尚さんのアウトドア・ライフ

身の回りの自然に目を向けて、四季の移ろいを心の癒しに留め置きましょう。

オオアカゲラ

2017年02月26日 | 野鳥
野鳥は、それぞれが美しいが、それぞれに特徴がある。
キツツキの部類には、頭や胸や腹に鮮明な赤色が目立ちます。
特にオオアカゲラのオスの赤は見事です。
先日 オオアカゲラのメスが、クマタカ待ちのポイントに飛来しました。
撮影ポイントが高かった事もあり、目線で撮影出来たのはラッキーでした。
オスならば、もっと鮮やかなのだが・・・そんな贅沢心が広がります。












コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

梅に鶯

2017年02月25日 | 野鳥
梅に鶯 耳慣れた言葉ですが、梅の花に鶯が飛来した経験が有りません。
この度 野鳥偵察のおり、藪鶯の声を聴き もしやと思いカメラを構えると鶯が居ました。
残念ながら枝かぶり それもフォーカスを調整していた矢先 飛び去ってしまいました。
その後は、下の野バラの枝に・・・待機しましたが、何処かに姿を消してしまいました。
”梅に鶯” この言葉に存在感を強くしました。












コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

クマタカの親子

2017年02月24日 | 野鳥
久しぶりの出陣は、眠気まなこで愛車を走らせる。
昨夜は、ニ時間ごとに目が覚めて、小学校の遠足の時の様だ?
歳をとると段々と子供に帰ってゆくそうで、近い将来 おしゃぶりが欲しくなるだろう??
今日は、寒さ覚悟で、マイポイントにスタンバイ。
今回は、見事に大当たりのポイントだった。
昼前に若鳥が真後ろの山から急降下 前方の木の枝に留まる。
暫くして飛び立つと旋回を繰り返していたが、親が低空で飛来して若鳥を見守り二羽で旋回しながら
上昇してゆく。
トビが3羽で輪を描いていたので親鳥の出現となったのだろう。
何時ものごとくシャッターを押しまくったので、未現像の宿題が・・・。
寒さで冷えたのか 久しぶりの興奮のせいか 帰宅後、疲れが出て早寝と決めた。





















親鳥が飛来








コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

コミミズク

2017年02月14日 | 野鳥
コミミズク 昨年は、関西地区に多く見られ今年は関東地区の飛来が多いようです。
連日 カメラマンのバズ-カ砲の集中砲火?を浴びているようです。
北の大地での撮影は数人でしたので、コミミも警戒心が薄く 至近距離を飛んでくれました。
菜の花畑の滑空も魅力的ですが、雪景色を飛ぶコミミズクもなかなかのものです。












コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

オジロワシ

2017年02月13日 | 野鳥
オオワシの飛来で、オジロワシの人気はナンバーツーに思えるが迫力は互角だ。
内心は警戒心が強いのだが、それを表に出さず 悠々と飛ぶ姿は、偉大さを感じる。
ファインダーから はみ出る位の至近距離  カメラマンにとっては興奮の連続だった。 


















コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

オオワシ

2017年02月12日 | 野鳥
北方から渡ってくる猛禽 オオワシ。
本州でもこの季節になると飛来して、優雅に飛ぶ姿がバーダーの憧れの的だ。
北の大地で、寒さも気にせず撮りまくった日々が 昨日の様に想い出される。
何と云っても 北の大地のダイナミックな自然は、人の心を虜にする。










コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりのヤマセミ

2017年02月08日 | 野鳥
今日は鳥友とクマタカ山に出陣。
ポイントを分かち合い 情報を交換する手はずでスタンバイ。
昼が近くなったころ鳥友より飛来したの情報。暫くして遠い稜線に姿を現した。
降下せずそのまま上空を飛び去る。またもや鳥友から飛来の連絡。
同じように稜線を旋回して飛び去った。
鳥友はだいぶ近場で撮れた様子。此方は証拠写真程度の空抜け状態。
それではと夕刻近くヤマセミポイントにスタンバイ。
此処もポイントを分かち合い 老いぼれ爺さんは、楽なポイントを選択。
薄暗くなった渓谷に飛来した。残念ながら距離がある。いろいろと飛び回ってくれないかと期待したが、
流れの岩から一段 二段 岩を飛び上がり 塒に引きこもってしまう。
今日は、ポイントは、ネガティブだったが、それなりに楽しめたので良しとしよう。
ヤマセミに出会えたことが何よりの収穫だった。
掲載写真は、夕暮れ時 高ISO感度のためノイズが気になりますが、ご了承ください。



















コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

立春を過ぎて

2017年02月05日 | 植物
二月も足早に5日すぎます。
立春を過ぎて、晴天続きの関東地方も今日は雲が多く 夕方には、ぽつぽつと雨が降り出しました。
雪になると動きがとれない情けない関東地方だけに 雨が一降り欲しい所です。
乾燥した日々 インフルエンザからオサラバしたいと祈っています。
何時もの散歩道の梅の花が咲きました。紅梅 白梅 残念ながら野鳥の留まりは、有りませんでした。

2月からの写真掲載の画面が縮小したので、良く調べましたら推奨サイズにいつの間にか設定変更されていました。
今回から更新して今まで通りの大きさに復帰します。(小生のパソコン AI 化 したのかな? そんな訳ないでしょう!)














コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

庭先のツグミ

2017年02月03日 | 野鳥
ハードな日々が続いたので、今日は、家で静養日と決めた。
陽に当たりながら植木に水を与えていると庭先の木の枝に野鳥が居る。
いつもヒヨドリやオナガが眼に入るが、少し異なるようだ。
ツグミである。 そう云えば、毎年この時期 姿を見せる冬鳥。
何時もは芝生の中の餌をあさっているが、今日は木の枝でご挨拶だ。
鳥撮り根性は旺盛で、水差しをカメラに替えて 100~400でパチリとしとめる。
今日も強風が吹き荒れ 埃が舞い上がるが、節分を迎えて 
心は春をまじかに感じる様になった。










コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりのクマタカ遠征

2017年02月01日 | 野鳥
久しぶりにクマタカ山に出陣。
穏やかな暖かい日和で2月がスタート。
午前中は、鳥友とポイントを分かち合いスタンバイしたもののクマタカは姿を見せず。
鳥友は、クマタカの留まりを遠くに確認して第二ポイントへ早々と移動した。
クマタカの留まり木から もしかして此方へ飛来するかも?と待ち構えていたが、
飛び回るのは、トビばかり・・解っていてもファインダー確認を何回も繰り返した。
昼にポイント移動 鳥友たちと合流。
なかなかクマタカは飛来しない。やっと飛来したが、林の先。垣間見える近距離のクマタカにやきもき。
舞い上がった姿の空抜けを撮るのが精いっぱいだった。
坊主は免れたが、4時までキョロキョロ。 今日は、万が一のブログネタの野鳥とクマタカを掲載し報告とします。
なかなか思うように出陣が出来ないのなら、少しはネタとして在庫にしたら・・?
それが出来ない性格なんだなぁ~






















コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加