goo

手抜き

2017年05月13日 | ほもにむ

 

 

 

そろそろ菖蒲が咲いている頃かと思い、

 

遠回りして寄ってみた公園にて。

 

 

花はまだ、かたいつぼみでした。

 

草取りの作業をしていらっしゃる人々があったので、

 

「お手元の写真撮らせてください。」と断って、撮影。

 

 

 

手抜きとは思えぬ、熱心なお仕事ぶり。

 

 

 

抜く(=手間を惜しむ)のではなく、

 

抜くお仕事なのでした。

 

 

 

それでいくと、

 

こちらはハシ抜き作業中?

 

 

カルガモ2名様、

 

丈夫なクチバシで、ブチブチと音を立てて、

 

鋭意、作業中でした。

 

***

複合語では、格表示(日本語の場合は格助詞)が消えます。

「手を」なのか「手で」なのか、わからなくなるのですね。

手を抜かずに手で(草を)抜く作業、腰は痛くなりそうですが、

初夏の薫風を感じながら、みなさん、たのしそうに働いていらっしゃいました。

 

何年もほっぽらかしにしていた当ブログですが、

たのしい「同音異義」が拾えたので、久しぶりに書いてみました。

 

 

ブログランキング

「日本語」部門に参加しています。

下のバナーをひと押し、応援お願いいたします。

goo | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 )

いる?

2013年07月04日 | ほもにむ

第17回サラリーマン川柳第一位作品より



「課長いる?」 返ったこたえは 「いりません!」


 

 

* * *

 

1.いる=「居る」の辞書形

 ※国文法では、終止形

 

2.いりません=「要る」のマス形の否定

 ※国文法では、連用形1+助動詞マスの未然形1+助動詞ぬ(ん)の終止形

 

 

二つの動詞、「居る」(一段活用)と、「要る」(ラ行五段活用)が

辞書形(=終止形)では同音になることを利用したもの。

 

「いますか?(いる?)」――「いません。(いない。)」

「いりますか?(いる?)」――「いりません。(いらない。)」

 

この8つを、クロスさせているわけですね。

高度な知能犯。

それでいて、ネイティブならすぐに理解して笑える一句になっているのが、すばらしい。

 

 

ブログランキング

「日本語」部門に参加しています。

下のバナーをひと押し、応援お願いいたします。

goo | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 )

はげます

2013年06月14日 | ほもにむ

 

 

1.ハシモト君の化けの皮がはげました

2.イシハラ君がハシモト君をはげました

 

* * *

 

1.一段動詞「剥げる」のマス形(≒丁寧体)の過去

2.サ行五段動詞「励ます」の過去

 

つまり、上記の2文は、文体が違っているのです。

文体をそろえると、つぎのようになります。

 

【普通体】

1.ハシモト君の化けの皮がはげた

2.イシハラ君がハシモト君をはげました

 

【丁寧体】

1.ハシモト君の化けの皮がはげました

2.イシハラ君がハシモト君をはげましました

 

 

ブログランキング

「日本語」部門に参加しています。

どうかひと押し、応援してくださいませ。↓

 

※1.ハシモト君やらイシハラ君やらが誰を指すかについては、

  本館ブログ『猫な日本語』☆こちらの記事をご参照ください。


※2.ちなみに、この灰色しましまも、先日はげましたな。

  ⇒★そのときの本館記事

 

 

goo | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 )

って

2013年05月30日 | ほもにむ

 

 

1.梅雨入りしたって、ほんとうですか?

2.梅雨入りしたって、ウリは平気。

 

* * *

 

1.「というのは」の縮約形

2.「とて」の縮約形

 

 

ブログランキング

「日本語」部門に参加しています。

下のバナーをひと押し、お願いいたします。

 

goo | コメント ( 10 ) | トラックバック ( 0 )