ももママの心のblog

猫が大好き。有料老人ホームで生活相談員をしています。映画が好きだけど、なかなか見られません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

阿修羅城の瞳

2005-04-27 | 映画 あ行
大阪の劇団・新感線の舞台を映画化した。ハリウッドとは一味ちがうエンターテイメントを目指し、主役は舞台と同じ市川染五郎がいい男ぶりを存分に見せる。

監督 滝田洋二郎
原作 中島かずき
出演 市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、渡部篤郎、内藤剛志

江戸の町には鬼が跋扈していため、鬼を切る「鬼御門」が活躍していた。その副長だった病葉出門(市川)は、今では舞台役者になっていたが、ある日、「つばき」(宮沢)と出会って惹かれあう。彼女は盗賊段の一味だが、恋をすると肩にあざやかなツバキの花の痣が浮き出るという不思議な女であった。謎の尼僧・美惨は、ツバキの痣を鬼の王である阿修羅の復活であると予見して、策を講じるが・・・

宮沢りえとのラブシーン、ダイナミックでスピーディーな殺陣、歌舞伎役者の役でもあるので舞台で見栄を切ったりなど、市川染五郎の見せ場がタップリ。染五郎のための映画と言っても良いと思った。見た目も演技も貫禄が付いて、ぐぐっと色気もアップ。たいしたものだと感心した。舞台的に演じている部分と、軽く現代風な部分が違和感を覚える。文化文政の江戸時代を舞台にしているが、実際は荒唐無稽なファンタジーである。逆にもっと時代性を無視して、さらに国籍不明な妖しさをかもし出すことも出来たのではないか?阿修羅はもともとインドの土着神なのだし。
宮沢りえは妖しい美しさ。肩にできるツバキの痣を見せると、細い肩が美しい。しかし、少し痩せすぎかな?熱演で動きがあると、首筋などがトリガラっぽいし。舞台では初演が富田靖子、再演が天海有希とのこと。しかし、成熟した美しさはこの3人の中では一番かな?
美惨は、初演・江波杏子、再演・夏木マリ。う~ん、この役は樋口可南子では上品過ぎる気がする。もっと濃いキャラで、押し出しが強いほうが合っているのでは?
衣装・美術・脚本なども相当に頑張っていたが、もうひと頑張りして欲しかった。特に阿修羅像が安っぽくていただけない。そもそも阿修羅とは三面六臂と決まっている。タイトルにもなっている阿修羅である。その辺を忠実に、しかも密教独特の魔術的な雰囲気を出して欲しかった。大勢のお坊さんが出てきて延々と護摩をたいてお経を唱えるとか・・・・結構それだけで怖い感じがすると思うけど。
また、赤い花びらが落ちてくる象徴的な場面が何回かあるが、監督は鬼からのラブレターと言っている。ツバキの花びらのつもりかもしれないが、ツバキは花びらが一枚、一枚になりにくい花である。散るときは花首ごとぽとりと落ちる。武士社会では首が落ちるので縁起の悪い花と言われていたはずである。そんなことも含めて、全体的にちょっと詰めが甘いな~。
まあ、江戸の不夜城の場面は、鬼と人との野望が渦巻く危険で妖しい雰囲気がいっぱい。
部分的には大変成功していると思う。
染五郎ファンと、耽美的なファンタジーを好む人にはお勧めできる日本製エンターテイメントである。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JR福知山線大惨事 | トップ | ハナミズキとサクラの若葉 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB、ありがとうございます (理恵)
2005-04-27 23:31:53
TB、ありがとうございます。



2000年「阿修羅城の瞳」で

染五郎さんのFANになりました。(元ですが)

染五郎さんを見る分には良いかもしれませんが、

もう少しこだわりを持ってほしいと思いました。
にわか染五郎ファン (ももママ)
2005-04-28 00:16:22
今まで特になんとも思っていなかった染五郎さんですが、今回惚れました。しまし、舞台のほうがずっと素晴らしかったのでしょう。あちこちのblogを読んで、余計にそう思っています。
TBありがとうございます~ (alex)
2005-04-28 10:30:56
初めまして。



染五郎さんは素敵でしたね! 宮沢りえちゃんはちょっと細すぎたような・・



ももママさんの感想を読ませていただいてはっとしました。そうですよ、阿修羅って元々密教のかな~り濃い存在ですよね。ろうそくの炎が揺れてるだけじゃぁ迫力不足。阿修羅像が出てくるたびに、阿修羅ってこんなにおとなしい雰囲気だったか?と違和感を感じていたのですが、理由がやっと分かりました(^^; 闘神なんだしもちょっと欲しかったです。



ツバキもそうですよね!はらはらと散るのではなく、ボトッと落ちるから縁起の悪い花。のはずが、あららららん?

