記内容のみのアップです。後日の更新時に情報を追加致します。


◆「小山晃一さんの「私の洋蘭栽培」」は、こちらをクリック!



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加