ヘリウムなごみアイ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小渕首相が

2017-06-30 14:46:51 | 日記
小渕首相が逝去、森内閣が発足した2000年7月、大蔵省(省庁再編後財務省)から大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務を移管したうえでそれまでの金融監督庁を金融庁(金融再生委員会下ではあるが)に改組した。さらには2001年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、金融庁は内閣府直属の外局となったのです。
きちんと知っておきたい用語。保険は、予測できない事故のせいで生じた財産上の損失に備えるために、賛同する多数の者がそれぞれの保険料を出し合い、準備した資金によって保険事故が発生した際に定められた保険金を給付する仕組みなのです。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年6月、大蔵省銀行局や証券局等が所掌していた事務のうち、民間金融機関等の検査・監督事務を分離することで、旧総理府の新外局として新組織、金融監督庁が設けられたのです。
一般的にスウィーブサービス⇒銀行預金と(同一金融機関・グループの)証券取引のための口座の口座間で、株式等の購入代金などが手続き不要で振替してくれる新しいサービス。同一金融グループ内での優良顧客を囲い込むための戦略ということ。
間違えやすいけれど、株式というのは、出資証券(つまり有価証券)であって、出資を受けても企業は出資した株主に対しては出資金等の返済の義務は負わないのである。さらに、株式は売却によって換金するものである。
この言葉、「銀行の経営というものは銀行の信用によって成功する、もしくはそこに融資する値打ちがない銀行であると断定されたことでうまくいかなくなる、このどちらかだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
これからは安定的ということの上に活動的なこれまでにない金融市場や取引のシステムの構築を実現させるためには、どうしても民間金融機関や金融グループと行政(国)が両方の立場から解決するべき問題に積極的に取り組まなければいけない責任がある。
ほとんどの株式市場に自社株を公開している上場企業では、事業の活動を行っていくための資金集めのために、株式の上場だけではなく社債も発行するのが一般的になっている。株式と社債の一番の大きな違いは⇒株式と違って社債には返済義務があるということなので気をつけたい。
平成19年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行が取り扱う一般的なサービスは郵便貯金法(2007年廃止)による「郵便貯金」としては取り扱わない。銀行法(1981年年6月1日法律第59号)に基づいた「預貯金」に準ずる商品なのです。
銀行を表すBANKは実は机やベンチを意味するbancoというイタリア語に由来する。ヨーロッパ最古といわれる銀行。今から約600年前に当時大きな勢力を持っていたジェノヴァ共和国で生まれ、領土の統治にも関与していたサン・ジョルジョ銀行なのである。
我々の言う「失われた10年」というキーワードは、国の、あるいはどこかの地域の経済が約10年の長期間に及ぶ不況、加えて停滞に襲い掛かられた時代を表す言い回しである。
この「失われた10年」という語は、一つの国全体の、もしくはひとつの地域の経済が大体10年以上の長い期間にわたって不況や停滞に襲い掛かられた10年を意味する言い回しである。
預金保険機構(アメリカ合衆国の連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された認可法人)が支払う現在の補償額の上限は"預金者1人当たり1000万円"この機構に対しては日本政府預金保険機構は日本政府、さらに日本銀行合わせて民間金融機関全体の三者がが同じ程度の割合で
巷で言われるとおり、第二種金融商品取引業者(一種業者とは取り扱い内容が異なる)が新たな金融商品としてファンドを開発し、それを運営するためには、恐ろしいほど量の、業者が「やるべきこと」、並びに「やってはいけないこと」が事細かに規則により求められている。
1946年に設立された一般社団法人日本損害保険協会は、主として日本国内における損害保険各社の健全な進歩と信用性のさらなる前進を図ることにより安心で安全な世界の実現に関して寄与することを目的としている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | メリットがある »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。