な~んか、迫力不足と思った原因が分かってすっきりしました!ありがとうございます。



こちらからもTBさせて頂きましたm(__)m
舞台版が見たい! (kanyukumari)
2005-04-28 14:40:56


TB&コメントありがとうございました。

こちらもTBさせていただきました!



舞台版は誰がやったのか知りたかったんですよね・・。

富田靖子に、夏木マリかぁ・・・。見てみたかったです。



映画の中では、染さんの歌舞伎シーンは面白かったですね。上演シーンでファンの女の子がハートマーク書いた

プラカード持っていたのには笑いましたが・・。

江戸だっちゅうの。

コメントありがとう、です! (ももママ)
2005-04-28 21:15:18
alexさん

りえちゃんは若い娘という設定がちょっと辛いほうれい線あり。そして、やや痩せすぎ(私は太りすぎ)着物の着こなしが良かったですけど。

考えれば考えるほど、染五郎のための映画。あんな色気のある俳優は他にいるでしょうか?





kanyukumariさん

歌舞伎シーン、ホントに良かったです。女の子たちがプラカードって言うか色紙に一文字ずつ書いたのを持って並んで座っていて、中にはハートマークもあるなど、お茶目な仕掛けがタップリ。ロケに中村座を使ったということで、出門の代役は「中村勘三郎」ってことになっていました。(看板あり)勘三郎の顔が出てきちゃいました。
コメント、TBありがとうございます (ぽっぽ)
2005-05-09 20:56:10
お礼が遅くなってしまってすいません。コメント、TBありがとうございます。

染五郎は新感線の舞台「アテルイ」のDVDを観てから、とても好きで(でもどうしてもドラマとかテレビ出演とかでがときめきません)映画版阿修羅城はどんな感じかなと思い観ました。

全体的には日本的なエンターテイメントでよかったです。何より染五郎のための映画でしたよね。
染五郎のための映画 (ももママ)
2005-05-10 09:02:00
賛成です。別にファンではなかった私もにわかファンになるほど、染五郎さんは素敵でした。

テレビでは、単なる格好よい男性ですが、舞台ではカリスマがある!そのあたりが映画でどこまでだせるか・・・ですね。
染五郎さんの素敵さにビックリ (chishi)
2005-05-14 10:22:10
心臓ドキドキしちゃいました、あの舞台シーンのあたりから(笑)とてもいいシーンもたくさんあったので、ちゃちぃセットなどには興ざめしてしまいました…残念。

