カトログ !! ~ カトレヤ交配種のブログ (Hybrid Cattleya's Blog & Database) ~

洋蘭の女王カトレアのデータベース(主に大輪系交配種)&育種交配・実生の魅力をご紹介

C. Longriver Compton‘Golden Star’

2017年01月23日 00時00分00秒 | ■セミアルバ系
※2017年01月23日内容更新(新画像追加等)

栽培・画像提供=沖縄の長浜真俊さん(2016年11月下旬)
■C. Longriver Compton‘Golden Star’FCC/AOS
カトレヤ ロングリバー・コンプトン‘ゴールデン・スター’
(C. Shellie Compton x C. Mount Pilchuck (01/01/1988))

■花色=セミアルバ系
■花径=15~18cmくらいの極大輪系
■花型=整型
■弁質=厚弁
■花着き=やや悪い
■着花輪数=1花茎に2輪くらい
■花期=晩秋~冬
■株姿=普通(やや暴れ気味)
■香り=有

旧属名表記 Lc. Longriver Compton、Sc. Longriver Compton
 主にペタルにペンシルスプラッシュの入るセミアルバ系花を生む銘親 C. Shellie Compton(シェリー・コンプトン)の子供の内でも本種は特筆すべき優秀品種であり、個体‘Golden Star(金星)’は1999年の台湾国際蘭展において、近年、セミアルバ系花には稀な FCC/AOS に入賞している有名優秀花です。
 なお、もう一方の親 C. Mount Pilchuck(マウント・ピルチャック)には本種 C. Longriver Compton 以外に交配親としての実績はありませんが、その親の C. Fedora(フェドラ)は雄大なリップを持つ子孫を生む親品種として知られており、現在の優秀美花たちに繋がる重要な品種たちを生んでいます。
 ちなみに、本種を筆頭に C. Chian-Tzy Mildcompton‘Kao Hwa(国華)’(チャンツィー・ミルドコンプトン‘コ・ウワ’)、C. Taida Swan‘Taida’(タイダスワン‘タイダ’)、C. Chyong Guu Swan‘Ruby Lip’(チョン・グー・スワン ‘ルビー・リップ’)は台湾が世界に誇る“セミアルバの四天王”と言っても決して過言ではない程の力強い魅力と存在感を有した銘花たちだと思います。
<入賞データ>
・FCC/AOS = 91P, NS180mm, F=2, 1999年


<C. Fedora を交配親とした品種登録実績(一例)>
・C. Jane Warne = C. Fedora x C. Priscilla (01/01/1947)
・Rlc. Janelle Tokunaga = Rlc. Fortune x C. Fedora (01/01/1978)
・Rlc. Meditation = Rlc. Déesse x C. Fedora (01/01/1974)
・C. Wayndora = C. Terry Wayne x C. Fedora (01/01/1962)


<C. Shellie Compton を交配親とした品種登録実績(一例)>
・Rlc. Chian-Tzy Lass = Rlc. Mount Hood x C. Shellie Compton (21/11/1996)
・Rlc. Kuwale Gem = Rlc. Segundina Vizcarra x C. Shellie Compton (05/09/2000)
・C. Breen's Jenny Ann = C. Persepolis x C. Shellie Compton (01/01/1989)
・C. Cheri Belle = C. Mrs. Frederick Knollys x C. Shellie Compton (01/01/1985)
・C. Chian-Tzy Mildcompton = C. Mildred Rives x C. Shellie Compton (16/06/1998)

◎C. Longriver Compton の親品種の交配
・C. Shellie Compton = C. Stephen Oliver Fouraker x C. Good Fairy (01/01/1977)
・C. Mount Pilchuck = C. Fedora x C. Louella O. Parsons (01/01/1973)


◎交配系統図は、こちらをクリック!(協力=Abiko Orchid Room Ronさん)


※C. Longriver Compton の親品種(於:四国巡礼さん温室(2007年12月下旬))
■C. Shellie Compton‘Touch of Class’BM/JOGA
カトレヤ シェリー・コンプトン‘タッチ・オブ・クラス’
(C. Stephen Oliver Fouraker x C. Good Fairy (01/01/1977))
●C. Shellie Compton についての記事は、こちらをクリック!


