根橋俊夫

農業、町おこし、環境保護活動や辰野町議会活動などで、見たこと、感じたこと、考えていることなどについて発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2月13日(金)のつぶやき

2015-02-14 10:33:25 | 日記

2月18日、日本共産党中央委員会農林・漁民局次長の有坂哲夫さんを招いて「TPPと農協改革、日本農業」についての学習会が伊那市の「民主会館」で午後2時から開催されます。
阿倍政権の農業潰しに抗い、農業再生による地域経済の発展についての話に期待しています。


セツブンソウの開花情報が聞かれる頃となりました。辰野町上島地籍は今年は雪が多く、このまま低温が続くと、昨年と同様3月下旬頃の開花となりそうです。順次開花情報をお伝えしますので、可憐な花にまた会えることをお楽しみしていてください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月14日(火)のつぶやき

2014-01-15 03:00:11 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地球温暖化と低温注意報

2014-01-14 23:15:09 | 日記
年末までの仕事がタイトであったため、長期にごぶさたをしてしまいました。
新年を迎えて、少し余裕ができました。農業の未来について考えていきたいと思います。
今年の元旦は、いつもと少し違いました。天気は晴れで、すがすがしい朝を迎え、地域で恒例となっている、元旦マラソンに朝の8時に参加しましたが、ゴールの水上諏訪神社の境内に着いて、あたりをみると、雪が解け始めているのです。このようなことは記憶にありません。とても暖かくて過ごしやすい元旦で、温暖化を実感しました。
一方、この2日間は、最低気温がマイナス10度前後となり、今朝はこの冬一番の寒波襲来とのことで、マイナス11度でした。低温注意報が連続して出ています。世界的には、アメリカでは大寒波、ヨーロッパは暖冬で、これらの原因は、温暖化による北極振動で偏西風が蛇行しているためとのことですが、この傾向は数年来同様であり、今年も春の低温が心配です。戸隠神社のご託宣では、今年のコメは8分の出来とのことであり、夏の高温も心配です。異常気象も何年も続くと異常でなくなり、「正常」になってしまいます。
地球温暖化の流れは、専門家曰く「絶望的に進行している」とのことですが、多国籍企業群は、地球はどうなっても知ったことではないと考えているのでしょうか。
異常が「正常」となってしまう怖さは計り知れません。CO2削減のためにできことを実践する年にしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月1日(木)のつぶやき

2013-08-02 02:26:19 | 日記

子ども貧困問題に取り組む医療機関、学校での活動に感動 goo.gl/ck8Oit


子どもの貧困問題に取り組む小児科医と学校事務職員のレポートが熱い。28日から松本市で開催された、全国学校事務職員制度研究会全国研究大会に参加して、健和会病院の和田医師(小児科)や学校事務職員の詳細なレポートに感銘を受けた。広い心で、貧困者の「居場所」をつくることが重要と感じた。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子ども貧困問題に取り組む医療機関、学校での活動に感動

2013-08-01 10:01:45 | 日記
7月28日から3日間、松本市で、全国学校事務職員制度研究会第37回全国研究大会が開催され、記念講演、分科会、テーマ別学習会など多彩な内容のイベントがありました。
私は、「教職員の権利と学校事務」の分科会と「医療現場から見える子供の貧困~チラット見えるサインを見逃さないで~」に出席しました。
 医療現場から見える子どもの貧困については、飯田市にある、民医連健和会病院の和田浩医師(小児科)が実態報告と問題提起をされましたが、貧困問題の深刻さに驚くとともに、子どもの貧困問題に医師、看護師、ケースワーカーなどがチームを組んで取り組んでいる姿に感銘を受けました。
 また、全国のいくつかの学校でも、学校事務職員が中心となり、教員や行政と連携しながら、子どもの貧困=親の貧困問題に取り組んでいる姿に、救われた思いを強くしました。
 貧困は、一部の人や外国人の問題ではなく、すぐれて普遍的な問題であり、困っている人々に具体的な手助けをするためには、当事者が安心して心を寄せることができる「居場所」づくりが大切であるとのまとめは、これからの貧困問題への取り組みについての一つの「キーワード」だと感じました。
 今回の大会の内容は、地方議員や福祉施設職員、病院職員など貧困問題に取り組む方々にとっても有意義な内容であったと思います。今後の大会運営面において、一層発展的な取り組みを期待したいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加