M:t-9 更新情報
M:t-9作成の更新情報、ウラ話などを深く紹介したいと思います。
 



井上(以下 井):今晩は。さて今宵も素敵なお客様を迎えてお送りする「井上対談」。 今回は気球での単独世界一周に世界で初めて成功したイギリス人冒険家、サー・サーモン・パターソン氏にお話を伺います。

井:今晩は。初めまして。
サーモン・パターソン(以下 パ):初めまして。
井:よろしくお願いします。
パ:よろしく。
井:今回来日は初めてという事ですが。
パ:厳密に言うと初めてではありません。気球に乗って日本上空を通過しましたからね。(笑い)
井:・・・・・・。
パ:日本の土を踏むのは今回が初めてです。
井:来日1日目の昨日は京都観光をなさったとか。
パ:えぇ。金閣寺さんを見物しました。
井:いかがでしたか。
パ:想像してたよりも小さかった。


「金閣寺は想像よりも小さかった」サー・サーモン・パターソン氏

井:他には何かご覧になられましたか。
パ:そうねぇ。(カタコトの日本語で)ジドウハンバイキヲ、タクサンミマシタ。
井:日本語がお上手ですね。
パ:(カタコトの日本語で)ア リトル。リトル。
井:日本の印象をお聞かせ下さい。
パ:(カタコトの日本語で)キョウトシカミテマセンヨ。
井:そうでしょうね。
パ:(カタコトの日本語で)ニホンジン ベリー ベリー シンセツ。

井:ではそろそろ本題に入らせて頂きます。ご職業が冒険家ということですが、普段はどのような生活を送られていらっしゃるのですか。
パ:(カタコトの日本語で)ビッグ・ベン ニ ノボッタリ ビッグ・ベン カラ オリタリ スルヨ。
井:それは結構ですね。あなたはイギリスでかなり人気があるとお聞きしました。
パ:そんな事ない。
井:最後に日本のファンに一言頂けますか。
パ:私のiPodの調子が悪いんです。これは日本に来た日からです。
井:今回のお客様は、気球での単独世界一周に初めて成功したイギリス人冒険家、サー・サーモン・パターソン氏でした。ありがとうございました。
パ:ありがとうございました。

次回の井上対談はインド人画家、サニー・ムリ氏をお迎えしてインドの現代美術についてお話を伺います。お楽しみに。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