<C. Longriver Compton‘Golden Star’別個体(一例)>
・Summer Snow Red(サマー・スノー・レッド)
・Ching Hua(チン・ファ)



<C. Longriver Compton を交配親とした品種登録実績一覧>
・C. Village Chief Carp (C. Longriver Compton x C. Taida Swan (29/04/2004))

・Rlc. Eva's Sólo Travesías (C. Longriver Compton x Rlc. Toshie Aoki (15/04/2011))
・Rlc. Wendy Rajah (C. Longriver Compton x Rlc. Kuwale Gem (02/04/2013))

・Rlc. Eva's Sonido de Cristal (Rlc. Eva's Hija Primaveral x C. Longriver Compton (06/07/2015))



<C. Longriver Compton‘Golden Star’画像集>


於:2006台湾国際蘭展(画像提供=サンセットさん)
■C. Longriver Compton‘Golden Star’FCC/AOS
カトレヤ ロングリバー・コンプトン‘ゴールデン・スター’



栽培・画像提供=高知のセミイエローさん(2011年10月開花、花径16cm)
■C. Longriver Compton‘Golden Star’FCC/AOS
カトレヤ ロングリバー・コンプトン‘ゴールデン・スター’



於:神戸のSさん温室
■C. Longriver Compton‘Golden Star’FCC/AOS
カトレヤ ロングリバー・コンプトン‘ゴールデン・スター’



於:明石ラン会月例会(2006年12月)
■C. Longriver Compton‘Golden Star’FCC/AOS
カトレヤ ロングリバー・コンプトン‘ゴールデン・スター’
 花径18cm 程もある見事な巨大輪花!



於:明石ラン会月例会(2006年12月)
■C. Longriver Compton‘Golden Star’FCC/AOS
カトレヤ ロングリバー・コンプトン‘ゴールデン・スター’
 花径18cm 程もある見事な巨大輪花が着いた大株。審査に出したら FCC や GM 入賞も可能ではないかと思われる見事なつくりでした!



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

速報!「第13回 関西らんフェスタ」

2017年01月22日 00時00分00秒 | ■蘭展関連情報
1/21(土)。「第13回 関西らんフェスタ」を見学してきました。今回も見応えのある展示で、ご都合のつく方は是非、足を運んでいただきたいと思います(※1/24(火)まで!)。特に、往年の銘花から最新花まで揃った販売ブースの充実振りは特筆できると思います!


今年からデジタルサイネージ化!


於:第13回 関西らんフェスタ会場(1)
入賞花コーナー


於:第13回 関西らんフェスタ会場(2)
今年のグランプリは、ワカヤマオーキッドさんご出展の、この花!Rlc. Twenty First Century‘New Generation’SM/JOGA です!
園主曰く、3年をかけて、この状態にまでつくり上げられたとのこと。ポテンシャルを存分に引き出した見事な花を是非、間近で実物を見ていただきたいと思います。



於:第13回 関西らんフェスタ会場(3)


於:第13回 関西らんフェスタ会場(4)


於:第13回 関西らんフェスタ会場(5)


於:第13回 関西らんフェスタ会場(6)


於:第13回 関西らんフェスタ会場(7)


「第13回 関西らんフェスタ」

とき:2017年1月19日(木)~24日(火) 10:00~19:00

ところ:京阪百貨店守口店8F大催事場


●「第13回 関西らんフェスタ」について詳細は、こちらをクリック!


◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。






この記事をはてなブックマークに追加

Rlc. Shinfong Gold Gem‘Golden Ruby’

2017年01月21日 00時00分00秒 | ■黄色・セミイエロー系
※2017年01月21日内容更新

栽培・画像提供=高知のセミイエローさん(2012年08月開花分、花径14.0cm)
■Rlc. Shinfong Gold Gem‘Golden Ruby’
リンコレリオカトレヤ シンフォン・ゴールド・ジェム‘ゴールデン・ルビー’
(Rlc. Golden Slippers x Rlc. Kuan-Miao Chen (06/04/2001))
 イエローコンカラー系の優秀な親品種 Rlc. Golden Slippers と、Rlc. Faye Miyamoto の子供同士の交配 Rlc. Kuan-Miao Chen(クァンミャオ・チェン)との交配です。
 画像の個体‘Golden Ruby’は、リップの彩りが特にユニークで印象的な美花だと思います。台湾のウェブサイトや書籍などで「金寶石」という個体名で紹介されている花は、ペタルの展開などには手を加えられていると思われますが、‘Golden Ruby’と同一個体だと思われます。

・Rlc. Golden Slippers = Rlc. Helen Morita x Rlc. Golden Galleon (01/01/1967)
・Rlc. Kuan-Miao Chen = Rlc. Memoria Emma Chung x Rlc. Toshie Aoki (01/01/1987)



※Rlc. Shinfong Gold Gem の親品種(栽培・画像提供=サンセットさん)
■Rlc. Golden Slippers‘Caliph of Bagdad’HCC/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ ゴールデン・スリッパーズ‘カリフ・オブ・バグダッド’
(Rlc. Helen Morita x Rlc. Golden Galleon (01/01/1967))
●Rlc. Golden Slippers についての記事は、こちらをクリック!



