尚さんのアウトドア・ライフ

身の回りの自然に目を向けて、四季の移ろいを心の癒しに留め置きましょう。

目の前の野鳥に夢中な爺さん

2017年03月18日 | 野鳥
たまに出陣するとどんな鳥でも撮りたくなる。
寒い朝にカワウやアオサギは日向ぼっこ カワセミは鮮やかな羽根を広げてダイビング。
オシドリはペアーで朝の散歩です。陽射しが強くなるとエナガやアトリが飛び回ります。
クマタカの悠々とした飛び方は、いつ見ても魅了されます。
とは言っても クマタカの飛来は、カメラのファインダーにクギ付け?
ここぞとばかりシャッターを押し続ける自分しか思い当たりません。
暫くお彼岸の墓参で出陣はお休み。在庫から思いを巡らします。














コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

梅に鶯 パートⅡ

2017年03月17日 | 野鳥
クマタカ出陣の通り道 前回 運良く 証拠写真程度でしたが、梅の木に鶯の撮影が出来た。
願わくば、何とか撮影したいと今回も再トライ。
早朝 車中に100~400mmを準備して待ち構える。
今回は、ホーホキェキョと下手なりに囀って登場した。
抜き足 忍び足 隠れて構えるが、思い通りに留まってくれない。
何とか梅がらみの撮影が出来たが、途中 二羽居るが、雄雌か? 良く確認したらジョウビタキの枝がらみが撮れていた。
落ち着かず飛び回るので、未確認飛行物体が存在したようだ?














コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりのクマタカ御対面

2017年03月16日 | 野鳥
クマタカ山は、冬に逆戻り?
うっすらと積もった雪は、みるみる解けたが、頬に当たる風は冷たかった。
スタンバイして直ぐに遠方にクマタカの若を発見!
飛び出しを撮りたいと身構えるが一向に飛び立つ気配なし。
根負けして椅子に座り込んだ。 黒い影が背後から通過。
クマタカが若の方角に飛来・・と思われたが、前方の枯れ林の中に飛び降りた。
その後 枝の茂る林の中を飛び抜けて森の中を飛び回る。
若とは関係なく上昇気流を利用して天高く飛び去った。
視力回復は有りがたい。 何とか追従できた。
今日は、ヘリコプターが、やけに飛行を繰り返す。ホバリングのオマケ付きだ。
これではクマタカも飛来しない。
案の定 ヘリが立ち去ったのち 姿を現してくれた。
昼近く 雲が張りだし 寒さも加わり 撤収と決めた。
今日は、久しぶりの大漁でしたので、掲載写真が多いですが、ご了承ください。

































コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ザ・新宿西口

2017年03月09日 | アウトドア
社会人となった昭和39年。
入社した同期 39会も一人去り二人去りして・・7名が勢ぞろい。
至福の時間は早く 来年の3月9日の再会を約束して散会。
都会の空気は、冷たいながら心暖かく帰路についた。
そびえ立つビル群 真似の出来ない駐車 一足早い満開の桜(造花)
24時間動き続ける都会のざわめきも今日は心地よかった。














コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

梅林

2017年03月07日 | 植物

今日は、所用で日高まで行くついでに生越梅林に足を伸ばしてみました。
生憎の小雨のぱらつく 肌寒さ感じる陽気に、暖かいうどんや 甘酒が美味しかった。
平日でしたが、駐車場は、大変な混み様。
お休みどころは、雨のため利用客はまばらで、皆テントの中。
久しぶりに訪れた梅園は、昔通りの趣をとどめていました。


梅林
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

菜の花 コミミズク

2017年03月06日 | 野鳥
低気圧が太平洋沿岸を通過するという予報。
関東地方は、所により曇りがちか雨模様か きわどい選択に迫られる。
アメダスの画面では、曇りが多そうなので雨具の用意をして、昼食を済ませ出陣。
ポイントは案の定曇天であった。少しパラパラする時間もあった。
なかなかコミミの姿が見えない。
此処数日は飛来しなかった模様。
たまの出陣なので、何とか飛来しないかと願うが、飛来するのは、カメラマンの方々?
4~5人のカメラマンから知らぬ間に車のオンパレード。
遠方にコミミ発見。 しかし 人が多いのか こちらになかなか飛来しない。
間もなく飛来してくれた。 カメラは、土手の傾斜面とレンズのオンパレードで、限られた方角だけ。
カメラマンの方々の協力も有り、何とか撮影に成功。
それにしても飛び物は、ピンボケが多かった。!!
 




















コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

クマタカ若鳥の春

2017年02月28日 | 野鳥

先日の未現像を少し進めてみた。
クマタカの若鳥  親は遠くで、若鳥の独り立ちを見守っている。発見するのは困難だが・・・。
”なかなか餌が捕れないよ~ 何とかしてよ~”と若鳥は鳴き声を上げる。飛びながらも鳴いている。
天敵に襲われない限り 親は助けに来てくれないのだろうか?
この日も若鳥は、切実な親への哀願の鳴き声を繰り返していた。














コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

オオアカゲラ

2017年02月26日 | 野鳥
野鳥は、それぞれが美しいが、それぞれに特徴がある。
キツツキの部類には、頭や胸や腹に鮮明な赤色が目立ちます。
特にオオアカゲラのオスの赤は見事です。
先日 オオアカゲラのメスが、クマタカ待ちのポイントに飛来しました。
撮影ポイントが高かった事もあり、目線で撮影出来たのはラッキーでした。
オスならば、もっと鮮やかなのだが・・・そんな贅沢心が広がります。












コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

梅に鶯

2017年02月25日 | 野鳥
梅に鶯 耳慣れた言葉ですが、梅の花に鶯が飛来した経験が有りません。
この度 野鳥偵察のおり、藪鶯の声を聴き もしやと思いカメラを構えると鶯が居ました。
残念ながら枝かぶり それもフォーカスを調整していた矢先 飛び去ってしまいました。
その後は、下の野バラの枝に・・・待機しましたが、何処かに姿を消してしまいました。
”梅に鶯” この言葉に存在感を強くしました。












コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

クマタカの親子

2017年02月24日 | 野鳥
久しぶりの出陣は、眠気まなこで愛車を走らせる。
昨夜は、ニ時間ごとに目が覚めて、小学校の遠足の時の様だ?
歳をとると段々と子供に帰ってゆくそうで、近い将来 おしゃぶりが欲しくなるだろう??
今日は、寒さ覚悟で、マイポイントにスタンバイ。
今回は、見事に大当たりのポイントだった。
昼前に若鳥が真後ろの山から急降下 前方の木の枝に留まる。
暫くして飛び立つと旋回を繰り返していたが、親が低空で飛来して若鳥を見守り二羽で旋回しながら
上昇してゆく。
トビが3羽で輪を描いていたので親鳥の出現となったのだろう。
何時ものごとくシャッターを押しまくったので、未現像の宿題が・・・。
寒さで冷えたのか 久しぶりの興奮のせいか 帰宅後、疲れが出て早寝と決めた。





















親鳥が飛来








コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加