あの花びらや痣、実は私、薔薇なんだと思ってました!だって椿ってあんな花弁じゃ無いし、ももママさんがおっしゃってるようにボトっと花全体が落ちますもんね。

でも子供の血で色が抜けたのは椿だったので、おや?って思ってたのでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
★「阿修羅城の瞳」 (ひらりん的映画ブログ)
劇団☆新感線で上演され大ヒットした同名の舞台劇を映画化。 予告を見て面白そうだったので「インファナル・アフェアⅢ 終極無間」 見たあと、続けざまに鑑賞。 2005年日本製作のロマンス・アクション・時代劇、130分。 あらすじ 江戸時代・・・平穏そうな町にも人
阿修羅城の瞳 (ネタバレ映画館)
 「おもしれえ!面白すぎる!」と言う南北(小日向文世)が面白すぎた。  せをはやみ いはにせかるる たきがはの われてもすゑに あはむとぞおもふ・・・  百人一首は苦手だが、苦手な人のために「“せ”で始まる句は一つしかないからこれを覚えておくといい」、という言
「阿修羅城の瞳」 (Cinema,British Actors)
火曜日に観に行ったのですが、なんと114席ある劇場で、観客はalexたった一人、
阿修羅城の瞳 0417 (M’s Jumble-grumble)
続きましては邦画、「阿修羅城の瞳」。劇団☆新感線の大人気舞台の 映画化です。 監督は滝田洋二郎。主演は、「鬼殺し」病葉出門役に、舞台に引き続き 市川染五郎、鬼となる娘、つばき役に、宮沢りえ。  時は江戸時代。町民文化が栄えている頃、それと同じように、人の
阿修羅城の瞳 (Akira\'s VOICE)
まとまりと盛り上がりに欠け,最後まで入り込めなかった・・ので,勝手にストーリー考案。(怒っちゃやーよ)
「阿修羅城の瞳」 (ひねもすのたりの日々)
タイトルにつられて^^;観て来ました。#「百億の昼と千億の夜」の阿修羅王が大好き
映画『阿修羅城の瞳』 (EVERSMILE(エバースマイル))
『阿修羅城の瞳』公式サイト『阿修羅城の瞳』を上映している映画館は?映画『阿修羅城の瞳』を観てきました。映画『阿修羅城の瞳』は、劇団☆新感線による舞台での『阿修羅城の瞳』をベースにして映画化された作品です。私は劇団☆新感線の舞台を一度も観たことがないのです
阿修羅城の瞳 (映画短歌・せんかいへき blog)
 血を浴びた肩の疼きに逆らえず 燃えて染まりて舞う椿かな ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ★★★☆ 2005 日本 監督:滝田洋二郎 阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に還る…
阿修羅城の瞳 (TO-BEの戯れ言)
「父と暮らせば」の宮沢りえに感動。その後この「阿修羅城の瞳」の予告編が気になって気になって。そこで公開間もないうちに見てきました。 いつもの通りレイトショー。平日とは言え、上映時間の15分前だと言うのに、あっさり希望場所が取れた(観客13人でした)隣のレ
阿修羅城の瞳 (PICO*THEATRE)
阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に還る――好き度:★★☆思った以上に平凡な作品。元ネタは劇団新感線の同名舞台であると聞いていて、それを意識しすぎたせいかもしれませんが、「オペラ座の怪人」に引き続きいまいち映画用に再構成されていな
阿修羅城の瞳(’05日本) (リョコウバト通信)
出演:市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、渡部篤郎 監督:滝田洋二郎 文化文政の江戸。かつて、人を食らう鬼を斬る「鬼御門」の副長だった病葉出門は、今は江戸随一の人気を誇る舞台役者として活躍していた。ある日出門は、江戸を賑わす盗賊団の一員、つばきと
25-阿修羅城の瞳 (徒然日誌)
今日は「阿修羅城の瞳」を見てきた。 劇団☆新感線の舞台が元とあって少し期待していた。その舞台自体は見たことがないが、新感線の舞台ってわりとはちゃめちゃな印象があったりするのでどんなもんかなぁ~と。そのストーリー展開にも関心があった。 ストーリーは鬼ごろしの
映画『阿修羅城の瞳』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)? ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                   0点□□□□□□□□□□10点 ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ マイ・ファニー・バレンタ
阿修羅城の瞳 (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
松竹と劇団☆新感線の初コラボレート作品、 舞台「阿修羅城の瞳」映画化作品。 渡部篤郎さん出演ということで 渡部さんが観たいが為に映画館へ~♪ 「阿修羅城の瞳」2005年公開・邦画 監督/滝田洋二郎 脚本/戸田山雅司、川口晴 出演/ 市川染五郎、宮沢りえ、...
綺麗なおニイさんは好きですか?/「バッド・エデュケーション」「阿修羅城の瞳」評 (I N T R O+blog)
『バッド・エデュケーション』(2004/スペイン/ペドロ・アルモドバル) 『阿修羅城の瞳』(2005/日本/滝田洋二郎) Text By 鮫島 サメ子 鈴木清順監督ならずとも、「別嬪さん」と「色男」が出る映画はマコトに良いものです。つか、何が悲しくてカネ払って不細工見なくちゃい
映画『阿修羅城の瞳』貴方は何点?結果報告! (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます! 今回ご報告させていただくのは劇団☆新感線の舞台がスクリーンになった「阿修羅情の瞳」です。みなさんの声は…えっと…はっきり言いまして“びみょー”でした(^^; 点数もそれがハッキリ出
阿修羅城の瞳 今年の223本目 (猫姫じゃ)
阿修羅城の瞳 劇団☆新感線の舞台の映画化なんだ。 例によって、なにも知らずに見たんだケド、時代、ストーリーは、あたしのツボ。でも、愛を描きすぎでした。それから、セリフ回しは、違和感なかったんだケド、セット、SFXが、、、 この手の映画では、その昔のバンダ.
阿修羅城の瞳 映画版 市川染五郎 宮沢りえ (Dazzling M)
阿修羅城の瞳 久々に出会った当たり!の邦画 かなり新感線風味に仕上がっているが ホントにいい作品! これには正直マイッタぁまず、BGMがハマっています。インディア風、ロックそしてSTING。 カッコ良すぎてやばいです 衣装やセット。エフェクトは劇団☆新感線味が
DVD「阿修羅城の瞳」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
鬼って美しいのねぇ~!! 舞台の映画化らしいですね。 町の様子が舞台「身毒丸」をチョット思い出しました。日本なんだけど、なんだかチョット異国っぽい感じが。衣装や色彩などはとっても綺麗でした!! 阿修羅が復活するまでの展開は、とっても良かったのですが。...