※Rlc. Shinfong Gold Gem の親品種(栽培・画像提供=高知のセミイエローさん 2012年08年、花径13.0cm、オリジナル分け株)
■Rlc. Kuan-Miao Chen‘中国龍’
リンコレリオカトレヤ クァンミャオ・チェン‘中国龍’
(Rlc. Memoria Emma Chung x Rlc. Toshie Aoki (01/01/1987))
●Rlc. Kuan-Miao Chen についての記事は、こちらをクリック!


<Rlc. Shinfong Gold Gem を交配親とした品種登録実績一覧>
・Rlc. Village Chief Headache (Rlc. Shinfong Gold Gem x Rlc. Chunyeah (05/04/2004))

・Rlc. GJ's Beverly Lorraine (C. Tainan City x Rlc. Shinfong Gold Gem (21/05/2010))
・Rlc. Jac Yellow Dragon (Rlc. Jac Emerald Lake x Rlc. Shinfong Gold Gem (31/10/2007))



※Rlc. Shinfong Gold Gem の子供(栽培・画像提供=サンセットさん 2014年2月)
■Rlc. Village Chief Headache‘AO9545’
リンコレリオカトレヤ ビレッジ・チーフ・ヘッドエイク‘AO9545’
(Rlc. Shinfong Gold Gem x Rlc. Chunyeah (05/04/2004))
●Rlc. Village Chief Headache についての記事は、こちらをクリック!



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

◇Rlc. Kelsi Ikeda‘KK#118’

2017年01月20日 00時00分00秒 | ■黄色・セミイエロー系

栽培・画像提供=高知のセミイエローさん(2016年11月)
■Rlc. Kelsi Ikeda‘KK#118’
リンコレリオカトレヤ ケルシ・イケダ‘KK#118’
(Rlc. Chyong Guu Chaffinch x Rlc. Williette Wong (14/02/2012))
アカツカ蘭園作出のカトレヤ

◎Rlc. Kelsi Ikeda の親品種の交配
・Rlc. Chyong Guu Chaffinch = Rlc. Yellow Ball x Rlc. Sunset Bay (01/01/1994)
・Rlc. Williette Wong = Rlc. Tassie Barbero x Rlc. Toshie Aoki (08/10/1990)



※今回は上記内容のみのアップです。後日の更新時に情報を追加致します。



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

◆Rlc. Rie's Bond‘#20’

2017年01月19日 00時00分00秒 | ■ラベンダー・淡ラベンダー系
※2017年01月19日内容更新(新画像追加等)

於:サンセットさん温室(2016年12月下旬)
■Rlc. Rie's Bond‘#20’
リンコレリオカトレヤ リエズ・ボンド‘#20’
(C. Frank Lloyd Wright x Rlc. Hetherington Horace (30/03/2011))
 育種家サンセットさんの交配・登録品種。営利向き優秀品種として双璧をなすと言っても過言ではない程の両親を持つ C. Frank Lloyd Wright と、新世代の巨大輪ピンク・パステルピンク系品種 Rlc. Hetherington Horace との交配。
 画像の個体‘#20’は、淡い花色と絶妙なコントラストを醸し出すリップの鮮やかな色調が印象的な極整型美花だと思います。

●Rlc. Rie's Bond についての記事は、こちらをクリック!


<Rlc. Rie's Bond‘#20’画像集>


栽培・画像提供=サンセットさん(2016年12月)
■Rlc. Rie's Bond‘#20’
リンコレリオカトレヤ リエズ・ボンド‘#20’


栽培・画像提供=サンセットさん(2016年12月)
■Rlc. Rie's Bond‘#20’
リンコレリオカトレヤ リエズ・ボンド‘#20’



栽培・画像提供=サンセットさん(2014年11月開花分)
■Rlc. Rie's Bond‘#20’
リンコレリオカトレヤ リエズ・ボンド‘#20’



(上記、記事中の属名表記は最新属名を採用しました。そのため一部、過去記事との表記の相違等が発生する場合がございます。)

◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加