Vitsは、やっぱり青だよな。 v(^^)v ~♪

  画像も気が向いたら・・・

ANNIE

2017-06-24 18:23:19 | 日記
5月に放送された映画『ANNIE』を観る事が出来た。

母娘を超える愛にあふれる素晴らしい映画だった。

 でも、一番感動したのは残念ながらストーリーでは無かった。

民法なので、途中でCMを挟むようになる。

 いつもは早送りで飛ばしてしまうのだが、スバ▲のCMは好きなので観てしまう。

今回は父と息子のヴァージョンだった・・・

 思春期の頃か、いつしか衝突し合う2人。

大人になって、父と同じメーカーの車に乗って実家に帰る息子。

  いがみ合った2人の気持ちを寄せ合うのは、やはり車だった。

 息子に会えない私にとって、CMが一番感動してしまった・・・
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

STAND BY ME ドラえもん

2015-09-09 21:20:18 | テレビ番組
 

 

 映画『STAND BY ME ドラえもん』を観た。

子供が好きだったので、つい観てしまう。

たかが子供用の映画なのに。

CGで綺麗にしただけの作り話なのに。

昔からストーリーは良く知っているのに。

  ・・・ どうして、こんなに泣けるんだろう?
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

年貢の納め時。

2015-06-15 15:58:22 | 日記
   昔の携帯電話は、通話がメインで操作も大きさも申し分有りませんでした。

クリックで挿入 P社のプロソリッド。ワンプッシュボタンで、着信と同時にふたがパカッ!!


  おお。早撃ちマックみたいな? ^^

この次の機種変からS社にハマります。まぁ、ゲームが好きなので・・・



スライドタイプでしたが、サイバーショットの名前でカメラ優先みたいな。



 そして前機種のアルバーノ。やっぱりS社でした。スマホはPCが有れば不要!



と言い張り、頑張って来ましたが・・・ (--;)





小さいタブレット? 携帯がメインですよね? ね? ね?・・・

携帯ショップのお姉さんが商売上手で、ついつい優しくされて勘違いして?

購入しました。^^;

  薄いのは良いのですが、ポケットに収まりません。

ズボンの脇ポケットなら収納可能ですが、運転しづらいのかな・・・

このS社のXPERIA Z4 CPUも日進月歩で良くなっているのでサクサク動きます。

初期のスマホと比較すれば申し分無い製品だと思いますが、発熱は気になりますね。

 防水防塵で風呂でも大丈夫そうなので、水を掛けながら使うかな。^^;



   また、おもちゃが増えました。  v(^^)v ~♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サーキット

2015-05-06 05:58:59 | 日記
 今年も、レース見学に出掛けました! 



 フェラーリ・ポルシェ・ロータス等のスポーツカーを始め、TOYOTA2000GT ハコスカ・510ブルーバード・CELICALB など珍しい旧車が盛り沢山! 

 



 懐かしい漫画から、『サーキットの狼』の実車も。 (@@;)



 オーナーズクラブも、見てくれ!と言わんばかりに・・・



  車好きには、大満足な一日で御座いました。   

  また来年も行こうっと        v(^^)v ~♪
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

『そして父になる』

2015-02-25 20:36:17 | テレビ番組
 先日、TVで放送された映画を観た。 子供が産まれた病院で、看護師が故意に子供を取り違えた話。 双方の両親と子供との心の葛藤を描いた作品。

  少しずつ、思い出す時間が増えて来た別れた息子。 タイトルだけで思わず映画を録画してしまう。  そして、自分の過ちを責め後悔をする。  8歳の頃に別れてから、もう本人は22歳になっている。 子供の成長を見ていられないなんて、父親とは呼べないよな。

 

  この先、結婚して同じ父親と言う立場になったら理解できるのだろうか。  淡い期待を持ちつつも、(もう会えないかも)と言う不安も捨て切れない。

独身の自由気ままな生活を楽しむ反面、寂しい気持ちも捨てきれない。  『再婚』して新しい生活は、自分の気持ちを誤魔化して居る様で、あと一歩が踏み切れない。

                                  中途半端な気持ちは、モヤモヤしたまま時間は過ぎて行く。  もう、夢で会う事も無くなってしまった。

大人になった息子に会っているのに、顔が子供のままだったりして・・・

 映画の主人公のように、仕事バカで家族を犠牲にしてしまったな。

母子2人して風邪をひきやすいので、初詣には『家内安全』を願うばかり。   

  まぁ、早い話が息子に会いたくなってしまった悲しい親父なのである。

思い出すのを逃げ続けて、また一年が過ぎて行くだろう。  しかし、耳の痛くなる台詞も有ったなぁ・・・    以上、独り言でした!                 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加