goo

Q1.0住宅の電気料金



平成25年12月30日に入居したNさんより1年間の電気料金のデーターをいただきました。
Nさんの住宅は壁断熱厚さ250ミリで
オール電化蓄熱暖房、エコキュート、第1種換気の住宅の当社初の250ミリ断熱の住宅です。
Q値は0.99W/㎡K  外皮熱損失は0.31W/K
延べ床面積は100㎡で家族2人でお住まいです。

電気料金です。

H26年2月  23,367円
   3月  18,428円
   4月  16,644円
   5月  14,587円
   6月   8,333円
   7月   6,331円
   8月   6,520円
   9月   6,039円
   10月   6,063円
   11月  10,403円
---------------------------電気料金12%値上げ
   12月  19,305円
H27年1月  32,771円

1年間TOTAL電気料金  168,791円  となりました。

11月に12%の値上げを行ってますので値上げ前ベースですと
12月が17,236円、1月が29,259円くらいになり
5581円値上げとなっている計算です。
年間の合計163,210円位に納まっていたことになります。

ほくでん は泊原発停止以降2回電気料金を値上げしています。
1回目はH25年9月に行っていて、
オール電化住宅に関しては16%の値上げでした。(平均7.73%)
そして2回目は このH26年11月からですが、
電化住宅に関しては15%の値上げとなりましたが
冬季間を迎えてでしたので12%の値上げに抑え、
4月から15%となるのです。

さて、震災前までは電化住宅の電気料金は安くて、
十勝はオール電化住宅が主流でした。
それが、この電気料金の値上げで
悲鳴を上げている電化住宅オーナーがたくさんいるのです。

それもそうです。
震災前にくらべて約3割値上げになっていることになります。

したがってNさん家は原発が稼働していたら
129,839円くらいということになるのでしょうか。
たら、ねばの話をしてもしようがないので

どうすれば電気料金を低く抑えれるか?
Nさん値の電気料金の内訳をみると
昼間の電気料金は大したことないのです。
もちろんドリーム8の時間帯に大きな電気を使う、
食洗器、炊飯、洗濯を済ませせるのがベターですが
やはり夜間の電気、つまり蓄熱暖房器の使用量に左右されています。

服を1枚多く着るなどの自衛手段をとっていくべきかと思われます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

内部のGW100ミリ



内部も外壁側GW100mm充填です。

これで合計150ミリ+100mmで250ミリの断熱になります。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

通気胴縁の施工で苦労

タイベックが貼り終わりました。
これで雨風が凌げるわけですが
次は外壁下地の通気胴縁の施工です。

建て主さんの希望で外壁はたて張りにしたいということで
通気胴縁はヨコの流すことになります。
そうなると下地があるのは455ピッチのタルキだけですので
そのタルキにもう1本抱かせて胴縁間の隙間30程度で
通気を取る方法しかなくなります。



結局、大工さんのアイデアでタイベックのうらのGWが膨れていることもあり
胴縁とタイベックの間に12mmの小舞を差し込み
通気を確保する方法をとりました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

タイベック貼り

開口部である窓と防風紙のタイベックの納まりが大変です。
サッシの取り付く位置が付加断熱100mmの位置でしたので
先にタイベックを先張りしなければなりませんでした。
この辺も今後の課題です。(手間がかかる)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

付加断熱 1層目のGW入れ



1層目の下地が出来上がりました。
いよいよGW100mmを入れていきます。
雨の心配があるので1面ごと決めていきます。
2層目のGW50mm用の下地タルキ45*45で押えていきます。





50mmのGWを入れる作業です。
これで付加断熱150ミリが施工されました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

付加断熱 1層目の下地



付加断熱1層目 100ミリを受けるために
45*105の木材をヨコに流していきます。
ビスは150ミリの長さを採用
まず。木材に30ミリ程度下穴をあけ
150ミリのビスで重い木材を固定していきます。
結構しっかり固定されます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

付加断熱材入荷



外壁の付加断熱 100mmと50ミリが入荷しました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

構造用合板(外壁)



骨組ができましたので
外壁下地である構造用合板を貼っていきます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

建て方スタート



建て方がスタートです。
柱建てからです。
大工さん1人今日から応援もらってます。
わたしも手伝いしています。
普段力作業していませんので
腕、腰がヘロヘロです。



吹く抜けがあり、2階ものるので
ゴツイ梁が採用されています。
とても人力ではむりなのでユニックで吊り上げて組み組んでいきます。

1日でココまで組みあがりました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

床組



今回の建物、スカート断熱工法で基礎断熱なので
床下にはGWが入りません。

土台、大引きが終わると、床合板を貼っていきます。
床組ができていれば、足元がいいので
安心して次の作業が進められます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